000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

コルピソス所長のブログ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


piso60さん

仕事も生活も

フォローする

Calendar

Favorite Blog

無地の畳縁のお洒落… 株式会社 新海畳店さん

今夜はスーパームー… 鵄杏さん

娘の学費捻出の為に… Procちゃんさん
昭和懐古ちゃん 昭和懐古ちゃんさん
ヨーグルトの賞味期限 estyle2001さん

Comments

piso60@ Re:アドバスお願い(08/13) コシロさん >退職のメール お疲れ様です…
piso60@ Re:日章旗はあかんでしょ。(08/16) コシロさん >今さら、なんで日章旗を掲げ…
コシロ@ アドバスお願い 退職のメールも送ったと思うけど、資金が…

Freepage List

Headline News

2012年08月16日
XML
テーマ:住宅コラム(1217)
カテゴリ:建築

この本は、家の燃費:一戸の家としてm2あたりエネルギー消費を論じている。

普通に生活してて、エネルギー消費が少ないほうが、地球にも、財布にも優しい

国内基準では、各部の仕上げや数量は定められていたが、トータルでは無かった。

話が新鮮で面白かった。

次世代省エネ基準だ。トップランナー基準だあ。と国内の高気密高断熱基準で、数値を論じていたけれど、この本では世界基準、特に、先進国のヨーロッパ基準で論じている。

・2009年以降の国土交通省トップランナー・省エネラべリング制度の東京の省エネレベルは、118kWh/m2以下。 

・2011年以降のEUの新築住宅の省エネレベルに適合するには、 75kWh/m2

・ドイツで住宅ローンの一部がに優遇金利になるのが40kWh/m2(ドイツで一般的なパッシブハウス基準)

EUの省エネ最低基準75より我が国の最高基準118は劣っていて、ドイツの最高基準の40の約3倍の118が日本のトップ基準なのです。

ただ、EUはこの10~2年ぐらいで加速度的に厳しくなりました。その肌感覚はまだまだ、日本人はついていけません。

OMハウスでは、年間消費エネルギーを計算してるそうです。

面白そうなので、計算できないかなって、資料を集めてます。

 

先人の知恵も借り、燃費のいい家で、

身の丈にあった生活をする。

 

省エネ・低CO2排出
世界基準の「いい家」を建てる。
日本初「パッシブハウス」は、ここがすごい  世界基準のいい家.JPG

著書 森みわ

AKBW Germany公認設計士。1999年、横浜国立大学工学部建設コース卒業。同大学院在籍中にドイツへ国費留学。2002年、ドイツStuttgart大学建設学部にてDiploma学位取得。ドイツ、シュツットガルトで設計士として勤務。2004年以降、アイルランド、ダブリンにて設計士として勤務。アイルランドにおけるアフォーダブル・パッシブハウスのプロトタイプを模索するプロジェクトを率いる。 2008年、キーアーキテクツ設立。

 







Last updated  2012年08月29日 19時38分38秒
コメント(2) | コメントを書く
[建築] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.