463605 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

コルピソス所長のブログ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


piso60

Calendar

Favorite Blog

新しいオモチャ 鵄杏さん

社長、2ケ月連続のト… 株式会社 新海畳店さん

娘の学費捻出の為に… Procちゃんさん
昭和懐古ちゃん 昭和懐古ちゃんさん
ヨーグルトの賞味期限 estyle2001さん

Comments

piso60@ 採用決定。 御蔭様で来年4月から新卒1人の採用が決定…
piso60@ Re:2018(平成30年)10月 青梅の多摩川の河原でBBQ(10/06) 去年のBBQは同じ場所でしたがイラン人?中…
piso60@ Re:2018師走 有楽町ガード下 日の基酒場(12/04) サラーマンの聖地。ガード下にまた行ってみ…

Freepage List

Headline News

2012年08月20日
XML
テーマ:住宅コラム(1313)
カテゴリ:建築

自分の身の丈にあった空間で、十分生活できる。

空間が小さければ、失うエネルギーも小さい。

地球にも、お財布にも優しい。

小さな家は工夫すれば、無限の可能性がある。

 

小さな家と言うと 東考光さんの「塔の家」

http://www.ienojikan.com/toptopics/architect/20081126.html

増沢洵さんの「 9坪ハウス」http://diamond.jp/articles/-/2865

という有名な狭小住宅があった。

 

塔の家は狭い敷地で、光の使い方、見事な吹き抜け、RCの杉板の打ち放し、味わいが蓄積されている。

ただ、住むには苦労が要ったと思う。外壁率は高く、断熱らしきモノは見えない。

温熱環境は相当厳しい。

また、個室的なところは少ない。

 

それに比べると、9坪ハウスは、シンプルで外壁率も少くエネルギーも逃げずらい。

木造という事で、材料を生産するエネルギーも外壁でRCの1/5で済む。

ただ、全面は全て開口、冬は光は入り、暖かく、有難いが、夜の熱損失や夏の日射には辛い。

ただただ、大きい吹き抜けも、熱容量が多く、無駄になり易い。

吹き抜け天窓500.jpg

もう、一工夫すると、小さい家は大きく化けそうだ

高低差換気、風の道、日射の入れ方と防ぎ方を熟慮し、窓を配置する。

最小限で最大限の広さを見せる吹き抜けとハイサイド窓。

 設計者にとっては面白い。

 

この本で森さんも小さい家を推奨してます。 

省エネ・低CO2排出

世界基準の「いい家」を建てる。

日本初「パッシブハウス」は、ここがすごい   

 http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-77010-9

著書 森みわ







Last updated  2013年10月06日 14時17分56秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.