000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

コルピソス所長のブログ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


piso60

Calendar

Favorite Blog

続:にゃんモック 鵄杏さん

足立美術館と水木し… 株式会社 新海畳店さん

娘の学費捻出の為に… Procちゃんさん
昭和懐古ちゃん 昭和懐古ちゃんさん
ヨーグルトの賞味期限 estyle2001さん

Comments

piso60@ Re:2018(平成30年)10月 青梅の多摩川の河原でBBQ(10/06) 去年のBBQは同じ場所でしたがイラン人?中…
piso60@ Re:2018師走 有楽町ガード下 日の基酒場(12/04) サラーマンの聖地。ガード下にまた行ってみ…
piso60@ Re:2019コルピソス 建築意匠設計者 正社員募集(02/28) 現在、働いてもらってる13年目の人は建築…

Freepage List

Headline News

2013年03月12日
XML
カテゴリ:建築

<質疑>

ランニングするなかで、親から左住まいは良くないと聞きました。
プランは南からみた時、いちばん左に玄関、台所やリビング、浴室、トイレ、いちばん右側が寝室となっています。これを親は左住まいというのですが、どうして良くないのでしょうか?また家相はどの程度まで気にすればいいのか悩んでいます。

<応答>
昔の家造りでは「家相」は合理的で、有難い、「先人の知恵」でした。

日本の伝統的な家造りは夏を旨とし、躯体の木も風が通り腐りづらく作っていた。

それでも、夏は暑かった。そして尚更、冬は寒かった。


家相の中で、今でも、合利的と思えるところは、

・西日など衛生的な不利な南西に台所やトイレを作るな。

・寒い北西に、脳溢血など体に負担のかかる風呂やトイレをつくるな。

・家の近くに池をつくるな。は湿気が建物を傷める。

あどある。

ただ、現在、かなり技術的に改善された。

現在の耐震構造や、高気密高断熱の家では、配慮不要な場合が多い。


地方では敷地に余裕があるので、配慮する気になれば、可能ですが、都会では、敷地が狭く、プランが成立しない。

なので、東京の人は比較的、家相の事を気にする人は少ない。


ただ、そうとは言え、日本では人から言われて気持いいいものではない。

根拠があれば、まったく、無視して、問題ないと思うが、配慮したいと言うなら、

・指示を受けるなら、一か所にし、ポイントも整理する。
 →プランが制約され過ぎ、収集つかなくなる。


気持の問題でもあり、限られた敷地で、制約され過ぎたら、法的にも成立しなくなる。

合理的な根拠があれば、配慮しない個所があっても、問題ないと思います。

根拠と気持と相談しながら、答えを導いて下さい。

コルピソス縦.JPG







Last updated  2013年03月24日 10時11分48秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.