000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

つれづれなるままに いずもまりの独り言

2011.03.13
XML
カテゴリ:日本
読売新聞に掲載されていた
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110313-OYT1T00181.htm

『もし施設の外に放射性物質が漏れ出たら、どのようにすれば被曝を抑えられるのか。』の転載です。箇条書きに替えてみました。

被曝から身を守るには
〈1〉放射線を遮る
〈2〉放射線源から距離をとる
〈3〉被曝する時間を少なくする

の3点が重要

屋内退避を言われた場合
放射性物質が飛散している外気が室内に入らぬよう、
1)ドアと窓をしっかり閉める。
2)エアコンや換気扇も切る。

 
■避難のため外に出る時 

放射性物質が鼻や口、皮膚の傷口などから体内に入る「内部被曝」を防ぐことを心がける。
1)ぬれタオルで鼻や口を覆う。
2)皮膚を露出しないような服装が望ましい。
3)なるべく風下に入らないように注意する。

 
外から室内に入る際の注意

衣服には、放射性物質が付着している可能性がある。室内には汚染された衣服を持ち込まず、
1)ドアの前(戸外)で脱ぎ、ただちにビニール袋に入れて口を縛る。


ヨウ素
放射性物質の一つであるヨウ素は、体内に入ると甲状腺に集まりやすく、特に子どもでは甲状腺がんの原因になる。ヨウ素の甲状腺への取り込みを防ぐ薬(安定ヨウ素剤)は、副作用もあるので、災害対策本部の指示に従って服用する。


一定以上の被曝が確認された場合
通常は、衣服を脱いだり、ぬれた布でふきとったりして、放射性物質の周囲への拡散を防ぐ。
また、体内に入った放射性物質に対しては、排出を促す薬を用いる。


(2011年3月13日10時11分 読売新聞)






最終更新日  2011.03.13 10:52:14
コメント(1) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:被爆対策 (03/13)   三人文殊 さん
転載させていただきます。 (2011.03.13 11:30:29)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.