1373951 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アトリエ コモ

PR

Category

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

全182件 (182件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >

飛鳥里山クラブ

2019.12.11
XML
カテゴリ:飛鳥里山クラブ
飛鳥里山クラブ・クラフトサークルの定例会に参加しました。年末恒例の注連縄作りです。稲わらはメンバーの方の田んぼで収穫された今年の稲藁。手で刈ってはざ掛けされた有難い藁です。


まずは袴を取ります。とりすぎると細くなっちゃいますので、汚れのあるところを中心に。時間のかかる作業です。


束ねた藁は3等分し、まずは2本を綯います。普段使う縄と反対に右に捻ります。(神様仕様!)


私は細いものなら1人でできるようになりました。(祝!)


お家で作ったわら細工を持ってこられる方もいます。これは亀です。


しめ縄リース。もち藁で作ってるみたいです。


本日できたみなさんのしめ縄です。




これは洒落てるな~みなさん、格段に上手になってるので焦ります💦


私が綯ったしめ縄です。全文で4本。アレンジはこれからです。


古代米の稲穂も頂いたので上手く使いたいです。多分、緑米、赤米、黒米。


今日は細い縄綯いにも挑戦しました。なんとかコツを掴みました。まだまだ練習が必要ですが。



帰りにお誘いを受け、Yさんの畑に行きました。綿、葉牡丹、サニーレタス、大根、西洋人参、金時人参を頂きました。いつもありがとうございます!みかんとハワイのチョコはSさんから。グラッチェ!


葉牡丹は茎が変わった形に伸びた根付きのもの。どうしようかな…絵に描いたら面白そうですが。



綿は実を取って乾燥させると弾けて白い綿が出てきます。茎は皮を剥いてどちらも工作材料に。






Last updated  2019.12.12 11:17:35
2019.11.24
カテゴリ:飛鳥里山クラブ
飛鳥歴史公園のイベント「まるっと飛鳥体験」のクラフトワークショップのお手伝いに行ってきました。


朝の飛鳥は霧が立ち込めていました。お天気大丈夫かな…


ナンキンハゼの紅葉は全て落ちて白くて可愛らしい実だけが残っていました。


公園館の紅葉は一番美しい時期のようです♪


山茶花も綺麗です。




キトラ古墳の近くでのワークショップです。テントは里山クラブだけでお客さんは少な目。のんびりやろう。


予定通り、ワタの茎や殻を使った工作です。


こっちに持ってきた材料で急遽作りました。(^^)誰でもできるボンドでくっつけるだけの工作。


それに先日作った干支のネズミさん。









お客さんの作品です。


あまり忙しくなかったので、合間を見て作ってみました。稲わらで俵を作り、来年の干支「子」と縁起物っぽいものを楊枝で刺した正月飾りです。


自分の教室でやろうと思ってたんですが、俵を作るのは子どもには無理そう。かといって生徒さん全員の分を1人で作るのもしんどいな💦飾り自体はスタッフの皆さんやお客さんにも好評でした。12月の定例会「しめ縄作り」で参考品としてクラフトサークルのみなさんに紹介します。




商品として売ってますが、藁をもらえるのにわざわざ買うのもなぁ…

簡単に作れる方法が考えねば!​

しかし、何でも売ってますね↓


迎春ピック 7本セット【お正月飾り】【迎春用品】【正月ピック】【和風 飾り】【フラワーアレンジメント】【花資材 花材】






Last updated  2019.11.25 18:10:59
2019.11.13
カテゴリ:飛鳥里山クラブ
飛鳥里山クラブのクラフトサークルの定例会に参加しました。来年の干支のネズミを作りました。


この日に向けてみなさんご自宅で試作品を作って持ってこられるのですが、私は〆切に間に合わずいつも何も持って行けずです💦当日はピーナッツを芯にして綿を巻いた作品の作り方が紹介されますので、他の人の作品も参考にしながら、作っています。


耳や目に使う素材もいろいろ考えて…


こんな感じにできました。耳は玩具南瓜の種、目は大根の種を使いました。


他の方の作品です。


ススキを使ってます。


木工で。こういうの、子どもたちにやらせたいなぁ。


(^◇^)俵と米が~


午後はイベントの準備を。見本作品を作らせていただきました。ベテランのAさんが提供してくださったワタの茎を使った三角リースに飾りつけをさせていただきました。ワタの茎は刈り取ってすぐに皮を剥ぐとこのように綺麗な白い素材として使えます。手間がかかりますね💦

このクラフトは11月24日(日)飛鳥歴史公園キトラ古墳周辺地区で無料で体験できます。
まるっと飛鳥体験2019秋






Last updated  2019.11.14 11:13:24
2019.10.14
カテゴリ:飛鳥里山クラブ
国営飛鳥歴史公園のイベント里山あそび広場にスタッフとして参加しました。今回は台風19号の影響で開催日が1日となり、しかもテントが十分に張れないということで、クラフトコーナーは風舞台での開催です。天気も小雨がぱらつく事もありお客さんも少なめでした。






ススキで作ったミニほうきのデコレーションが人気でした。








こちらは組み立てるだけで簡単にできるお掃除カラス?ん?だっけ???工作苦手な方でも工作気分が味わえる材料も提供しています。






Last updated  2019.10.17 12:35:53
2019.07.10
カテゴリ:飛鳥里山クラブ
飛鳥里山クラブのクラフトサークルの定例会に参加しました。今月は草木染です。

今日は市販の染料だけに頼らず、各自集めた材料で染めてみることにしました。なので煮だす鍋が13個!その他に藍染とベニバナ染めも。こんなにたくさんの種類の草木染を一度にやっちゃう事って聞いたことないんですけど(爆)


紫玉葱


アカメガシ


コブナグサ 黄八丈に使われてる草です。


ビワ 


ベニバナ 黄色と赤の2種類の染料ができます。

この他に、インド藍、黒豆、クヌギ、赤紫蘇などなど…(覚えきれない)




茶色:クヌギの殻斗 黄緑:赤玉葱(一番煎) オリーブ色:赤玉葱(二番煎) インド藍


今日初めて出会った色のピース


準備から後片付けまで3時間程度の会なので、じっくり染めることができないのがいつも残念だなと思います。草木染は染めを重ねることで深みのある色になっていくものだと理解できるようになりました。短時間でもそこそこの色を出そうとすると、染液を濃いものにしなければいけませんが、そうなると今度は原料を大量に使って、水は極力少なくするのがよいと思います。じっくり時間をかけて煮だすことも大事です。

活動終了後。Yさんから南瓜、Nさんから月桂樹の葉をいただきました。黒豆の水煮(染料をとった残り)もおすそ分けです。






Last updated  2019.07.10 22:44:34
2019.06.12
カテゴリ:飛鳥里山クラブ
飛鳥里山クラブのクラフトサークルの定例会に参加しました。今日はガラス玉づくりです。飛鳥歴史公園のイベントがある時に備えて作り方を忘れないように練習します。



最初に鉄心に離型剤を塗布します。バーナーの熱で乾かしておきます。


ガラスの棒をゆっくりと熱し、溶けたら鉄心に巻きます。炎の中で回しながら形を整えて、徐冷します。




みなさんの作品です。大きいもの、色を混ぜたものは作るのが難しいんですが、みなさん意欲的に挑戦してらっしゃいます。








左側が私のです。私は欲がないのかな💦同じものを作りたがる傾向…人生やり直すなら職人の方がよかったかも。ちょっと危ないけど無心になってやることができるクラフトです。






Last updated  2019.06.13 10:54:43
2019.06.02
カテゴリ:飛鳥里山クラブ
飛鳥里山クラブとして橿原市昆虫館で開催された「むし祭り」に参加しました。自然素材を使った虫や生き物のミニ工作をしていただきました。

受付でやりたい工作の整理券をお渡しして順番に制作していただきます。制作はスタッフとマンツーマンでやります。




お掃除くまさん 結構人気あり。ホウキや耳の接着は事前に準備しています。


イモムシのコーナーを担当しました。







昨年と同様30セット用意したんですが、朝はお客さんが少なくて23セットで留まりました。
時間がゆったりしてたわりには、写真撮ってなかったな💦






Last updated  2019.06.04 15:14:39
2019.05.30
カテゴリ:飛鳥里山クラブ
橿原市昆虫館で開催される「虫まつり」の準備です。昨年と同じイモムシの工作を持っていきます。

昨年は土台が色画用紙でしたが、今年はフエルトで。


どうみてもアレやな~



無料で作れます。他にもトンボ、ミツバチ、テントウムシなど作れます。

橿原市昆虫館むし祭り2019のご案内






Last updated  2019.05.30 22:21:48
2019.05.06
カテゴリ:飛鳥里山クラブ

5月4日、5日と里山あそび広場のイベントスタッフとして参加しました。両日ともお天気が良すぎて夏のようでした。お客さんもいっぱい来ていただき、充実した時間を過ごせました。































Last updated  2019.05.08 21:35:51
2019.01.24
カテゴリ:飛鳥里山クラブ
来月、飛鳥里山クラブのクラフト定例会でアンギン織の体験をするので、そのための織機を制作しました。この会はカルチャースクールとは違って、何でも自分である程度勉強して準備して参加するので、この織機もこれで使えるものなのかは、当日参加して使ってみないとわからない部分もあります。


アンギン織は、縄文時代からある布など織る手法です。身の回りにあるものとしては、すだれ、むしろ、巻きすなどがあります。

ホームセンターで販売されていた木製スタンドを半分にカットして作りました。





こちらは廃材で。


経糸を引っかけるための溝は三角の棒ヤスリで削りました。


経糸、緯糸にどのような素材を使ったらよいのかも検討しなくては…






Last updated  2019.01.26 17:24:33
このブログでよく読まれている記事

全182件 (182件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.