000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

音楽骨董箱

PR

全5件 (5件中 1-5件目)

1

Classical, Easy Listening

February 13, 2014
XML
カテゴリ:Classical, Easy Listening
フランスのフランク・プゥルセル、アメリカのパーシー・フェイス、
そしてイギリスのマントヴァーニで、イージーリスニング界の三羽ガラス(笑)。

大好きだったラジオ番組、NHK FMの「朝のポップス」のテーマ曲は
フランク・プルゥセルのインストバージョン「Easy Come, Easy Go」でした。
ボビー・シャーマンのヒット曲として有名です(1970)。

最近は通勤途中、まずはこの曲を聴いてから他の曲を聴く様にしてます。
毎朝「朝のポップス」を聴いていたあの時代の思い出に浸りながら。。。。。

FPTBTL







Last updated  February 13, 2014 12:37:00 PM
コメント(2) | コメントを書く


January 26, 2008
カテゴリ:Classical, Easy Listening

本日は誕生日お誕生日
歳をとったことを祝うのではなくて(笑)、
この世に生を受けたことを祝う日ですウィンク

年輪を重ねるごとにお祝いの言葉を受ける頻度も
少なくなったなーと思う今日この頃うっしっし

子供の頃は誕生日には「カレー」が定番だったので(笑)、
今でもその習慣は受け継いでおります。
よってお昼はレトルトカレーを食べましたあっかんべー

誕生日プレゼントはお仕事でした。
先ほど、仕事先から帰ってきました。
帰宅ドライブ中、前世の自分に思いを馳せながら
帰ってきたのでありました。
輪廻ってのを意外と信じております目がハート

勝手気侭に楽しく妄想してたら、
ラジオからグッドタイミングで、
この曲が流れてきました目がハート

Moonlight Serenadeビデオ



元々は別名だったみたいですね。
Sunrise SerenadeのB面になったから、
Moonlight Serenadeにしたのだとか。。びっくり

グレン・ミラーもよく聴いたなー。
その他有名スタジャズバンドも。
幼少時代はかなり聴いたぞ~。
もちろんリアルタイマーではないよ~あっかんべー

ボーカル入りもいいんですよ。
例えば、エラおばさんの歌。最高です目がハート
シナトラバージョンも素敵です。

Frank SINATRA - Moonlight Serenadeビデオ

I stand at your gate.
And the song that I sing is of moonlight.
I stand and I wait
For the touch of your hand in the June night.
The roses are sighing a moonlight serenade.

ちなみにカーリー・サイモンのバージョンもいいですよ~目がハート







Last updated  January 27, 2008 11:38:30 AM
コメント(6) | コメントを書く
April 3, 2007
カテゴリ:Classical, Easy Listening

今週はものすごく落ち着いていて、とてもいい感じスマイル
はい。仕事のことですウィンク

断続的ではあるけど、雨も降ってくれたおかげで、
花粉の空気中の濃度も薄くなって、こちらも良し。

少し時間が出来たりすると、いつも行うのが、
LPレコードののジャケット写真眺め目がハート
私的には楽しいひと時なのですうっしっし

いわゆるジャケ買いをやってた時代もありました。
アーチストや音楽の内容よりもジャケ写真に
惹かれたりすることってありましたよね赤ハート

Herb Alpert & Tijuana Brassなんてその典型かもあっかんべー

hawc2.jpg
もちろん、内容も素晴らしかったですけどねちょき

pmbh.jpg
Blooming Hits (1967) by Paul Mauriat and His Orchestraヘッドホン

大ヒット曲「恋はみずいろ」を含む、ポール・モーリア楽団の
大ヒットアルバム。全米アルバムチャート5週第一位。

ポールさんは昨年81歳で亡くなりました。

このLPを聴くと脳裏に浮かんでくるのが、
子供の頃の思い出ですスマイル

アルバムの内容とは直接関係ないんですけど、
寝る前にラジオから流れてくる、
日本語以外の音楽を聴くのが好きで、
いつも聴きながら眠りについてました眠い..

父親からもらった小さなラジオプレゼント

雑音混じりに流れてくる、いわゆるムード音楽っぽいやつも
海の向こうへの憧れを一層かき立てたのかもねー目がハート

さて、好きな写真を眺めて幸せに浸りますかね目がハート
(このアルバムのジャケ画のことではないですよ・笑)






Last updated  April 4, 2007 10:04:41 AM
コメント(8) | コメントを書く
March 4, 2007
カテゴリ:Classical, Easy Listening

今宵はこれを聴きながら過ごしてます目がハート

orff.jpg

民衆の人間讃歌、躍動するリズム、
独唱、児童合唱、混声合唱が
繰り広げる大規模な合唱ウィンク

大好きだな~ダブルハート

ロックファンも必聴アイテムですよウィンク

最近、いろいろと忙しかったけど、
ライブ観戦も含め、音楽からは離れませんちょき

どんなに忙しくたって、どんなに辛くたって、
どんな状況下にいたって、毎日忘れないことがありますスマイル晴れ

ずっと大切にしていきたいですね目がハートウィンク







Last updated  March 5, 2007 12:53:59 PM
コメント(10) | コメントを書く
May 4, 2006
カテゴリ:Classical, Easy Listening

江角マキコ主演のドラマ「マチベン」、
昨晩(こちらのね)のエピソード、
岸部一徳さんがGuest Appearanceだったので、
ジュリーとサリーがドラマで夢の共演!スマイル
という目で観てしまいました。。。うっしっし
(沢田研二さん、レギュラー出演)。
役柄で岸部さんが飼っていたネコの名が
「マリー」ってのも笑えたスマイル
年老いた二人ですが、いいツーショットが
たくさん観れましたスマイル
レッツゴー・タイガース!

**************

バリー・デヴォーゾンという名を聞いて思い出す曲は、
やっぱり「妖精コマネチのテーマ」でしょうか?

原題「Nadia's Theme (The Young and the Restless)」は
1976年に全米チャート最高8位に輝きました。
元々は「Cotton's Dream」というタイトルで
1971年の映画「動物と子供たちの詩
Bless the Beasts & Children」に書かれた曲でした。
それが後にTV「The Young and the Restless」のテーマ
として使用され、最終的にコマネチのテーマ曲となりました。
この曲はバリーとその相棒ペリー・ボトキンJrとの共作です。

badev1.jpg

Nadia's Theme (The Young and The Restless)」(1976)

Bless the Beasts & Children」は
カーペンターズの歌で知っている方も多いのでは?
71年全米チャート最高67位。
アダコン最高26位。
カレンの歌声がいいですよねー目がハート

バリーさんと言えば「S.W.A.T.のテーマ」が有名です。
日本でもかなり有名だから誰でも一度は耳にしたことが
あるのではないでしょうか。

それから意外と知られてないんですけど、
(知ってる人は知っている)
映画「ザナドゥ」の音楽も担当してます。
ジェフ・リンやジョン・ファーラーの名は記憶にあっても、
バリーだけ忘却の彼方へと追いやられている可能性大(笑)。

このアルバムには上記の自作曲以外に、
エリカルの「All By Myself」や
バリマ二の「I Write The Songs
レオラセの「This Masquerade」など、
美しいインスト曲として収録されてます。

ジャケ裏面に書かれている彼自身の言葉によれば、
「妖精Comaneciと、彼の奥さんのJelindaに捧げたアルバム」
とのことです。

参加ミュージシャンのクレジットをみると、
David Foster, Lee Ritenour, Jay Graydon等の
名前がお約束通り(爆)書かれております。








Last updated  May 4, 2006 01:06:07 PM
コメント(4) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.