197796 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

音楽骨董箱

PR

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

ライブ観戦 2012

December 31, 2012
XML
カテゴリ:ライブ観戦 2012

2012年のライブ観戦記録です。

観戦日数:12日
月一ペースですね。

過去をひもとくと2007年は18日でした。
ここ数年は回数が減っていたのですが、
だんだんと増えてきてますね。
しかし自分が観戦するアーチストたちは、
ほとんどが皆高齢なので(すべてか?)
いずれは回数も段々と減っていくのでしょうねー。


Apr.19 Van Halen
Jun.13 Roger Waters
Jun.30 The 5th Dimension
Jul.06 Ringo Starr & His All-Starr Band
Jul.28 The Zombies
Jul.31 Yes / Procol Harum
Aug.18 The Grass Roots
Aug.31 Foreigner / Night Ranger
Nov.01 Rush
Nov.07 Heart
Dec.08 The Brian Setzer Orchestra
Dec.12 Trans-Siberian Orchestra


ちなみに、2011年は観戦日数:5日でした。

2013年は今のところ一つだけ予定が入っております。
年齢的に(体力的に)立ちっぱなし観戦はきついので、
観たいアーチストがいてもStanding Onlyは会場は遠慮してます。









Last updated  January 2, 2013 05:41:33 AM
コメント(0) | コメントを書く


December 28, 2012
カテゴリ:ライブ観戦 2012

二つ目は、恒例冬の定番行事TSOのライブ観戦です。
そして今年最後のライブ観戦となりました。

相変わらず老若男女が楽しめるライブです。

今回のツアーから前半の演奏内容を「Christmas Eve and Other Stories」
から「Lost Christmas Eve」に切り替えたので新鮮な印象を受けました。
後半は例年通り、他のアルバムからのナンバーを演奏。

新作のミニ・アルバムもリリースし(チケット購入時の特典として入手)、
ますます活躍のTSO。今後も非常に楽しみであります。

「Beethoven's Last Night Tour」を観たい!!早く近所に来い!(笑)




Trans-Siberian Orchestra Tour 2012-2013
December 12, 2012 BJCC, Birmingham, AL


Winter Palace
The Lost Christmas Eve
Faith Noel
The Lost Christmas Eve
Wizards in Winter
Christmas Dreams
Christmas Nights in Blue
Christmas Jam
Siberian Sleigh Ride
What Is Christmas?
For the Sake of Our Brother
The Wisdom of Snow
Wish Liszt (Toy Shop Madness)
Back to a Reason, Part II
What Child Is This?
Christmas Canon Rock
Different Wings

Act Two
The Mountain
A Mad Russian's Christmas
Dreams of Fireflies (On a Christmas Night)
Toccata - Carpimus Noctem
Someday
Child Unseen
Requiem (The Fifth)
This Christmas Day
Christmas Eve (Sarajevo 12/24)







Last updated  December 28, 2012 06:58:50 AM
コメント(0) | コメントを書く
December 27, 2012
カテゴリ:ライブ観戦 2012

今月は2つのライブ観戦に行ってきました。
一つ目はブライアン・セッアー・オーケストラ。
ロックしてスイングして、ノリノリの楽しいクリスマスコンサート。
組曲「くりみ割り人形」のBSOバージョンが最高に楽しかったです。
ストレイ・キャッツ時代の曲の演奏も良かったです。



The Brian Setzer Orchestra
Cobb Energy Performance Center
Atlanta, GA - December 8, 2012

Intro (Burning Love by Elvis Presley)
Dig That Crazy Santa Claus
Sleigh Ride
'49 Mercury Blues
This Cat's on a Hot Tin Roof
Boogie Woogie Santa Claus
(She's) Sexy + 17
Stray Cat Strut
You're a Mean One, Mr. Grinch
Drive Like Lightning (Crash Like Thunder)
Honey Man
Angels We Have Heard On High
Jump, Jive an' Wail
Run Rudolph Run (Trio)
Jingle Bell Rock (Trio)
Blue Christmas (Trio)
Fishnet Stockings (Trio)
Rock This Town (Started as trio, then Orchestra joined)

Encore:
The Nutcracker Suite
Gettin' in the Mood (For Christmas)
Jingle Bells
Outro(Little Saint Nick by The Beach Boys)







Last updated  December 28, 2012 06:36:30 AM
コメント(0) | コメントを書く
November 24, 2012
カテゴリ:ライブ観戦 2012

ラッシュ観戦の翌週、ウィルソン姉妹のライブ観戦に行ってきました。
いつの間にやら姉は62歳、妹は58歳になってました。

容姿にはかなりの変化がみられますが、姉の歌声は相変わらず「女プラント」。
ライブが進むにつれて調子もあがりパワフルな歌声を聴かせてくれました。

妹の方は相変わらず美しくそしてステージ上でのパフォーマンス、
その一挙手一投足がめちゃくちゃカッコよかったです。

新作のプロモツアーでありますが、馴染みの曲も多々演奏。
個人的にはDreamboat Annieが最高によかったです。
ゼップの曲で登場し、ゼップの曲で締めました。
アンコールのBlack Dogはカッコよすぎました~。

ちなみに前座バンドは思いっきりウルサイ(いい意味で)バンド、
Tyler Bryant & The Shakedown。
ドラムソロではスティックで床を叩きながらステージ前方まで歩き、
マイクスタンドもスティックで叩く、ハナ肇を彷彿とさせるパフォーマンス。
思わず「ハナさん」とつぶやいてしまいました。





Heart Fanatic Tour 2012
Fox Theatre
Atlanta, GA - November 7, 2012

In the Light (Intro)
Fanatic
Heartless
What About Love
59 Crunch
Even It Up
Dreamboat Annie
Dog & Butterfly
Walkin' Good
These Dreams
Alone
Dear Old America
Crazy on You
Barracuda

Encore:
Magic Man
Black Dog









Last updated  November 26, 2012 08:09:32 AM
コメント(2) | コメントを書く
November 4, 2012
カテゴリ:ライブ観戦 2012

先週の平日の夜、Rushのライブ観戦に行って参りました。
Clockwork Angels Tourです。
その名の通り、新作をFeatureしたライブ構成。
年齢的に、さすがに平日の夜の観戦はきついものの(苦笑)、
やっぱりRushのライブは最高さ!ってな感じで楽しんできました。

今回のツアーのセットリストは会場によって異なり、
今現在9種類のセットリストが存在するみたいです。
自分が行ったジョージアの公演が記念すべき9種類目となりました。

二ールのドラムソロが3回も観れたのは最高でした。
しかし観客のなんと多いこと!開場前にはすごい長蛇の列。
Rushって超大人気バンドなんだなーとあらためて納得。
通常、新作からの曲への観客の反応って今いちなんですが、
今回は違ってましたね。
かなり聴き込んできたのかすごく良い反応でした。

これからもずっと最前線で活躍して欲しいバンドです!




Rush - Clockwork Angels Tour 2012
Verizon Wireless Amphitheatre
Alpharetta GA November 1, 2012

Subdivisions
The Big Money
Force 10
Grand Designs
Limelight
Territories
The Analog Kid
The Pass
Where's My Thing? (Drum Solo 1)
Far Cry

Intermission

Caravan
Clockwork Angels
The Anarchist
Carnies
The Wreckers
Headlong Flight (Drum Solo 2)
Halo Effect
Wish Them Well
The Garden
Dreamline
The Percussor (Drum Solo 3)
Red Sector A
YYZ
The Spirit Of Radio

Encore:
Tom Sawyer
2112 Overture/Temples/Grand Finale







Last updated  November 5, 2012 08:49:53 AM
コメント(2) | コメントを書く
September 2, 2012
カテゴリ:ライブ観戦 2012

先月末にフォリナーのライブ観戦に行ってきました。
オープニング・アクトはナイト・レンジャー。
40度の高熱にも関わらず彼らの初来日公演を
観にいったことも遠い昔の話となりました。
久々に観たジャック・ブレイズの何と元気なこと!
ベース弾いて、歌って、ステージ上を駆け回ってました。
ブラッド・ギルスやケリー・ケイギーも元気ですねー。

現在のフォリナーはオリジナルメンバーのミック・ジョーンズ以外は
思いっきり新しい人たちで構成されてるんですねー。
あのイアン・マクドナルドが在籍していたという事実も今や伝説。
セットリストを見ればおわかりのごとく、まさにグレイテストヒッツライブ。
さすが、産業ロックの王様フォリナー。
最初から最後まで一緒に口ずさめる耳慣れた曲のオンパレード。
観客も終始ノリノリ。
真夏の野外ライブにはもってこいの豪華カップリング、
フォリナーとナイト・レンジャーのライブ観戦、最高に楽しかったです。





Chastain Park Amphitheater
Atlanta, GA - August 31, 2012

Night Ranger

Lay It On Me
Sing Me Away
Four in the Morning
Crazy Train
The Secret of My Success
High Enough
When You Close Your Eyes
Don't Tell Me You Love Me
Sister Christian
(You Can Still) Rock in America

Foreigner

Double Vision
Head Games
Cold as Ice
Waiting For A Girl (Like You)
Blue Morning, Blue Day
Dirty White Boy
Say You Will
Feels Like the First Time
Urgent
Juke Box Hero

Encore:
Long, Long Way from Home
I Want to Know What Love Is
Hot Blooded








Last updated  September 10, 2012 09:08:38 AM
コメント(4) | コメントを書く
August 19, 2012
カテゴリ:ライブ観戦 2012

SGA 2012 Summer Concert Seriesの千秋楽、
The Grass Rootsのライブ観戦に行ってきました。
グラス・ルーツは1965年~1975年の間に合計21曲もの
ヒット曲をTOP100に送り込んだアメリカのグループ。

ソング・ライター&プロデューサーの二人組、
P.F. SloanとSteve Barriの創作バンドとしてスタートし、
数々のメンバーチェンジを繰り返し現在に至ります。
携わったメンバーの数は軽く50人を超えるという、
実態そのものが存在しないバンドです(笑)。

今回のサマー・コンサートシリーズは5つのアーチストによる
プログラムが組まれてまして、そのうちの3つのアーチストの
ライブに参戦してきた次第です。
The 5th Dimension, The Zombies, The Grass Rootsです。

シリーズ最終日に前座を勤めたバンドは地元で活躍するカバー・バンド、
The Final Answer。絶対に聴いたことがある!
というカバー曲ばかり演奏してくれたので観客もノリノリの方でした。。
(観客は基本的に前座に冷たい)
もちろん、自分は一緒に口ずさんで楽しみましたよ。

さて、充分に温まったところで、グラス・ルーツが登場。
前述した通り、持ち曲のほとんどがヒットチャート入りした
お馴染みの曲のオンパレード。
Let's Live for Todayではギター・ソロをフィーチュアーした
ロング・バージョンを披露。これがすごく恰好よかった。

バンドの持ち曲以外にも、Edison Light Houseや、
Hamilton, Joe Frank & Reynoldsのヒット曲も演奏し、
会場内は大いに盛り上がりました。
ちなみにチッパーのカラオケレパートリーの曲でもあります(笑)。

サマー・コンサート・シリーズは終わりましたが、
チッパーのSummer Of Love 2012は続くのであろうか?
ライブ観戦、今年は出来る限り続けたいですねー。



Southern Ground Amphitheater
Fayetteville, GA - August 18, 2012

The Final Answer Band

In the Midnight Hour
Superstition
I'm a Believer
Get Ready
Joy to the World
Vehicle
We're an American Band
Brown Sugar
Hard to Handle
Magic Carpet Ride

The Grass Roots

Wait a Million Years
Don't Pull Your Love
Heaven Knows
Sooner or Later
Things I Should Have Said
Baby Hold On
Love Grows (Where My Rosemary Goes)
Let's Live for Today
Lovin' Things
The River is Wide
Mamacita
Where Were You When I Needed You
Come On and Say It
Two Divided by Love
Temptation Eyes

Encore
Midnight Confessions








Last updated  August 22, 2012 08:10:28 AM
コメント(2) | コメントを書く
August 1, 2012
カテゴリ:ライブ観戦 2012

先週の火曜日にイエスのライブ観戦に行ってきました。
土曜日にゾンビーズを観に行ったのでちょっとしたハシゴ状態。
ゾンビーズのチケットを購入後、しばらくしてから
イエスのチケットを購入したのですが、
もしやライブ日程がバッティングしてしまったのでは?
との大不安にもかられましたが、結果ノープロブレム。
良かったですよ。ホント。

さて、イエスの前座を務めたのはプロコル・ハルム。
昨年のイエス+スティクスのライブも豪華でしたが、
今回のライブも嬉しい内容のライブとなりました。

時間通りにスタートしたプロコル・ハルムのライブ。
観客皆の期待はもちろん「青い影」。
コアなファン以外は他の楽曲を知らんでしょう。
前方の席でひとり盛り上がっていたオヤジ。
「A Salty Dog」を聴きながら涙してましたぞ。

「青い影」は大ヒット曲ですので観客全員で大合唱。
自分は空耳アワーの指示通りに(指示してないって)、
ちゃんと「空きっ腹~、パン、団子~」と歌いましたよ。

イエスの登場もほぼ時間通り。
今年のツアーの見せ場は何と言っても
「Fly From Here」の全曲演奏でした。
まぁ、ツアー目的は同アルバムのプロモートですしね。

ボーカルのべノア・ディヴィッドが病気のためツアーを断念。
彼の代役としてジョン・ディヴィソンが参加。
初めてディヴィソンを観た(聴いた)のですが、
風貌もしぐさも声質もアンダーソンに似てますね。
(しぐさはタケさんにも似てました・爆)

さすがイエスのトリビュート・バンドのボーカルを
やってただけあって、見事に歌いこなしてました。

個人的には「悟りの境地」の演奏に大喝采。
イントロの短いパッセージ音を耳にするや、
自分と同時に大声を張り上げた臨席のオヤジと
グー・チョキ・パーでハイ・ファイブ!

往年の名曲「ラウンドアバウト」は時代の経過とともに、
ダンス・ミュージック化しているような。。。(笑)。
ライブ会場は巨大なダンスホールと化したのでした。

YES - Fly From Here US Tour 2012
at Verizon Wireless Amphitheatre, Alpharetta GA
July 31, 2012

Procol Harum

Wall Street Blues
As Strong as Samson
Pandora's Box
Homburg
An Old English Dream
A Salty Dog
Simple Sister
A Whiter Shade of Pale
Conquistador

YES

Yours Is No Disgrace
Tempus Fugit
I've Seen All Good People
America
Steve Howe solo
Leaves of Green
Fly From Here - Overture
Fly From Here - Pt I - We Can Fly
Fly From Here - Pt II - Sad Night at the Airfield
Fly From Here - Pt III - Madman at the Screens
Fly From Here - Pt IV - Bumpy Ride
Fly From Here - Pt V - We Can Fly (Reprise)
Wonderous Stories
Heart of the Sunrise
Awaken

Encore:
Roundabout
















Last updated  August 5, 2012 01:59:37 AM
コメント(2) | コメントを書く
July 30, 2012
カテゴリ:ライブ観戦 2012

"What's your name? (What's your name?) /
Who's your daddy? (Who's your daddy?)
- Time of the Season

先週の土曜日にゾンビーズのライブ観戦に行ってきました。
これが期待以上にものすごく良かったのです。
とにかく楽曲が素晴らしい。
コリンのボーカルも段々と調子があがっていき、
ロッドもところどころで鍵盤弾きまくっていたし、
本当に良かったですよ。
サマー・オブ・ラブってやつですねー(どんなだ?・笑)。

前座はR&B Incというバンドでその名の通り、
R&B、ファンク系のカバーを聴かせるバンドでした。
スティーヴィー・ワンダーやジェームス・ブラウン等の楽曲です。
サンフォード・タウンゼンドのSmoke From A Distant Fireを
演奏したのにはちょっとビックリでした。
カバーとは言えライブで聴けたのが嬉しかったです。

ゾンビーズと言えば、名盤「オデッセイ&オラクル」でしょう。
確かにサウンドはビートリーやビーチーなところもありますが(笑)、
本当に素晴らしい作品だと思います。

ビートルズの「サージェント・ペパー・・・」


ビーチ・ボーイズの「ペット・サウンズ」


ゾンビーズの「オデッセイ&オラクル」


の三枚はまさに「三種の神器」でしょう。
三枚とも素晴らしい内容ですが個人的には
「オデッセイ&オラクル」を一押しです。

私的には「サージェント」の代わりに「リボルバー」でしょう。



しかしながらザッパの「俺たちは金のため・・・」も捨てがたい(爆)。



って、ゾンビーズのライブの話でしたね(笑)

その「オデッセイ&オラクル」から4曲演奏。
発売当時は全く日の目を見なかったアルバムも
ポール・ウェラーの発言がきっかけで爆発的に
売れ始めたというエピソードをロッドが披露。

アージェントの大ヒット曲「Hold Your Head Up」も
ロング・バージョンで演奏。ロッドのソロ長かったなー(爆)。

余談ですが、ライブ直前にビートルズのヒット曲が会場内で流れてまして、
両隣に座ったアメリカ人のおばさん二人と一緒に口ずさんでました。
それも3人とも決して横を向かずに、ステージに向かって、
ただひたすら歌っていたのがすごく面白かったです。

Southern Ground Amphitheater
Fayetteville, GA - July 28, 2012

Chipper & Old Ladies

Love Me Do
From Me To You
She Loves You
I Want To Hold Your Hand
Can't Buy Me Love
A Hard Day's Night

R&B, Inc.

I Wish
Superstition
I Feel Good
Smoke From A Distant Fire
Diggin on James Brown
etc....

The Zombies

I Love You
Can't Nobody Love You
Breathe Out, Breathe In
I Want You Back Again
What Becomes Of The Brokenhearted
I Don't Believe In Miracles
Show Me the Way
Any Other Way
A Rose for Emily
Care of Cell 44
This Will Be Our Year
I Want Her She Wants Me
Time of the Season
A Moment In Time
Whenever You're Ready
Tell Her No
Old And Wise
Hold Your Head Up
She's Not There
Encore:
God Gave Rock And Roll to You
Summertime






Last updated  August 5, 2012 07:50:09 AM
コメント(2) | コメントを書く
July 8, 2012
カテゴリ:ライブ観戦 2012

生きる伝説リンゴ・スター率いるASBのライブ観戦に行ってきました。

1989年から続いているオール・スター・バンドですが、
2012年のツアー・バンド・メンバーは下記の通りです。

Ringo Starr - drums, keyboards, vocals
Steve Lukather (Toto) - guitar, vocals
Gregg Rolie (Santana) and (Journey) - keyboards, vocals
Todd Rundgren (Utopia) - guitar, harmonica, bass, percussion, vocals
Richard Page (Mr. Mister) - bass, guitar, vocals
Mark Rivera - saxophone, percussion, vocals
Gregg Bissonette - drums, percussion vocals

ビートルズやリンゴのソロはもちろんのこと、
サンタナ、トッド・ラングレン、トト、ミスター・ミスターによる
耳慣れた大ヒット曲を披露し、楽しませてくれました。
(ジャーニーの曲は演奏しなかったなぁ。。)

2012年バンドの見所といったら、やはりLukeとGreggの共演。
Luke,予想外に弾きまくってましたねー(笑)。
Totoのヒット曲やSantanaのヒット曲でのギター・ソロが最高でした。
Rosannaのエンディングのソロ(レコードでは消化不良ですからね・笑)や、
Black Magic Womanのソロ、熱かったですよ。

ライブ翌日で72歳になったリンゴですが、若い若い。
(1940年7月7日生まれ)
歌う踊る、ジョークは飛ばすは。。。。
ホント、見習わなければいけないですね。
あんな風に歳をとりたいものです。




Fox Theatre
Atlanta, GA - July 6, 2012

Matchbox
It Don't Come Easy
Wings
I Saw the Light (Todd Rundgren)
Evil Ways (Santana)
Rosanna (Toto)
Kyrie (Mr. Mister)
Don't Pass Me By
Bang the Drum All Day (Todd Rundgren)
Boys
Yellow Submarine
Black Magic Woman (Santana)
Anthem
I'm the Greatest
You Are Mine (Richard Page)
Africa (Toto)
Everybody's Everything (Santana)
I Wanna Be Your Man
Love Is the Answer (Utopia)
Broken Wings (Mr. Mister)
Hold the Line (Toto)
Photograph
Act Naturally
With a Little Help from My Friends
Give Peace A Chance (John Lennon)








Last updated  July 8, 2012 07:40:13 AM
コメント(2) | コメントを書く

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.