197951 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

音楽骨董箱

PR

全103件 (103件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

Pop, Rock, Vocal

March 29, 2014
XML
カテゴリ:Pop, Rock, Vocal
1978年にリリースされたリンダ・カーターのファーストアルバム。
ファン待望の初CD化。2014年にようやくリリース。
リンダ・カーターと言えば、ワンダー・ウーマンのイメージが強いですよね。
しかし歌唱力もなかなかのものです。3曲のクレジットに彼女の名前があります。
ソング・ライティングにも貢献してるのが素晴らしい。
週末ゆっくりしながらコーヒー片手にリスニング。楽しいひと時です。



こちらは当時限定販売されたピクチャーディスクLPのB面画像。
見ての通りまさに「美面」です(笑)。

LCPRTPIC






Last updated  March 30, 2014 02:18:07 AM
コメント(2) | コメントを書く


March 5, 2014
カテゴリ:Pop, Rock, Vocal
1976年リリース。邦題「たそがれの恋」。どんな恋だ?(笑)
このタイトル曲、何度聴いても飽きません。
私的ONJベストに必ず入り、常にヘビロテのナンバーです。
先日日記に書いた「きらめく光のように」と同じぐらい好きですねー。
大ヒット曲の「そよ風の誘惑」も大好きです。
そういえば「ザナドゥ」に「春風の誘惑」ってのもあり、
ホント、誘惑されっぱなし(笑)
ここ最近はONJに再度恋い焦がれ中でございます。







Last updated  March 5, 2014 12:16:11 PM
コメント(2) | コメントを書く
March 3, 2014
カテゴリ:Pop, Rock, Vocal
1977年リリース。ONJの作品中、私的に聴頻度が一番高かったアルバムです。
制作には、当時西海岸きってのスタジオ・ミュージシャンとして活躍していた
Jeff Porcaro, Greg Mathison, Jay Graydon等が参加。

いわゆるヒット曲はないものの、タイトル曲の「Making A Good Thing Better」を始め,
「Sad Song」「You Won't See Me Cry」彼女自身による作品「Don’t Ask A Friend」等、
秀作ありで全体的にアルバム・オリエンテッドな作風になってます。

太陽の光、緑の木々、爽やかな風を感じさせてくれるタイトル曲。
田舎道をドライブするときに聴くとさらに感動が増します。

そろそろこのアルバムが聴きたくなる季節の到来です。
アルバム・ジャケットの写真の笑顔も素晴らしいですね。









Last updated  March 3, 2014 12:11:11 PM
コメント(2) | コメントを書く
February 23, 2014
カテゴリ:Pop, Rock, Vocal
1976年「Love Performance Tour」の日本公演を収録したライブ・アルバム。
同年にリリースされた「Don't Stop Believin'」のプロモツアーでもありました。
このアルバム「Love Performance~愛のパフォーマンス」は日本のみでリリース。

ONJIJ

残念ながらこのツアーには行ってません(涙)。
でも81年にリリースされたので即行買いでした。
久々に聴きましたがホントいいですねー。
1曲歌いおえた後のマイクトークの息遣いが激しいです。
熱いです。全身全霊を込めて歌う熱さが伝わってきます。

それから数十年(?)2009年に彼女のライブを観戦しました。
もちろん素晴らしいライブ・パフォーマンスでしたよ。







Last updated  February 23, 2014 09:29:18 AM
コメント(2) | コメントを書く
February 15, 2014
カテゴリ:Pop, Rock, Vocal
1975年リリース「クリアリー・ラブ」。
所有オリビアのアルバムの中で滅多にターンテーブルに乗らなかった1枚。
久々に「皿」に「針」を落として聴いてみた。
何年ぶり?全く覚えてません(汗)。
近年スピーカーを換えたせいか、歌がとても「クリアリー」に聴こえます。
A面1曲目の「秋風のバラード(Something Better to Do)」を聴いてる時に、
「え?」っと驚くぐらいの変化を感じました♪

グッドです。グッド
こうしてあらためて聴いてみると凄くいいアルバムですね。
大ヒット曲ってのがない分、トータルで楽しめるアルバムです。









Last updated  February 16, 2014 04:26:50 AM
コメント(2) | コメントを書く
January 31, 2014
カテゴリ:Pop, Rock, Vocal
フランス出身で活動拠点はスペインの囁き系ボーカリスト。
ボーカルだけではなく、コンポーザーとしてもフルート奏者としても活躍。
フレンチ+ボサノヴァ+フラメンコのエッセンスをブレンドした
ちょいと不思議な(?)、そして魅力あふれる音楽を聞かせてくれます。
囁き系ボーカリストについては過去日記でも書いてますが、
Claudine LongetやAstrud Gilbertoに始まり好きな分野(?)です。
ハスキー系はちょっと苦手かな~。小ハスキーはいんですが、
ド・ハスキーは思いっ切り苦手かも。。。。。

ま、それはさておき、2ndアルバムから約10年のブランクを経て、
リリースされた最強の3枚目「La Chica Del Viento」は至高の一枚です。
オープニングの「Asi Sera」は私的ヘビロテ曲集に任命されてます(笑)。
うん、世界は広い。これからもいろんな出会いがありそうで楽しみです。

LA CHICA DEL VIENTO







Last updated  January 31, 2014 11:08:01 AM
コメント(2) | コメントを書く
January 12, 2014
カテゴリ:Pop, Rock, Vocal
好きな男性ボーカリストは誰?と聞かれたら、
即座に「ロニー・ジェイムス・ディオ」と答えます。
上手いボーカリストは世の中にたくさんいますが、
ロニーみたいに歌えるボーカリストは皆無でしょう。

メタル界のゴッドファーザー(と言われてるみたい)として、
レインボー、サバス、そしてリーダーバンド、ディオで
活躍し同業者やファンに多大な影響を与えてきたのは周知の事実。

レインボー、サバス、ディオの数々の名曲の歌声はもちろんだが、
う~ん、最高のボーカリストだな~と唸ってしまうのは
Ronnie Dio and the Prophetsの「The Way of Love」や
Roger Glover & Guestsでの「Homeward」等のバラード系や
Elfの「Wakeup Sunshine」や「Rainbow」等のポップ系を聴いた時かも。

ちなみに「The Way of Love」はCherの1972年のヒット曲として有名です。
フランソワ・アルディの1968年のフレンチ・ヴァージョンも大好きです。
こちらは「Parlez-Moi De Lui」と名を変えてます。




とにかく、ロニーのボーカルはいつ聴いても最高です!!
















Last updated  January 12, 2014 11:20:09 AM
コメント(2) | コメントを書く
March 23, 2013
カテゴリ:Pop, Rock, Vocal
ニッポン・ギャルの後はやはりフランス・ギャルでしょう。

「夢見るシャンソン人形」「涙のシャンソン日記」等の大ヒットで知られる、
60年代に活躍したフレンチ・ポップ界の代表選手フランス・ギャル。

彼女の歌う作品を聴くと古き時代のアニソンが突然リコール。
フランス語が全くわからないのでボーカルと演奏の「音」を純粋にエンジョイ。
とにかく楽しいです。楽曲もグッドなので。










Last updated  March 23, 2013 04:03:57 PM
コメント(2) | コメントを書く
February 4, 2013
カテゴリ:Pop, Rock, Vocal
1967年リリースの「A Certain Smile, a Certain Sadness」。
当時、米国で大人気だったBossa Nova Musician,
Astrud Gilberto (vocal) & Walter Wanderlay (organ)共演の名盤。
トータル30分にも満たない、とても短い内容ですが、
楽曲良し、ボーカル&オルガン良し、(ボサ)リズム良しの3拍子。
私的には超有名なTristezaとIt's A Lovely Day Todayがお気に入り。















Last updated  February 4, 2013 07:10:56 AM
コメント(2) | コメントを書く
February 2, 2013
カテゴリ:Pop, Rock, Vocal
Whispring Voice系女性シンガー...好きです。
例えばClaudine LongetやAstrud Gilberto、Jane Birkin等々。
比較的新しいところではIsobel Campbellがいいですねー。
初めて彼女の歌声を聴いた時、「あ、結構好きかも」と思い、
2003年リリースの彼女のソロ「Amorino」を購入。
CDを聴いて「なんじゃこりゃ~!」とぶっ飛びました。
まさにビックリたまげた門左衛門状態。
ヴァラエティにとんでる楽曲の顔ぶれや、
昔聴いたような懐かしい旋律が随所に顔を出す、すごい。
そして期待通りのIsobelの囁き唱法。大満足の一品となりました。
私的衝撃度だけでいくとKansasの76年リリース「Leftoverture」を
初めて聴いた時のリアクションに近いものがあるかなぁ。。。
(内容は全く違いますけどね・笑)










Last updated  February 3, 2013 12:42:33 PM
コメント(2) | コメントを書く

全103件 (103件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.