000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

音楽骨董箱

PR

全9件 (9件中 1-9件目)

1

Christmas Album

December 25, 2007
XML
カテゴリ:Christmas Album

今日はクリスマスクリスマスツリー
雪は降ってませんが、少しだけミゾレが降りました。
昔、北東部に住んでいた頃はホワイトクリスマスを
嫌でも(笑)楽しむことが出来ましたが雪
今ではすっかり雪から遠ざかっております。

正統派のクリスマスアルバムを楽しんでます目がハート

xmaswls.jpg
Christmas with the Lennon Sisters (1960)

1955年にデビューしたレノン・シスターズは
今現在も活躍中とのことです。すごいですよねーウィンク
ちなみにこの姉妹、故ジョン・レノン氏とは全く関係ございません。

Lennon Sisters - Silver Bellsビデオ

かなり初期の姉妹の映像と思われますスマイル

Lennon Sisters and Osmond Brothersビデオ

こちらは95年時の姉妹の映像ですうっしっし
オズモンド兄弟とのコラボです。
誰が誰だかわかりますか?びっくり







Last updated  December 26, 2007 05:35:27 AM
コメント(8) | コメントを書く


December 22, 2007
カテゴリ:Christmas Album

日記の更新は久々です。
実に20日ぶりの更新となりましたうっしっし
ゼップの再結成公演情報を追いかけたあの日から(爆)、
突然炎のごとく(トリュフォーじゃないよ・笑)、
(仕事で)忙しい日々となってしまいましたほえー

ようやく一段落ついたのですが、
いつの間にやらクリスマス前!?びっくり

そこで取り出したるはBlackmore's Nightの
Winter CarolsなるCD。
キャンディス嬢の美声を聴いております目がハート



Blackmore's Night, "Christmas Eve"ビデオ

御大も楽しそうですねウィンク










Last updated  December 23, 2007 12:02:49 PM
コメント(6) | コメントを書く
December 23, 2006
カテゴリ:Christmas Album

こちらはまだクリスマス・イブイブです♪

昨年同様クリスマス・ケーキに挑戦しましたちょき

今年はイチゴではなく、ピーチを使用うっしっし

x'mas06.jpg

1年に1回のイベントですのでスマイル
今後も続けていきたいと思ってますウィンク

ナット・キング・コールによる「クリスマス・ソング」を
久しぶりに聴きました目がハート

x'masame.jpg

「Christmas America」(1973)
by
 Bing Crosby / Glen Campbell / Peggy Lee
 Nat King Cole / Dinah Shore / Dean Martin
 Tennessee Ernie Ford / Ella Fitzgerald


こんなにいい曲だったっけ? って再認識びっくり

昔聴いた曲でも、新鮮な響きを持って、
心に響いてくるんですねどきどきハート

時代と共に、いろんな顔を見せてくれる音楽。
これからもずっと付き合っていきたいです目がハート

メリー・クリスマス!ピンクハート







Last updated  December 24, 2006 11:33:10 AM
コメント(10) | コメントを書く
December 24, 2005
カテゴリ:Christmas Album


今宵はクリスマス・イブです。
クリスマスと言えばケーキですね。
ここアメリカではなかなか美味しいケーキに巡りあえません。
一般的に「甘すぎる」のです。

そこで、チッパーは自分好みのケーキを自分で
作ることにしました。完成品はこちら↓。

cc05.jpg


今回でケーキ作りも三回目になります。
どうです? まあまあの出来でしょう。
ケーキ作りのプロや研究家ではないので、
これで個人的には充分に満足しております。

味もなかなかなんですよ。食べてみますか?(笑)

***********************


チッパーのおすすめクリスマス・アルバム第6弾

Beyond The Sunset - The Romantic Collection」(2004)
 by Blackmore 's Night

bn1.jpg

1. Once In A Million Years
2. Be Mine Tonight
3. Wish You Were Here
4. Waiting Just For You
5. Durch den Wald zum Bach Haus
6. Ghost Of A Rose
7. Spirit Of The Sea
8. I Still Remember
9. Castles And Dreams
10. Beyond The Sunset
11. Again Someday
12. Diamonds And Rust
13. Now And Then
14. All Because Of You

Christmas Songs CD

1. Christmas Eve
2. Emanuel
3. We Three Kings

Bonus DVD

1. Written In The Stars
2. Morning Star
3. Play Minstrel Play
4. Minstrel Hall
5. Under A Violet Moon


我がHPの常連客様よりリクエストを頂きましたので(笑)、
ロマンチック」なクリスマス・アルバムを紹介します。
もちろん、チッパー的ロマンチック作品です。
特にクリスマス・ソングを扱っているわけではないのですが、
クリスマスにぴったりの作品群が粒ぞろいです。

元ディープ・パープル、元レインボーのスーパーギタリスト、
リッチー・ブラックモアとその伴侶キャンディス・ナイトが
繰り広げる中世ヨーロッパ音楽へのロマンチックな旅。
アコースティックな調べに、美メロのラブソングが
あなたの心を♪虜にしてみます。あ・あ・あ・かるめ~ん♪

ハードロック好きで、パープルやレインボーは知っていても、
このブラックモアズ・ナイトは実は聴いたことがないという
あなた、このサウンドを聴いて驚くことなかれ。
これも御大リッチー先生の世界なのです。

これこそリッチーの音楽の故郷なのかも知れません。
ブラックモアの本来のエッセンスがたくさん詰まっている
珠玉のラブソングの数々。とにかく全曲素晴らしい出来。

とにかくメロディーが美しい楽曲ぞろい。
キャンディス嬢のボーカルも明るく優しく心地よく、
いろんな意味で見事にリッチーと聴衆の心を捉えてます(笑)。

ブラックモアはパープル時代から、歌い手に対しては
厳しい見方をしてきてますので、キャンディス嬢も
リッチーのお目がねに叶ったのでしょう。
ギラン、デビカヴァ、ロニー、グラハム、
ジョー・リン、ドゥギーなどなど、
趣向はことなれ、それぞれいいもの持ってましたしね。

キャンディス嬢は歌だけでなく、
金髪でスタイルも抜群。まさにリッチー好み。

ま、それはさておき、個人的には今現在リッチーが
やっているこの音楽を全面的に支持してます。

昨年、アメリからから渋谷公会堂まで
そのパフォーマンスを観にいきましたよ(笑)。

こういう音楽系統は元々好きですし。
ルネッサンスの「オーシャン・ジプシー」を
ファースト・アルバムでカヴァーした時は、
思わず「やったー!」と叫びましたから。

リッチー・ブラックモアとルネッサンス。
時代を越えて交わることになろうとは。
昔から双方のファンだった自分にとっては
とても嬉しい出来事でありました。

このスペシャル盤は、今まで発表したアルバムから
ラブソングを中心に集めて編集したベスト盤で、
オマケに未発表曲を含めたメインのCDと、
クリスマスソングボーナスCD、
そしてライブ映像のDVDとお得な三点セットに
なっており、まさにお買い得の内容となってます。








Last updated  December 25, 2005 01:06:52 PM
コメント(8) | コメントを書く
December 22, 2005
カテゴリ:Christmas Album

昨晩のこと。夜の帰宅路で鹿に遭遇した。
子鹿が2匹、車道に飛び出してきたので、急ブレーキ。
後方に車がいなくてよかった。いたら完全に激突。

ブレーキを踏んだ状態で、キーッと斜めにスリップ。
まるで「西部警察」状態(←イメージね)。

人間が車道に飛び出してくることはほとんどないが、
野生の動物が飛び出してくるのは日常茶飯事である。
リスやあらいぐまなども出てくるような場所に
住んでいるのだから仕方がない(笑)。

しかし連中の悪いところは、車道に飛び出し、
車に出くわすと、道の真ん中で突然止まること。
これがいけない。素早く通り抜けてくれればいいのに。

「気をつけろぃ!どこ見て歩いていやがんだい!」と
お約束の言葉を吐いたところで、
あのつぶらな瞳できょとんとされると、
「はい、気をつけましょうね」と優しい言葉に。。。

「ロッキーチャック」の世界に住んでいるチッパーです。

*************************

チッパーのおすすめクリスマス・アルバム第5弾

Ella Wishes You A Swinging Christmas」(1960)
 by Ella Fitzgerald

ef1.jpg

1. Jingle Bells
2. Santa Claus Is Coming to Town
3. Have Yourself a Merry Little Christmas
4. What Are You Doing New Year's Eve?
5. Sleigh Ride
6. The Christmas Song
7. Good Morning Blues
8. Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!
9. Winter Wonderland
10. Rudolph the Red Nosed Reindeer
11. Frosty the Snowman
12. White Christmas


ジャズ界だけにはとどまらない世界の音楽界屈指の
名女性ボーカリスト、エラ・フィッツジェラルドが、
クリスマスを得意の「スウィング」で明るくデコレート。
思わず体を動かしてしまう、このスウィング感!

エラにかかればお馴染みのクリスマスソングも
ノリノリ状態に早変わり。
みなさんも、ご一緒にスウィングしましょう!。
エラのボーカルにしびれること間違いなし。

いつの間にやら第5弾まで進みましたねー。
上出来、上出来。







Last updated  December 23, 2005 12:49:03 PM
コメント(4) | コメントを書く
December 20, 2005
カテゴリ:Christmas Album

チッパーのおすすめクリスマス・アルバム第4弾

A Christmas Gift For You From Phil Spector」(1963)
 by Phil Spector & Artists


ps1.jpg


1. White Christmas- Darlene Love
2. Frosty The Snowman - The Ronettes
3. The Bells of St. Mary - Bob B. Soxx and The Blue Jeans
4. Santa Claus Is Coming To Town - The Crystals
5. Sleigh Ride - The Ronettes
6. Marshmallow World ? Darlene Love
7. I Saw Mommy Kissing Santa Claus - The Ronettes
8. Rudolph The Red-Nosed Reindeer - The Crystals
9. Winter Wonderland - Darlene Love
10. The Wooden Soldiers - The Crystals
11. Christmas (Baby Please Come Home) - Darlene Love
12. Here Comes the Santa Claus - Bob B. Soxx and The Blue Jeans
13. Silent Night - Phil Spector and Artists


とても楽しくて、懐かしい気分にさせてくれるアルバム。

「ウォール・オブ・サウンド」のクリエイターで、
そのサウンドで時代を築き上げた敏腕プロデューサー、
フィル・スペクターがお届けするクリスマスの名盤。

チッパー自身もかなりのお気に入りのアルバムで、
クリスマス時期になると必ず聴いている一枚です。

ダーレン・ラブがソウルフルに歌うクリスマスの
スタンダード曲(1)やめちゃ楽しい(9)や、
「ビー・マイ・ベイビー」の大ヒットで知られる
ロネッツが歌う(5)(7)などのお馴染みの曲が、
懐かしいサウンドと共にクリスマスの夜を
明るく賑やかに飾ってくれること間違いなし。
特に(7)なんか、夢多かった子供時代を思い出し、
懐かしさと共に涙が出てくるかも知れませんよ。

ダーレン・ラブは60年代を代表する歌手ですが、
メル・ギブソン主演映画「リーサル・ウェポン」で、
ダニー・グローバー扮する老刑事ロジャーの
奥さん役で全シリーズに登場しています。

今となっては、こちらの方で顔が売れているかも。







Last updated  December 21, 2005 12:09:36 PM
コメント(10) | コメントを書く
December 18, 2005
カテゴリ:Christmas Album


年末となるとアメリカでは「くりみ割人形」が定番です。
ボクの定番は「Trans Siberian Orchestra」のライブ。
毎年恒例で観に行っていたのですが、今年は残念ながら
ツアー日程から「我が心のジョージア」が外されました(泣)。

沈んでいる時に朗報が舞い込んできました!
Andy Williams - Christmas Show」です。
で、18日の日曜日に今年最後のライブを観に行ってきました。
77歳の高齢を感じさせない見事なパフォーマンス。
エンターテイメント、ここにあり!という感じでした。
ライブ・レポは近日中にアップします!

***********************

チッパーのおすすめクリスマス・アルバム第3弾

Christmas Eve And Other Stories」(1996)
  by Trans Siberian Orchestra


tso1.jpg


1. An Angel Came Down
2. O Come All Ye Faithful/O Holy Night
3. A Star To Fall
4. First Snow
5. The Silent Nutcracker
6. A Mad Russian’s Christmas
7. The Prince of Peace
8. Christmas Eve/Sarajevo 12/24
9. Good King Joy
10. Ornament
11. The First Noel
12. Old City Bar
13. Promises To Keep
14. This Christmas Day
15. An Angel Returned
16. O Holy Night
17. God Rest Ye Merry Gentlemen


クリスマス・シーズン御用達ハードロック・バンド、
TSOの記念すべきファースト・アルバムにて名盤。
TSOはヘビメタ・バンド「サヴァタージ」から
スピンオフしたプロジェクト・バンドで、
クリスマスをテーマにしたコンセプト・アルバムを
数枚発表しております。(チッパーは全盤揃えてます)。

毎年末のクリスマス時期には大規模な全米ツアーを行い、
子供から老人まで、男女を問わず、会場に足を運び、
一大スペクタクルなクリスマス・ショウを楽しんでます。
ボクも彼らのライブには毎年、通っているのですが、
残念ながら今年はジョージア公演の予定なしでした(泣)。

耳慣れたクリスマス・ソングがハードに
そして様式美豊かに蘇り、聴く者たちを
ファンタジーの世界へと誘うTSO。

聴き所は、Carol of the Bellsをアレンジした(8)
「家出した少女がクリスマスの日に家に帰ってくる」
模様をドラマチックに描いた(14)
エンディングにおけるギターの役割が
物語をさらに盛り上げてくれます。

先日のチップマンクスでは誠に物足りない(笑)、
ロック野郎どもは必聴のクリスマス・アルバム。

チッパーにとっては全く無縁であった「90年代音楽」、
見事にハートを掴んでくれたアーチストでありました。







Last updated  December 20, 2005 10:03:43 AM
コメント(6) | コメントを書く
December 17, 2005
カテゴリ:Christmas Album

チッパーのおすすめクリスマス・アルバム第2弾

「Christmas with the Chipmunks」(1962)
by David Seville & The Chipmunks


cm1.jpg


1. Here Comes Santa Claus (Right Down Santa Claus Lane)
2. Up On the House Top
3. Silver Bells
4. Rudolph the Red-Nosed Reindeer
5. Jingle Bells
6. Santa Clause Is Comin’ To Town
7. It’s Beginning To Look Like Christmas
8. Frosty the Snowman
9. White Christmas
10. The Chipmunk Song


小さなお子さんをお持ちの方や、
遥か昔に小さなお子さんだった方も含め、
誰もがみんな陽気に楽しめる、
米国の人気キャラが歌って躍る(イメージ)
楽しいクリスマス・ソング集。

アルバム収録時間が30分以下(笑)。
なんと短いことかと嘆くことなかれ。
あの独特なキンキン声で歌いまくられるため、
長時間は聴くに耐えない代物だからそれでよし。
(そんなものを薦めるのか?・笑)

いえいえ、帽子をかぶったアルビン君を
中心に、サイモンとセオドラの計三匹(?)
チップマンクスのかわいらしい歌声に(笑)
エンジョイすることは間違いなし。

チップマンクスのキャリアは意外と長く、
古くは1958年に「The Chipmunk Song」で
全米チャート4週連続第1位の座に輝いてます。

彼らは80年代にもロックのカバーアルバムを
リリースしたりと精力的に活動してきました。

ビリー・ジョエルの「ガラスのニューヨーク」など、
彼らの歌声で聴くと、ドリフの早口言葉コーナーで
志村けんが声質を変えて歌う、あの光景が
目に浮かんできてしまいます。

さあ、このチップマンクスのアルバムを聴いて、
「君は生き残ることができるか」(永井一郎風)。

無事に第2弾を書き終えた(笑)。
はたして第3弾へと続くのか?








Last updated  December 17, 2005 02:43:57 PM
コメント(6) | コメントを書く
December 16, 2005
カテゴリ:Christmas Album

チッパーのおすすめクリスマス・アルバム第1弾

「Christmas Album」(1968)
by Herb Alpert & Tijuana Brass

haca.jpg


1. Winter Wonderland
2. Jingle Bells
3. My Favorite Things
4. The Christmas Song
5. Las Mananitas
6. Sleigh Ride
7. The Bell That Couldn't Jungle
8. Let it Snow, Let It Snow, Let It Snow
9. Jingle Bell Rock
10. Jesus, Joy of Man's Desiring



トランペッター、コンポーザー、アレンジャー、プロデューサー、
または起業家という多彩な顔と才能を持つハーブ・アルパート率いる
ティファナ・ブラスが贈るホットなクリスマスミュージック。
お馴染みのメロディーがマリアッチ・サウンドで蘇ります。
愉快で痛快なメキシカンなクリスマスが楽しめる1枚です。

ハーブ・アルパートの名盤たちがSignature Seriesとして復活。
持っていたカセットも古くなったことだし、何枚か購入しました。
そのうちのひとつがこの「クリスマス・アルバム」です。

個人的には(1)&(2)を繰り返し聴いて楽しんでいます。
冒頭で聴けるアカペラから一転してのノリの良さが魅力的。
特に(2)における中間部での混声コーラスによるスキャットが
心地よく、何かノスタルジックな気分にさせてくれます。

Herb Alpertは盟友Jerry Mossと共にA&M社を設立。
たくさんのトップ・アーチストの名盤をリリースしてきました。
看板アーチストとしては、もちろんカーペンターズが有名です。

さて、近日中に第2弾のアップはあるのか?(笑)

最近は日記をサボりがち(?)なチッパーくんでした。







Last updated  December 16, 2005 04:32:58 PM
コメント(6) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.