11236539 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

《櫻井ジャーナル》

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

サイド自由欄

バックナンバー

2014.02.02
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 アメリカの支配層を一枚岩だと考えてはならない。ひとりの独裁者を頂点に、その下にピラミッド状の支配システムができあがっているという単純な構造ではなく、いくつかの勢力が対立、ある場合には協力しながら圧倒的多数の庶民を支配しているのが実態だろう。支配層内部の戦いが激化すれば相対的に庶民の力が強まるため、利害の調整機関もあるが、それで対立をなくすことはできない。

 安倍晋三首相たちがリチャード・チェイニーの一派とつながっている可能性が強いことはすでに書いたが、では、小泉純一郎はどうだろうか?

 首相時代、小泉がウォール街の意向に沿う政策を打ち出して日本を破壊へと導いたことは間違いない。興味深いのはその息子、進次郎の経歴だ。2004年に関東学院大学を卒業し、2006年にコロンビア大学大学院で修士課程を修了、すぐにCSISの非常勤研究員になっている。

 ところで、CSISはCIAと関係の深いシンクタンク。このシンクタンクが1996年に設置した「日米21世紀委員会」は2年後、日本の進むべき方向を報告書としてまとめている。それによると、(1) 小さく権力が集中しない政府(巨大資本に権力が集中する国)、(2) 均一タイプの税金導入(累進課税を否定、消費税の依存度を高めることになる)、そして(3) 教育の全面的な規制緩和と自由化(公教育の破壊)だ。

 小泉進次郎はコロンビア大学でジェラルド・カーティスに師事したというが、ジャーナリストのジョセフ・トレントが明らかにした「クローリー・ファイル」によるとカーティスはCIAの協力者。この情報が正しいなら、小泉親子はCIAの影響下にあるということになる。

 トレントはCIAの上層部に情報源を持つのだが、往々にして、そうした人びとの話を検証せずに伝える傾向が強い。そこで注意する必要はあるのだが、何らかの事情で、そうした話がCIAから流された可能性はある。

 エール大学とCIAとの関係は有名だが、コロンビア大学も無関係とは言えない。最も重要な役割を果たした人物と言えるのがズビグネフ・ブレジンスキーだ。ブレジンスキーはデイビッド・ロックフェラーと緊密な関係にあった人物。このふたりが中心になって日米欧三極委員会が創設されている。カーティスは同委員会のメンバーだ。ブレジンスキーとカーティスが無関係だとは言えない。

 コロンビア大学でブレジンスキーに師事したと言われている人物がいる。バラク・オバマである。そこで、オバマはCIA人脈だとも噂されているわけだ。

 こうした情報をつなぎ合わせると、小泉親子とオバマ大統領は同じ勢力に属している可能性が出てくる。オバマ政権と対立する道を歩んでいる安倍首相と小泉親子が対立しても不思議ではない。






最終更新日  2014.02.03 00:03:01

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.