12941393 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

《櫻井ジャーナル》

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

サイド自由欄

バックナンバー

2014.12.03
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 チャック・ヘーゲル国防長官の有力な後任候補としてアシュトン・カーターの名前が挙がっている。2011年から13年にかけて国防副長官を務めた人物で、2006年にはハーバード大学で朝鮮空爆を主張するなど、好戦的な姿勢を見せてきた。

 2001年9月11日にニューヨークの世界貿易センターやワシントンDCの国防総省本部庁舎(ペンタゴン)が攻撃された後、ブッシュ・ジュニア政権はネオコン/シオニストが主導権を握り、国外では軍事侵略、国内ではファシズム化を推進しているが、そうした暴走を懸念した支配層の一部がひとつのグループを編成している。

 そのグループで中心的な役割を果たすことになるのはジェームズ・ベーカー元国務長官とリー・ハミルトン元下院外交委員長。ヘーゲル長官はこの勢力に属すと見られていたのだが、カーターは反対の立場。

 アメリカで朝鮮攻撃の気運が高まるのはビル・クリントンが大統領だった1990年代の後半。1998年に作成された「OPLAN 5027-98」は朝鮮に対する先制攻撃、体制転覆、傀儡政権の樹立を目的にしていた。その翌年には朝鮮の「金体制」が崩壊した場合を想定したCONPLAN 5029も作成され、黄海では朝鮮と韓国の艦船が交戦している。

 ジョージ・W・ブッシュ政権の2年目、2002年の一般教書演説で大統領は朝鮮、イラク、イランを「悪の枢軸」と呼び、黄海で朝鮮と韓国が交戦した。その翌年にブッシュ・ジュニア政権は空母カール・ビンソンを中心とする艦隊を朝鮮半島に派遣、6機のF-117を韓国に移動させ、グアムにはB-1爆撃機とB-52爆撃機が配備させている。

 2005年にブッシュ政権は5029をCONPLAN(概念計画)からOPLAN(作戦計画)に格上げしようとしたが、当時の韓国政府はこの方針に反対したという。ただ、今ではすでにOPLANになっているようだ。このほか、朝鮮への核攻撃を想定したCONPLAN 8022も存在している。

 カーターが朝鮮攻撃を主張した2年後に李明博政権が誕生、一気に東アジアの軍事的な緊張が高まった。2009年10月に朝鮮側は韓国軍の艦艇が1日に10回も領海を侵犯していると抗議、その翌月に韓国海軍の艦艇と朝鮮の警備艇が交戦する事態になる。

 WikiLeaksが公表した外交文書によると、韓国政府は10月に朝鮮が話し合いに戻ってくると判断していたようで、朝鮮側から軍事衝突を仕掛ける状況ではなかった可能性が高いと言えるだろう。日本で東京地検特捜部とマスコミが総掛かりで小沢一郎を攻撃しはじめたのもこの年だ。小沢の「同志」だった鳩山由紀夫も集中砲火を浴びる。

 2010年3月には、韓国と朝鮮で境界線の確定していない海域で韓国の哨戒艦「天安」が爆発して沈没する。米韓が合同軍事演習「フォール・イーグル」を実施している最中の出来事だった。この沈没に関して5月頃から韓国政府は朝鮮軍の攻撃で沈没したと主張し始めるのだが、CIAの元高官でジョージ・H・W・ブッシュと親しく、駐韓大使も務めたドナルド・グレッグはこの朝鮮犯行説に疑問を投げかけている

 そして11月には問題の海域で軍事演習「ホグク(護国)」が実施され、アメリカの第31MEU(海兵隊遠征隊)や第7空軍が参加したと言われている。そして朝鮮軍の大延坪島砲撃につながる。

 本ブログでは何度も書いたが、この延長線上に尖閣諸島/釣魚台群島の領有権問題がある。田中角栄政権で「棚上げ」していたものを引きずり下ろし、火をつけたのは海上保安庁。2010年9月に「日中漁業協定」を無視する形で取り締まり、漁船の船長を逮捕したのだが、この逮捕劇の責任者は国土交通大臣だった前原誠司。本来なら外務省が火消しを始めるのだが、前原はその月に外務大臣となった。

 その翌年に東北地方の太平洋側を巨大地震が襲い、東電福島第一原発が事故を起こして大量の放射性物質(チェルノブイリ原発事故の数倍から数十倍)を環境中の放出、尖閣諸島どころではなくなる。この問題に再度、火をつけたのは東京都知事だった石原慎太郎である。

 まず息子の石原伸晃が2011年12月にハドソン研究所で尖閣諸島を公的な管理下に置いて自衛隊を常駐させ、軍事予算を大きく増やすと発言、翌年4月には父親の石原慎太郎が「ヘリテージ財団」主催のシンポジウムで講演、尖閣諸島の魚釣島、北小島、南児島を東京都が買い取る意向を示して問題が再燃したのだ。

 アシュトン・カーターが国防長官になるということは、石原親子や前原のようなメンタリティーの日本人を刺激し、東アジアを不安定化させる可能性がある。ネオコン/シオニストはアメリカの利益を考えないが、勿論、日本の利益も考えない。そのネオコン/シオニストに日本の「エリート」は個人的な利益で引っ張られている。






最終更新日  2014.12.04 01:46:16

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.