14844919 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

《櫻井ジャーナル》

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

サイド自由欄

バックナンバー

2015.08.06
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 ウクライナの外相、トルコの副首相、そしてタタール人の反ロシア派代表が8月1日にトルコのアンカラで会い、タタール人、チェチェン人、ジョージア(グルジア)人などで「国際イスラム旅団」を編成してクリミアの近くに拠点を作ることで合意したという。反ロシア戦争を始めるつもりのようだが、その戦争を支援することをトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は表明したとも伝えられている。

 報道管制が布かれ、ネオ・ナチ(ステファン・バンデラ派)の暴力が広がっているウクライナだが、そうした中、ウラジミル・プーチン露大統領への信頼度が上がっているという。閣僚や知事だけでなく、戦闘員も外部から補充しなければならない状況なのだろう。ネオコンはEUとロシアの間にはさまれた地域を戦乱で不安定化させようと目論み、あわよくばロシアを支配しようとしている可能性が高い。

 しかし、ボリス・エリツィン時代に西側の正体を知ったロシア国民がアメリカの支配層に踊らされることはなさそうで、ロシア政府はNED(民主主義のための国家基金)などアメリカ系団体の活動を禁じ、ロシアから追い出した。外部から揺さぶるしかない。

 最近、ウラジミル・プーチン露大統領はモスクワ駐在トルコ大使を呼び出し、シリアでIS(イラクとレバントのイスラム首長国。ISIS、ISIL、IEIL、ダーイシュとも表記)を支援するのを止めなければ外交関係を断つと通告したようだが、そうした強い姿勢を示した一因はウクライナへISの戦闘員を本格的に移動させる動きにあるのかもしれない。トルコとロシアとの関係悪化はトルコ・ストリームの建設を中断させることにもなりそうだ。

 今年6月の総選挙で与党の公正発展党(AKP)は第1党を維持したものの、獲得したのは550議席のうち258議席にとどまり、エルドアン大統領は足下がぐらつき、憲法改正を問う国民投票を行うために必要な330議席(全体の5分の3)どころか過半数の276議席にも届かなかった。そこで、アメリカと手を組んでクルド人に対する空爆を本格化させている。

 トルコはアメリカのネオコン/シオニスト、イスラエル、サウジアラビアと共同してISを支援、シリアの体制転覆を目指してきたが、ここにきてサウジアラビアが消極的になってきたようで、それをトルコがカバーすることになるのだろう。

 日本では「安全保障関連法案」に関する議論で「後方支援」、つまり兵站の重要性が主張されているが、そうした主張をする人びともISの兵站には無頓着。シリアの体制を転覆させるプロジェクトが始動した直後からトルコはその拠点であり、兵站ラインはトルコからシリアへ入っている。その兵站ラインを潰せばISは崩壊するのだが、それを守っているのがトルコ。イスラエルやアメリカもISと戦っている人びとを攻撃してきた。つまり、ISを倒すべきと考えるなら、アメリカ、イスラエル、サウジアラビア、そしてトルコを批判しなければならない。兵站を考えるなら、まずトルコだ。

 昨年10月19日に「自動車事故」で死亡したイランのテレビ局、プレスTVの記者、セレナ・シムはその直前、トルコからシリアへ戦闘員を運び込むためにWFP(世界食糧計画)やNGOのトラックが利用されている事実をつかみ、それを裏付ける映像を入手したと言われ、昨年11月にはドイツのメディアDWもトルコからシリアへ食糧、衣類、武器、戦闘員などの物資がトラックで運び込まれ、その大半の行き先はISだと見られていると伝えている。

 昨年10月2日にはジョー・バイデン米副大統領がハーバード大学でISとアメリカの「同盟国」との関係に触れ、ISの「問題を作り出したのは中東におけるアメリカの同盟国、すなわちトルコ、サウジアラビア、アラブ首長国連邦だ」と述べ、その「同盟国」はシリアのバシャール・アル・アサド政権を倒すために多額の資金を供給、トルコのエルドアン大統領は多くの戦闘員がシリアへ越境攻撃することを許してISを強大化させたと語り、ISを支援しているグループのひとつ、イスラエルの情報機関幹部もアル・カイダ系武装集団がトルコを拠点にしているとしている

 トルコの場合、ISと最も関係が強いのは大統領の周辺。ISが密輸している石油はエルドアン大統領の息子が所有するBMZ社が扱い、ISの負傷兵はMITが治療に協力、秘密裏に治療が行われている病院はエルドアン大統領の娘が監督しているようだ。負傷兵の治療はイスラエルも行っている。

 エルドアンは自らの利益、権力のためにシリアを攻撃しはじめたのだろうが、ロシアとの戦いを強いられる状況になってきた。一度始めた戦争を止めることは難しい。






最終更新日  2015.08.06 16:40:07

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.