10321140 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

《櫻井ジャーナル》

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

サイド自由欄

バックナンバー

2017.04.19
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
アメリカ国防総省は空母カール・ビンソン中心とする艦隊に続き、空母ロナルド・レーガンと空母ニミッツを朝鮮半島周辺の海域へ向かわせるという。これが事実なら3空母が集結することになる。カール・ビンソンを中国やロシアの情報収集船が監視しているようだが、こうしたアメリカの動きは朝鮮でなく、中国やロシアに対する挑発だと見ることができる。

アメリカは1983年の4月から5月にかけて西太平洋に3空母を集めたことがある。この時、アメリカ海軍はエンタープライズ、ミッドウェー、コーラル・シーを中心とする機動部隊群を千島列島エトロフ島の沖で合流させ、大艦隊演習「フリーテックス83」を実施したのだ。

この演習では空母を飛び立った艦載機がエトロフ島に仮想攻撃をしかけ、志発島の上空に侵入して対地攻撃訓練を繰り返したと言われている。(田中賀朗著『大韓航空007便事件の真相』三一書房、1997年)日本以外ではアメリカの危険な挑発だと話題になっていた。(Far Eastern Economic Review, June 16, 1983)

その年の8月31日から9月1日にかけて大韓航空007便が通常の航路を大幅に逸脱、アメリカが設定した緩衝空域、飛行禁止空域を通過し、カムチャツカとサハリンでソ連領空を侵犯、その際に重要な軍事基地の上空を飛行した。結局、サハリンで撃墜されたとみられている。

NORAD(北米航空宇宙防衛軍)のアラスカ航空指揮規則によると、飛行禁止空域に迷い込みそうな航空機を発見したならすぐに接触を試み、またFAA(連邦航空局)へ連絡しなければならない。にもかかわらず、アメリカ軍は撃墜も予想される飛行禁止空域へ向かう民間機に対して何もアクションを起こしていない。担当者が怠慢だったのか、事前に飛行を許可されていたのか、どちらかだろう。

アメリカ軍が何らかの目的で民間機をソ連の領空へ侵入させ、軍事基地の上空を飛行させたということになると深刻な事態になる。侵入した航路はアメリカ軍がソ連を攻撃する予行演習にも見え、軍事衝突から全面戦争に発展しても不思議ではない。この時、ソ連は軍事衝突を回避する道を選んだ。

しかし、同じ年の11月にNATO(北大西洋条約機構)軍はヨーロッパで軍事演習「エイブル・アーチャー83」を計画、当初の予定では国防長官や統合参謀本部議長が参加し、核攻撃のシミュレーションも行われることになっていた。春に行われた艦隊演習や大韓航空機の領空侵犯を考え合わせると、このNATO軍の演習は実戦のカモフラージュだと思われても仕方がない。実際、この時にソ連は応戦の準備に入っている。

1991年12月にソ連が消滅、翌92年の2月にアメリカ国防総省では単独行動主義を宣言、世界制覇を目指したプランをDPG草案という形で作成している。これは3月にリークされて問題となり、書き直された。が、その思想が消えたわけではなかった。草案を作成した中心人物がポール・ウォルフォウィッツ国防次官だったことからウォルフォウィッツ・ドクトリンとも呼ばれている。

そのドクトリンが作成された3年後に「東アジア戦略報告(ナイ・レポート)」が発表され、日本もアメリカの戦争マシーンに組み込まれていく。そうした流れの中、1998年にアメリカでは金正日体制を倒し、朝鮮を消滅させて韓国が主導する新たな国を建設することを目的とした作戦、OPLAN(作戦計画) 5027-98が作られた。この年の8月、朝鮮は太平洋に向かって「ロケット」を発射、翌年の3月には海上自衛隊が能登半島の沖で「不審船」に対し、規定に違反して「海上警備行動」を実行している。

日本で「周辺事態法」が成立した1999年になると、金体制が崩壊、あるいは第2次朝鮮戦争が勃発した場合に備える目的でCONPLAN 5029が検討され始めた。2005年にOPLANへ格上げされたと言われている。このほか、朝鮮への核攻撃を想定したCONPLAN 8022も作られた。

その間、2003年3月にアメリカ軍はイラクを先制攻撃しているが、同じ頃に空母カール・ビンソンを含む艦隊が朝鮮半島の近くに派遣されている。さらに6機のF117が韓国に移動し、グアムには24機のB1爆撃機とB52爆撃機が待機、緊迫した状況になった。最近殺された金正男が国外へ脱出したのはこの頃だとされている。

2003年には開戦の可能性があったと言われているが、こうした動きを韓国の盧武鉉やアメリカ支配層の一部がブレーキをかけたと言われている。その盧大統領はスキャンダル攻勢にあい、2004年3月から5月にかけて大統領の権限が停止になり、08年2月には収賄容疑で辞任に追い込まれた。なお、2005年には「日米同盟:未来のための変革と再建」が署名されている。

2009年10月に朝鮮は韓国に対し、韓国軍の艦艇が1日に10回も領海を侵犯していると抗議する。11月には韓国海軍の艦艇と朝鮮の警備艇が交戦し、10年3月には、韓国と朝鮮で境界線の確定していない海域で韓国の哨戒艦「天安」が爆発して沈没した。2010年5月頃から韓国政府は朝鮮軍の攻撃で沈没したと主張し始め、11月に韓国軍は領海問題で揉めている地域において軍事演習を実施、朝鮮軍の大延坪島を砲撃につながる。

2010年11月にWikiLeaksが公表した2009年7月付けの文書によると、韓国の玄仁沢統一相はカート・キャンベル米国務次官(当時)と会談、朝鮮の金正日総書記の健康状態や後継者問題などについて説明している。

 金総書記の健康は徐々に悪化、余命はあと3年から5年だと低いとしたうえで、息子の金正恩への継承が急ピッチで進んでいると分析していた。確かに金総書記の健康状態は悪かったようで、2011年8月に死亡している。

この会談で玄統一相は朝鮮が11月に話し合いへ復帰すると見通していたのだが、実際は10月に韓国の艦艇が1日に10回も領海を侵犯、11月に両国は交戦、話し合いどころではなくなった。玄統一相の分析が正しいなら朝鮮が自ら軍事的な行動に出る可能性は小さく、同相もそうした流れを望んでいるように読めるのだが、そうした流れを止めるようなことを韓国軍はしている。

2011年夏、金正日は死亡する直前にシベリアでロシアのドミトリ・メドベージェフ首相らと会談し、朝鮮がロシアに負っている債務の90%(約100億ドル)を帳消しにし、10億ドルの投資をすることで合意した。15年の対ドイツ戦勝利70周年記念式典へ金正日が出席することも決まっていたが、その前に死亡、実現していない。なお、2014年にロシア議会はこの合意を承認した。

2011年の夏、朝鮮の経済を好転させることが期待できる大きな出来事があったことがわかる。つまり、朝鮮政府にとって軍事的な緊張を高めたくない状況だった。2012年にはリチャード・アーミテージやジョセフ・ナイの「日米同盟:アジア安定の定着」が発表されている。

2013年に朝鮮では大きな出来事があった。中国派の重鎮で金正日の妹である金敬姫の夫、張成沢が処刑されたのだ。その際、張の親族を含む周辺も粛清されたと言われ、金敬姫も毒殺されたと見られている。朝鮮に対する中国の影響力が大きく低下したことは間違いないだろう。裏では中国でもロシアでもない国が暗躍している可能性がある。






最終更新日  2017.04.19 12:07:50


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.