10167355 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

《櫻井ジャーナル》

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

サイド自由欄

バックナンバー

2017.05.31
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
このブログは読者の方々に支えられています。心苦しいのですが、ブログを存続させ、大手メディアが触れようとしない情報を発信するため、カンパ/寄付をお願い申し上げます。
このところ、深層国家(Deep State)という表現をよく目にするようになりました。国と呼ばれる仕組みではなく、人びとに知られないよう闇の中に存在している私的権力による支配システムです。かつて、安倍清張が『深層海流』という小説を書いていますが、これは日本とアメリカを結ぶ闇の支配システムをテーマにしていましたが、両者の概念は重なります。

ドナルド・トランプ大統領が離脱を宣言したTPP(環太平洋連携協定)に安倍晋三政権は執着していますが、その後ろには深層国家が存在しているのでしょう。TPPのISDS(投資家対国家紛争解決)条項は、巨大なカネ儲け集団と国の利害が対立した場合に正体不明の法律家が紛争を解決するというもので、その法律家はカネ儲け集団と密接な関係にある人びとになるはずです。

このTPPは英米法に基づいているので、この協定を導入すると大陸法を採用している日本の法律体系は根本的に変えざるを得なくなるそうです。似たことは共謀罪でも言えるようで、菅直人政権や安倍晋三政権はクーデターを行っているように見えます。

ISDS条項は私的権力(アメリカの巨大資本)に公的権力(各国の政府、議会、司法)を上回る力を与えることが目的であり、人びとが見慣れている国家を破壊し、深層国家を表の世界へ浮上させることが目的なのではないでしょうか?

核戦争を前提にして地下政府の設立が計画されたのは1958年のことでした。秘密政府の閣僚10名(省の数は9ですが、ひとり辞任したので10名になりました)が決められ、アイゼンハワー・テンとも呼ばれています。

第2次世界大戦で疲弊したソ連に新たな戦争を遂行する力はないと判断していたアメリカの好戦派はドワイト・アイゼンハワー政権時代、ソ連に対する先制核攻撃が計画されていたことが明らかになっています。自分たちには核兵器があり、その運搬手段である戦略爆撃機やICBMの数でも圧倒していると考え、一方的な勝利を手にできると信じていたようです。

テキサス大学のジェームズ・ガルブレイス教授(経済学者ジョン・ケネス・ガルブレイスの息子)によりますと、1961年7月、ケネディ大統領に対して軍や情報機関の幹部は先制核攻撃計画について説明し、63年の後半にソ連を核攻撃する準備が整うというスケジュールを示したようです。(James K. Galbraith, “Did the U.S. Military Plan a Nuclear First Strike for 1963?”, The American Prospect, September 21, 1994)

ロナルド・レーガン政権が始めたCOGプロジェクトはその延長線上にあり、1988年に出された大統領令12656で秘密政府の始動は核戦争から「国家安全保障上の緊急事態」に変更され、その緊急事態は2001年9月11日に引き起こされました。

盗聴法、秘密保護法、安保関連法、緊急事態条項、共謀罪、TPP、いずれも私的権力が世界を支配する仕組みを作ることが目的でしょう。この仕組みはファシズムにほかなりません。安倍政権は大手メディアの協力で日本にファシズム体制を導入しようとしています。

未来を切り開くためには事実を知ることが必要であり、本ブログがその一助になればと心から願っています。

櫻井 春彦


振込先
巣鴨信用金庫
店番号:002(大塚支店)
預金種目:普通
口座番号:0002105
口座名:櫻井春彦






最終更新日  2017.05.31 00:00:26


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.