15276728 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

《櫻井ジャーナル》

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

サイド自由欄

バックナンバー

2017.09.24
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
イラクのクルド勢力は9月25日に独立の是非を問う住民投票を強行するようだ。アメリカを後ろ盾とするクーデターによって憲法を無視して成立したウクライナのキエフ政権とは違い、イラクの現政権は合法的に成立している。イラクの住民投票は新たな戦争を始める切っ掛けになるかもしれない。その戦争でアメリカ軍とロシア軍が衝突する可能性を否定できない。

そのイラクで住民投票を強行する背景にはアメリカ、イスラエル、サウジアラビアの三国同盟が存在することは言うまでもないだろう。イラクのクルド勢力は冷戦時代からイスラエルの影響下にあり、住民投票の後にイスラエルは20万人ほどを移住させ、サウジアラビアは軍事基地を建設する意向をそれぞれ示している。





イスラエルの手先として動いてきたのはイラクのクルドだが、ここにきてシリアのクルドもアメリカの影響下に入り、シリア政府軍との本格的な戦争の準備中。武器/兵器をクルド勢力へ供給されている。すでにバラク・オバマ政権は特殊部隊をシリア北部にある7つの基地へ派遣、トルコ政府によると、アメリカはクルドが支配している地域に10カ所以上の軍事基地を建設済みだという。

イスラエルはこれまでもシリアを何度か空爆しているが、ここにきてダマスカスの空港を攻撃、その際にシリア軍の反撃で戦闘機が撃墜されたとも伝えられている。イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は頻繁にロシアを訪問してきたが、8月23日にはロシアのソチでウラジミル・プーチン露大統領に対し、シリアでイランの影響力が拡大していくならバシャール・アル・アサド大統領の官邸を爆破、大統領本人を殺害すると恫喝したが、ロシア側は相手にしなかったとされている。「脅して屈服させる」というイスラエルやアメリカの手口が通用していない。

アメリカなど三国同盟は2011年春からサラフィ主義者(ワッハーブ派、タクフィール主義者)やムスリム同胞団を中心とするアル・カイダ系武装集団やそこから派生したダーイッシュ(IS、ISIS、ISILとも表記)に攻撃させてきたが、2015年9月30日にシリア政府の要請で軍事介入したロシア軍によって叩きのめされてしまった。そこで三国同盟は侵略軍をクルド勢力へ切り替えたのだが、それに反発したトルコがアメリカと対立、NATO分裂の様相を呈している。

クルド系のSDF(シリア民主軍)はシリア政府軍のユーフラテス川渡河を妨害するためにダムから放水、ハマの北東部ではアメリカを後ろ盾とする武装勢力がシリア政府軍を攻撃して包囲、ロシアの空軍と特殊部隊が反撃するという出来事があった。この反撃でアメリカ側の戦闘員850名が死亡、多くの戦闘車両が破壊されたという情報は本ブログでも伝えた。

アメリカ軍とロシア軍が直接交戦する可能性が高まったわけで、両軍の幹部が中東で差しの話し合いをしたと伝えられている。ロシア外務省は両国の連携を訴えているが、手先のアル・カイダ系武装集団やダーイッシュが崩壊したイスラエルは戦乱を激化させようと必死のようだ。

1991年にアメリカの国防次官だったネオコンのポール・ウォルフォウィッツはイラク、シリア、イランを殲滅すると語ったとウェズリー・クラーク元欧州連合軍(現在のNATO作戦連合軍)最高司令官は2007年に語っている。(3月10月)その年の12月にソ連が消滅、ウォルフォウィッツは1992年2月に国防総省のDPG草案という形で世界制覇プランを作成、「ウォルフォウィッツ・ドクトリン」とも呼ばれている。

そのドクトリンはロシアが21世紀に入って再独立したことで破綻したのだが、ネオコンは強引に計画を進めている。そしてアフガニスタン、イラク、リビア、シリアを破壊したが、支配には成功していない。シリアでは手駒の傭兵が倒されてしまった。ネオコンやイスラエルは「追い詰められたネズミ」のような状態だ。

アメリカと朝鮮との茶番劇よりシリア情勢に注目する必要がある。安倍晋三政権もアメリカから何らかの情報を伝えられているか、あるいは命令を受けているかもしれない。






最終更新日  2017.09.24 03:15:29



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.