16966721 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

《櫻井ジャーナル》

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

サイド自由欄

バックナンバー

2018.09.18
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 ​ロシア軍の電子情報支援機Il-20が9月17日にシリアの海岸線から35キロメートルほど沖で撃墜された可能性​がある。ロシア軍のフメイミム空軍基地があるラタキアをイスラエル軍に所属する4機のF16が攻撃していることをIl-20は確認、ロシア国防省によると、その直後にフランス軍のフリーゲート艦がミサイルを発射、ロシア軍機の機影がレーダーから消えたという。

 アメリカ軍はシリア軍の防空ミサイルに打ち落とされたとしているが、飛行していた地点、シリア軍が使っているミサイルがロシア製であることなどから信憑性はかなり薄い。つまりフランス軍がロシア軍機を撃墜した可能性が高いと見られている。

 9月16日から17日にかけてトルコとイスラエルの特使がアラブ首長国連邦のアブ・ダビで秘密裏に会談したと伝えられているが、その一方で17日にはトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領とロシアのウラジミル・プーチン大統領がロシアのソチで会談している。

 






最終更新日  2018.09.18 15:58:27



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.