15781798 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

《櫻井ジャーナル》

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

サイド自由欄

バックナンバー

2019.01.22
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 トルーマン・カポーティという小説家の作品に『叶えられた祈り』というものがある。そこに登場するミス・セルフはある種のサービス業を営んでいるのだが、その仕事内容を説明する中で「客を脅迫したり、何か困らすようなことをしたら、とてもこわい報いが待っているわ。その報いって、ここをクビになるだけなんてなまやさしいものじゃないわよ。」(川本三郎訳、新潮文庫)と口にする。

 こうした業種は日本にもあり、仕組みも似たようなものだろう。そうした仕組みがあるので有力者も安心してサービスを受ける気になるはずだ。

 しかし、そうした世界へ足を踏み入れると弱みを握られることになる。その事実を忘れてはならない。犯罪組織だけでなく、情報機関がそうした業種に手を出している理由もそこにある。

 そうしたサービスが行われていることを知らずに会社へ入った人にとって、その仕事は不正行為にほかならない。告発に至り、間接的に客を困らせることもありえる。会社だけでなく、警察、検察、マスコミなどがもみ消しに失敗した場合、「とてもこわい報い」があるかもしれない。







最終更新日  2019.01.22 02:00:14



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.