15473443 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

《櫻井ジャーナル》

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

サイド自由欄

バックナンバー

2019.12.06
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 12月に入り、アメリカの無残な医療制度を取り上げた記事を目にした。(​ココ​や​ココ​)アメリカの医療制度が大きな問題を抱えていることは有名な話で、2007年に公開されたマイケル・ムーアのドキュメンタリー映画「SiCKO」でも描かれている。公教育と同じように、医療制度もアメリカでは破綻しているのだ。


 そうした中、バラク・オバマ政権が医療保険制度改革を打ち出すと、日本では「リベラル派」と見なされている「ジャーナリスト」はそれを褒めそやしていた。が、これは私企業の保険に加入することを国が罰金付きで強制した制度にすぎない。

 保険会社のカネ儲けにとっては改善かもしれないが、庶民にとっては改悪。医者にかかる必要のない健康な人や富裕層には問題が見えないかもしれないが、貧困層にとっては地獄。

 そのアメリカでは臓器の移植が進んでいる。広域暴力団の中で最大の山口組に属す​後藤組を率いていた後藤忠政(本名:忠正)が2000年から04年にかけてロサンゼルスにあるUCLAの医療センターで腎臓の移植手術を受けた​のもそのためだ。強大な犯罪組織の大物でも入国できるのがアメリカ。

 アメリカでは貧困層が血液や臓器を売っているようだが、密売も盛んなようだ。臓器密売は国際的なネットワークもあり、旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷で検察官を務めたカーラ・デル・ポンテの著作で(Chuck Sudetic, Carla Del Ponte, “La caccia: Io e i criminali di guerra,” Feltrinelli, 2008)、また​欧州評議会のPACE(議員会議)のメンバーだったディック・マーティの報告書​でも指摘されている。

 臓器移植の盛んな​イスラエルではパレスチナ人の「死体」から家族の承諾を得ずに臓器が取り出されている​。「新鮮な臓器」を調達するために殺しているという噂もある。こうした噂はアメリカでも流れているようだ。経済的に医療を受けられない人びとは富裕層にとって臓器ストックのようなものになりつつあるのかもしれない。

 世の中の出来事は全て神の予定に従って起こっているという教義を信じている人びとにとって、貧者の臓器を取り去って富者へ移植することも神の意志なのだろう。







最終更新日  2019.12.06 18:25:21



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.