15483037 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

《櫻井ジャーナル》

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

サイド自由欄

バックナンバー

2019.12.28
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 ロシア、中国、イランの海軍が12月27日から4日間の予定でインド洋とオマーン湾において軍事演習を始めたと伝えられている。

 イギリスやアメリカにはユーラシア大陸の周辺部分を支配して内陸部にプレッシャーをかけ、中国やロシアを制圧するという長期戦略がある。その戦略をロシア、中国、イランの3カ国は揺さぶっている。

 アメリカはインド洋から太平洋にかけての海域を一体として扱おうとしている。2018年5月に太平洋軍をインド・太平洋軍へ名称変更したのもその現れだろう。太平洋の拠点は日本、インド洋の拠点はインド、ふたつをつなぐ役割をインドネシアが担うという構図を描いているようだ。

 この戦略で重要な役割を果たしている拠点にディエゴ・ガルシア島がある。イギリスが不法占拠、それをアメリカが使っている島で、ICJ(国際司法裁判所)は同島を含むチャゴス諸島をモーリシャスへ返還するようにと勧告しているが、無視されてきた。

 軍事演習が始まった27日、安倍晋三政権は海上自衛隊の中東派遣を閣議決定したという。年明け後の2月に駆逐艦「たかなみ」を派遣するようだ。自衛隊がアメリカ軍の指揮下にあることを再確認させることになるだろう。







最終更新日  2019.12.28 05:13:21



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.