19995890 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

《櫻井ジャーナル》

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

サイド自由欄

バックナンバー

2021.07.08
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 日本における「COVID-19(2019年-コロナウイルス感染症)ワクチン」の接種数は6月20日頃をピークにして下降に転じていたが、週明け後、急回復したようだ。「ワクチン禍」が広がる。

 その「ワクチン」の多くはmRNA(メッセンジャーRNA)技術を使ったファイザー製とモデルナ製の製品で、​若者や子どもに心筋炎や心膜炎を引き起こすリスクを高める可能性​があるとアメリカのFDA(食品医薬品局)が6月25日に発表している。

 この問題が最初に指摘されたのは「ワクチン」接種で先行したイスラエル。今年4月、​十代の若者を含む人びとの間で心筋炎や心膜炎を引き起こす事例​が見つかり、「COVID-19ワクチン」との関係が疑われたのである。同じことがアメリカでも報告されている。

 イスラエルでは、​ファイザー製の「ワクチン」が⾎栓性⾎⼩板減少性紫斑病(TTP)と関係していると報告​されているが、それだけでなく、早い段階から血栓、出血、麻痺なども問題になっていた。コロナウイルスの表面にあるスパイク・タンパク質が血液循環システムの中へ侵入して傷つけると説明する研究者もいる。

 それだけでなく、「mRNAワクチン」で使われているLNP(脂質ナノ粒子)は人体に有害だが、投与されたLNPは肝臓、脾臓、副腎、そして卵巣に分布すると報告されている。LNPが卵巣に分布する量は微量なので心配しなくて大丈夫だとする議論もあるが、ごく微量であろうと、存在してはいけない物質が存在する。LNPが卵子に影響、不妊につながることは否定できない。

 イスラエルの事例から類推すると、心筋の炎症が日本で表面化してくるのは8月の終わりから9月の初めにかけての時期だろうが、それを日本の政府、自治体、「専門家」、マスコミなどCOVID-19騒動を仕掛け、「ワクチン」の接種を推進してきた人は認めないだろう。「第X波」に襲われた、あるいはオリンピックで「変異株」が持ち込まれたといった「もっともらしい説明」を準備していることだろう。そうした話を考えているなら、オリンピック期間中に「対策」を講じていたことにする必要があるだろう。

 「ワクチン」が深刻な副作用を引き起こし、少なからぬ人を殺していることは間違いないが、COVID-19でどの程度の人が死亡し、感染しているのかは明確でない。

 本ブログでも繰り返し書いてきたように、COVID-19で死亡したとされている人の大半は心臓病、高血圧、脳卒中、糖尿病、悪性腫瘍(癌)、肺疾患、肝臓や腎臓の病気を複数抱えている高齢者。CDC(疾病予防管理センター)は昨年4月、死亡した患者の症状がCOVID-19によるものだと考えて矛盾しないなら、死因をCOVID-19として良いとしていた。CDCでさえ、COVID-19以外に死因はないと言えるケースは全体の6%にすぎないとしている。

 現在、「感染者」とされているのは「PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)検査」の陽性者であり、無症状の人が8割とも9割とも言われているのだが、今年1月20日、​WHO(世界保健機構)はPCR検査を診断の補助手段だと表現​している。陽性者が感染者を意味しないのだが、それでも無症状者を感染者としてカウントするためには無意味でも結果が出てくるPCRを使うしかない。

 繰り返しになるが、PCR検査は特定の遺伝子配列を増幅する技術で、Ct(増幅サイクル)を増やしていけば、医学的に意味のないほど微量の遺伝子があるだけでも陽性になってしまう。しかもCtを増やせば間違いも増える。

 特定の遺伝子型を探し出すために適切なCt値は25から30、​多くても30から35​にするべきだと専門家の間では言われていたのだが、2020年3月に国立感染症研究所が出した「病原体検出マニュアル」を見ると、その値は40。日本では不適切なCt値が使われていたわけだ。

 しかも、PCRを開発、1993年にノーベル化学賞を受賞した​キャリー・マリスはこの技術をウイルスの検査に使ってはならないと語っていた​。PCRは特定の遺伝子型を試験管の中で増幅する技術であり、ウイルスそのものを見つけることはできないからだ。そもそも「SARS-CoV-2(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2)」の存在自体、証明されていない。

 それでもWHOが昨年12月、Ct値を高くしすぎてバックグラウンド・ノイズで陽性と判断しないように通告したことを受け、今年1月に日本の厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部が「医療機関・高齢者施設等における無症状者に対する検査方法について(要請)」の「別添2」にCt値を30~35にするよう書いている。

 COVID-19への恐怖心を煽り、「ワクチン」接種を推進している人びとは現在、「ワクチン禍」隠しの方法を検討していることだろう。







最終更新日  2021.07.08 10:23:35



© Rakuten Group, Inc.