2019.06.07

米英の支配システムを揺るがす中露の戦略的同盟

カテゴリ:カテゴリ未分類

 現在の世界情勢を象徴するふたつの出来事が6月上旬にあった。

 まず第1にドナルド・トランプ米大統領のイギリス訪問。エリザベス2世英女王の招待で6月3日から3日間滞在した。その中にはDデイ(ノルマンディー上陸の開始日)の記念日が含まれている。その正式名称はオーバーロード作戦。1944年6月6日に始まったのだ

 1941年6月、ドイツ軍の主力310万人は西部戦線へ90万人を残し、ソ連へ向かって進撃を開始する。バルバロッサ作戦だ。ドイツ軍の首脳は西部方面を防衛するために東へ向かう部隊に匹敵する数の将兵を配備するべきだと主張したが、アドルフ・ヒトラーがそれを退けたとされている。(David M. Glantz, The Soviet-German War 1941-1945,” Strom Thurmond Institute of Government and Public Affairs, Clemson University, October 11, 2001)

 東へ向かったドイツ軍の主力は1942年8月からスターリングラード(現在のボルゴグラード)に対する攻撃を開始するのだが、ソ連軍の反撃で手こずる。11月になるとソ連軍が猛反撃してドイツ軍は崩壊、生き残ったドイツ軍の将兵9万人余りは降伏した。主力が壊滅したドイツ軍の敗北はこの時点で決定的だ。

 その時点までアメリカやイギリスはドイツ軍によるソ連への侵攻作戦を傍観している。手薄になったドイツの西側を攻めることはなかった。両国が慌ててワシントンDCで会談するのはドイツ軍の敗北を見てから。1943年5月のことだ。

 そして同年7月にアメリカ軍とイギリス軍はシチリア島に上陸、9月にはイタリア本土を占領する。この段階でイタリアは無条件降伏したが、この作戦の際にアメリカはイタリアの犯罪組織マフィアと手を組んでいる。コミュニスト対策だった。ノルマンディー上陸はその翌年だ。つまりDデイはドイツ軍の主力が壊滅した後に実行された。

 スターリングラードでドイツ軍が降伏するとOSSの幹部だったアレン・ダレスたちはフランクリン・ルーズベルト大統領に無断でドイツ側の要人と接触を開始、1945年に入るとナチスの幹部を含むドイツの要人を救出するサンライズ作戦をダレスたちは始めた。

 1945年4月の反ファシストだったルーズベルト大統領が急死、5月にドイツは降伏する。その後、ローマ教皇庁の協力を得てラテン・アメリカへナチス幹部などを逃がすラット・ラインも作られた。その後、現在に至るまでアメリカ支配層とナチズムの信奉者は同盟関係にある。ノルマンディー上陸作戦でドイツ軍は負けたという話はハリウッドが作り上げた幻影にすぎない。

 ここで時間を現代に戻す。

 イギリスでトランプはテレサ・メイ首相とも会談、EUからの離脱を賞賛している。アメリカとの結びつきを強めようということなのだろう。この離脱をエリザベス2世も賛成していたと言われている。

 トランプがイギリスを訪問した直後、もう一つの出来事があった。6月5日に中国の習近平国家主席がロシアを訪問、ウラジミル・プーチン大統領らと会談しているのだ。その中で両国が戦略的な同盟関係にあることを確認、さらに​貿易の支払いや決済を両国の通貨で行うことで合意​したという。ドルとの決別を意味している。基軸通貨であるドルを発行する特権で世界を支配してきたアメリカに対する挑戦とも言える。

 すでにロシアは保有していたアメリカの財務省証券の大半を売却しているが、今後、中国がどう出るかは注意しておく必要があるだろう。現在、新たな買い増しはしていない。

 6月6日から7日にかけては​サンクトペテルブルクで国際経済フォーラム​が開催されているが、そこで中国は存在感を示している。アメリカによる中国に対する「制裁」でロシアは巨大な市場へ悠々と入れる環境が作られた。

 この後、中国とロシアを中心とするSCOの首脳会談がキルギス共和国で6月14日から15日にかけて開かれ、6月28日から29日にかけては大阪でG20首脳会議が開かれる。






TWITTER

最終更新日  2019.06.07 13:13:33