2808674 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

confuoco Dalnara

韓国映画とIMF

Ez!TV
「大ヒット連発!韓国映画の秘密」
を見て。
IMF、アジア経済危機(アジア通貨危機)が映画産業にとってcamphor、a shot in the arm
だったのかぁ、と感慨深い。
去年李憲宰氏の講演会で、その辺の因果関係を質問したかったけれど...
本筋から外れそうなのでおとなしくしていた。(^-^*) 
>>>>>>李憲宰氏の講演会
チャン・ドンゴンが話すように
国民に映画を愛する気持ちがあるから、というのは頷ける。
「ブラザーフッド」のあるシーンにエキストラで出た、という子や
ある映画に出資した(公募)という韓国の友人の話などを聞くと、そういう思いが強まってくる。
資源をもたない国だから
コンテンツや新しい価値観を
映画やドラマや音楽を通して海外に発信する、というのは
関連産業を活性化させるのにいい発想だと思う。
今年から中学校で映画の授業がはじまったと聞いていたが、
番組では授業の光景を垣間見ることが出来た。
Flashをおしえる番組では小学生がナビゲーターをしていると以前聞いたことがあるが、
小学生対象だったのだろうか...。儒教の国の伝統からいって教育が重視されている気がする。

でも、サムソンの株価が下がったのは(いつの時点のことかは言及されていなかったが)
映画産業のせいではなくて、
もともとの国内の景気低迷に加え、半導体景気の悪化の影響や、
系列会社(非上場)の赤字計上による連結決算での純益減少などの影響のほうが大きいのではないかと思う、専門外だが。
結合財務諸表って日本でいう連結財務諸表と同じで米国式かなぁ。
株主総会はいつも月初だからまだ一回も行かれたことがない。

Copyright (c) 2003-2007 Dalnara, confuoco. All rights reserved.


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.