2797372 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

confuoco Dalnara

朱雀

世界遺産 高句麗壁画古墳展へ。
花崗岩の上の塗料が
1600年近くを経てもこんなに美しく鮮やかに残っている。
特に朱のつかい方が素晴らしい。
多彩な絵具のない時代は
限られた色でも印象的な画を描き出す。

石室の天井の造形もよかった。
この時代の様式の特徴的なものなのかもしれないが
四角に菱形を重ねてせりあがって行く造りが静謐とした美しさ。

日月星宿図や牽牛織女が描かれたものは
当時の天文学がわかって興味深い。

青龍(東)、白虎(西)、朱雀(南)、玄武(北、亀と蛇)の
四神全てを見ていくのが楽しかった。
高松塚やキトラ古墳の四神図につながっていくという。

紀元前3、4世紀頃の古代中国の宇宙観から生まれた四神は
朝鮮半島に伝わり、日本に伝わる。
日本では朱雀が鳳凰に、そして鳳凰は鶴に、とかたちをかえながらも
吉兆の象徴としての意味は残った。
鶴になった朱雀は玄武の亀と結びついて、
やがてめでたさを象徴するようになる。

そういえば...京都の庭園で鶴と亀の登場する庭を見てきた、一枝坦という。 
朱雀が
黒い嘴に紅い玉をくわえている姿、映画で観た清朝という時代も思い出すが...
その象徴する意味を知りたい...。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.