000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

☆1日1問☆中小企業診断士

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Category

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Favorite Blog

一日一冊:読書日記… 本のソムリエさん
失敗?成功?教師辞… 教師辞めて上海【のむてつ】さん
夏夢の杜 evikunさん

Comments

名無し@ ちょいまち 何でもする。舐めてあげるし。入れてあげ…
age@ ちょいまち もっと欲しいにゃん♪(ノ゚Д゚)ノシ♪ http://gff…
乗らない騎手@ ちょっとは木馬隠せw あのー、三 角 木 馬が家にあるってどん…
もじゃもじゃ君@ 短小ち○こに興奮しすぎ(ワラ 優子ちゃんたら急に人気無い所で車を停め…
通な俺@ 愛 液ごちそうたまでしたw http://hiru.kamerock.net/nwf-zbc/ フ○…
2004.10.05
XML
カテゴリ:企業経営理論
【問題】
マーケティングは、最終消費者市場に向けて行われるだけではない。生産のため
の原材料や消耗品など生産財市場に向けて行われる部分もある。このような生産
財市場は消費財市場と比べてどのような特徴をもつか。次のうち最もよくみられる
特徴はどれか。
1.1回の購入量が少ない。
2.購入者の数が多い。
3.需要の価格弾力性が低い。
4.中間流通業者の数が多い。

(平成15年 第21問)
---------------------------------------------------------------
今日はプレゼンテーションについて。
みなさんは、大人数の前でプレゼンテーションを行ったことがありますか?
恐らく1度や2度はあると思います。私も数は少ないですが何度かあります。

プレゼンテーションはどうやるのか?コツは?どうすれば成功するのか?
というテーマについて色々な方が色々なことをおっしゃっていますね。

試しにgoogleで「プレゼンテーション」と検索してみてください。
サイドに表示されるスポンサーサイトがゴロゴロとあります。

では、どのようにすれば(どれを選択すれば)プレゼンテーションがうまくなるのか?

私はそのようなセミナーや教材は受けたことはありませんし、
買ったこともありませんので、どれが良いとは言えませんが、
あえて言わせていただくと受ける余裕(時間的・金銭的にも)がある方は、
本で読むよりも、セミナーなどを受けたほうが良いと思います。

そこで経験値を得ることができると思うからです。
本を読んだだけでは、やった気(知識)になるだけで経験はしていません。
結局プレゼンテーションは『慣れ』以外の何物でもないと思います。
いくら内容が良いものでも、そこにいる人たちに伝わらなければ、
意味がありません。
⇒伝えるためには状況に応じた表現が大事。
  ⇒状況を読むためには、周りが見えていることが大事。
    ⇒周りをみるためには落ち着いていることが大事。
ということで、(あくまでも私見ですが)周りの状況を読める程度に
クールでいられることが最も大事だと思います(緊張するのは仕方ない)。
で、やはりそれには経験することが一番の近道です。

私も今ではそこそこ大人数の前でも、落ち着いて話すことができるように
なりましたが、以前はひどいものでした。
何度落ち込んだか判りません。

そのときは、絶望感にも近いほど凹んでしまうのですが、
その失敗は、次の改善に非常に役立ちます。
本を読んで理解するということの比ではありません。
ですので、失敗自体はそんなに悪いものでもないと思います。

プレゼンテーションに限らず、最近ではビジネスでも一度失敗した人を評価する
動きが出てきているようです。
(シリコンバレーでは、以前からそういう考え方が一般的だそうです。)

「失敗を(正の方向に)評価する」ということは、ビジネス戦略を立てていく上でも
役に立つかも知れませんね。

では、本日の解答をどうぞ。
---------------------------------------------------------------
【解答】
3.需要の価格弾力性が低い。

<産業財とは>
消費財市場と対比して、産業財市場の特色は以下のようになる。
(1)売り手の企業と購買担当者間の密接な関係
(2)買い手は少数だが大規模
(3)専門知識を有した買い手
(4)低い需要の価格弾力性

したがって、3が正解となる。

その他の
1.1回の購入量が少ない。
2.購入者の数が多い。
4.中間流通業者の数が多い。
は、いずれも消費財市場の特徴である。

<産業財のセールスプロセス>
参考サイト⇒ http://www.sw.nec.co.jp/lecture/winner/09/
NECさんが提供している「IT square」というサイトです。
産業財のセールスプロセスに対比して、消費財のセールスプロセスも一緒に
読んでみると面白いかもしれません。
結構突っ込んだ内容になってて面白いです。
法人営業の経験がある方であれば、「そうだよなぁ」と思い当たる節が
出てくるでしょう。

以上
最後までお読み戴きありがとうございました。
明日もよろしくお願いします。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2004.10.05 14:32:20
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.