000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

継続は剛力なり~前田剛力のあなたの一日を豊かにするヒント

PR

Profile


前田剛力

Freepage List

2010.12.26
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今週のゲストは元モーニング娘の吉沢ひとみさんでした。
番組でもメインの話題になっていましたが、彼女はスポーツウーマンでサッカー、バスケット、バレーボールをやっており、最近はフットサルに熱中しているそうです。

彼女で記憶にあるのは、偶然見た「これができたら100万円」という番組でサッカーのボールを蹴って1から9の的を抜くというチャレンジを見事のクリアしたことでした。フリーキックのコントロールがよくなくては不可能ですから、感心しました。

どちらかというと短距離タイプだった吉沢さんは、長距離にもチャレンジを始めており、高橋直子さんのチームのサポートから始めてハーフマラソンを完走し、来年の東京マラソンにもエントリーしている、ということでした。

アイドルがマラソンで頑張る姿はテレビでもよく中継されており、今回もそのような狙いがあるのかもしれませんが、いずれにしてもきついもの、頑張ってください。

今日の演目は年末ということで、八代目三笑亭可楽師匠の「尻餅」でした。大晦日の借金取りを何とか誤魔化した夫婦が、ご近所への見栄もあって餅を付いているように見せかけるという噺です。
・「尻餅」http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/62757/60017/2601776

可楽師匠の熱演を聴いて吉沢さんは、全く分からないと一言、志の輔師匠は日本が貧しかった時代のことだから分からなくても当然かも、とフォローしていましたが、基本的に国語能力と想像力が不足しているのでしょう。

ただ志の輔師匠を「うまいな」と思ったのは、この話のおかしさは人間が誰しも持っている見栄を笑うというところで、現代でもI-Podを手に入れられない子がヘッドフォンだけして、持っている振りをするようなもの、と説明したところ。

落語は現代にも通じる、人間の弱さ、おかしさを見せてくれるものであるということ、登場人物を笑った後で、自分も同じではないかと省みることができる絶好の人間学の教材かもしれません。

この「尻餅」ですが、僕は以前、三遊亭円生一門の落語会で三遊亭圓窓さんの熱演を見たことがあります。本当にお餅を搗いているような亭主の熱気とおかみさんのお尻が真っ赤になっていく様子が目に浮かんで感動しました。

ではまた来週。







Last updated  2010.12.26 16:15:00
コメント(0) | コメントを書く


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

sanfg@ Re:文化の日は明治節(11/03) ゲンソウダイス ライター 虚偽 唐沢貴洋 …
剛力@ Re:NHKラヂオ深夜(10/31) くさなぎさん 情報ありがとうございま…
くさなぎ@ NHKラヂオ深夜 ラヂオ深夜便に落語の時間があり、五十年…
前田剛力@ Re:都市対抗野球(08/28) くさなぎさん お久しぶりです。 番組に…
くさなぎ@ 都市対抗野球 番組の内容ではありませんが、前田さんの…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.