000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

継続は剛力なり~前田剛力のあなたの一日を豊かにするヒント

PR

全666件 (666件中 611-620件目)

< 1 ... 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 >

カテゴリ未分類

2006.05.28
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
■■◇◇◇◇ 前田剛力メールマガジン ◇◇◇◇■■
       ◇                ◇
       ◇                ◇
■■◇◇◇◇2006/05/29(143号) ◇◇◇■■

  あなたの一日を豊かにするヒントを竹村さんから

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ちょっと一言~前田剛力です
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

○この土、日曜日は天気が悪くて予定されていた町内
 の一斉清掃が延期になりました。ご近所が集合して
 公園の清掃をする計画でしたが、これもお流れです。

○我が家が越してきた頃、50世帯くらいだった町内が
 今では250世帯を超えて知らない顔も増えています。
 そんなわけで町内会も何とか交流の場を作ろうと工夫
 しているようで、一斉清掃もその機会になるところ
 でしたが残念。
 
○我が家では僕が会社から持ち帰った夏風邪?が
 家族全員にうつって、不調の一週間でした。
 おまけに先週時点で完成していたツバメの巣が
 カラスの襲撃で壊滅するという事件もありました。
 (編集後記に続く)

○さて、今朝は寝過ごしてしまい、おまけに録音が途中
 からだったので中途半端なものになりました。
 ご容赦を。
 その代わり、昨夜遅くまで読んでいた面白い対談集
 を紹介します。

○これは先週のNHKラジオの「ものしり英語塾」
 (馬越恵美子さん)にゲストで登場した松本さんを
 ネットで検索して見つけた「イーウーマン」の佐々木
 かをりさんの対談です。
 もちろん松本郁子さんとの対談も面白かったのですが、
 そこには何と75名ものユニークな方との対談が収録
 されていました。

・佐々木かをりのwin-win」http://www.ewoman.co.jp/winwin/

○僕は木村佳子さん(株式評論家?実践家。何冊か
 本を読んだことがあります。カレンダー投資法という
 のが面白かった)、
 杉田敏さん(言わずと知れた、NHK英語講座「やさしい
 ビジネス英語」の大講師、僕も毎朝聴いています。
 「やさしくないビジネス英語」というほうが適切なタイトル
 という声も)との対談を楽しみましたが、ほかにも
 あらゆるジャンルの方が登場していて勉強になりそうです。
・マネックス証券の松本さんや百ます計算で有名な蔭山
 先生なども登場しています。

○さて、今週のゲストは産経新聞外信部記者松尾理也
 (みちや)さん、 「ルート66をゆく アメリカの『保守』を
 訪ねて」の著者です。
 (番組最後に出たお名前と今日のテーマから検索しました)

○前田剛力の初作品集「一夫多彩」も好評発売中。
 http://www.boon-gate.com/
 ボーダフォンのHPからケータイマガジンyubioの
 土曜の本屋さんで「一緒に住もう」もお楽しみください。






Last updated  2006.05.28 17:24:25
コメント(0) | コメントを書く


2006.05.22
カテゴリ:カテゴリ未分類
■■◇◇◇◇ 前田剛力メールマガジン ◇◇◇◇■■
       ◇                ◇
       ◇                ◇
■■◇◇◇◇2006/05/23(142号) ◇◇◇■■

  あなたの一日を豊かにするヒントを竹村さんから

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ちょっと一言~前田剛力です
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

○先週の土曜日にHPで「チルソクの夏」という映画のこと
 を紹介しました。
 実は、もっとマイナーな映画かと思っていましたが、
 出演者として、高樹澪、夏木マリ、山本譲二それにイルカ
 もワンカットなどなど、なかなかオールドファンにも楽しめ
 ました。
 HPもばっちりあって、これをみていただければ、分かり
 ますね。
http://eee.eplus.co.jp/ss/cinema/s/chirusoku/

○テーマは日韓の若者が陸上競技を通じて知り合って、
 恋する?というものでしたが、いろいろあって難しいところ
 をズバッと割り切って大人はお互い日本人嫌い、朝鮮人嫌い
 なのに、若者達は全くの偏見なしとしているのはちょっと違う
 かな(1978年当時ですからなおさら)と思いましたが、
 4人の女子高生の青春ドラマと割り切ってみればなかなか
 楽しいです。
 僕達の青春時代でもあって、バックに流れる曲も僕達の心
 に一番ヒットするのでは、と思いました。
 なごり雪、ピンクレディ、津軽海峡冬景色、横須賀ストーリィ
 などなど。

○主人公の父親(山本譲二)が流し(もう、今では死語ですね)
 でスナックに歌いに行って客から「カラオケをやるので
 歌わんでいい」と言われるシーンはまさにカラオケの誕生期
 に立ち会った僕達の同時代記だ、と思いました。

○今日はNHK前ワシントン支局長で現在は外交
 ジャーナリストの手嶋龍一さんの続きです。

・「ウルトラダラー」http://www.bk1.co.jp/product/2651090

○前田剛力の初作品集「一夫多彩」も好評発売中。
 http://www.boon-gate.com/
 ボーダフォンのHPからケータイマガジンyubioの土曜の
 本屋さんで 「一緒に住もう」もお楽しみください。






Last updated  2006.05.22 23:14:14
コメント(0) | コメントを書く
2006.05.21
カテゴリ:カテゴリ未分類
■■◇◇◇◇ 前田剛力メールマガジン ◇◇◇◇■■
       ◇                ◇
       ◇                ◇
■■◇◇◇◇2006/05/22(141号) ◇◇◇■■

  あなたの一日を豊かにするヒントを竹村さんから

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ちょっと一言~前田剛力です
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

○先週、竹村さんのHPを調べるためにグーグルで
 「竹村健一、HP」と入れて検索しました。するとビックリ、
 何と僕のメルマガが1ページ目に登場したのです。
 感動しました。
 どういう仕組みでグーグルの検索エンジンが働くのかは
 しりませんが、何万とある項目の中でトップテンに入る
 とは嬉しいです。
 きっと、コツコツ1年半、書き続けたからではないでしょうか。
 よろしかったら、検索してみてください。
 
○今日のゲストはNHK前ワシントン支局長で現在は
 外交ジャーナリストの手嶋龍一さん、最近出版されて
 話題になった「ウルトラダラー」の著者として登場です。
 手嶋さんと言えば2001.9.11で貿易センタービルの
 映像をバックに放送を続けられた姿が目に浮かびます。

○竹村さんも「特派員」と言っても普通は名前は
 浮かばないが、この人は毎日新聞の大森実さん以来
 のジャーナリストだ、と評価しました。

○今回の登場は著作の宣伝が主目的なのでしょうが、
 いろいろな裏話も出て結構面白かったです。
 ほかにもいろいろな話が手嶋さんのHPに詳しく掲載
 されていましたので、あとからそちらも覗いてみて
 いただけたら、と思います。

・「ウルトラダラー」http://www.bk1.co.jp/product/2651090

○前田剛力の初作品集「一夫多彩」も好評発売中。
 http://www.boon-gate.com/
 ボーダフォンのHPからケータイマガジンyubioの
 土曜の本屋さんで
 「一緒に住もう」もお楽しみください。






Last updated  2006.05.21 17:12:19
コメント(0) | コメントを書く
2006.05.19
カテゴリ:カテゴリ未分類
メルマガ配信時以外でHPにアップするのは久しぶりです。

僕の故郷は下関市長府ですが、ここを舞台にした映画が
あります。

下関3部作    佐々部監督

「チルソクの夏」 :下関を舞台とした日本版ウェストサイド物語
「4日間の奇跡」 :角島を舞台に同名小説の映画化
「カーテンコール」:下関の映画館で働いていた在日関係の話

僕は観たことはありませんでしたが、母は市内で上映
されたものを見に行き、監督が登場して話をしてくれた
という事を聞いていました。

ところが後日、偶然にもこの佐々部監督が弟の高校の
同級生と分かり、弟がメールを入れたそうです。
すると返事が入り(5/14)、これまた全くの偶然ですが
この土曜日にNHK衛星第二で21時から
「チルソクの夏」が放送されると知らせてきたそうです。

内容はよく分かりませんが、故郷が映るということで
楽しみにしています。
本州の西の果ての下関ですが、なかなかいいところです。
是非、お暇な方は観ていただければとご紹介しました。

ではまた日曜日、竹村さんのメルマガで。






Last updated  2006.05.19 22:49:02
コメント(0) | コメントを書く
2006.05.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
■■◇◇◇◇ 前田剛力メールマガジン ◇◇◇◇■■
       ◇                ◇
       ◇                ◇
■■◇◇◇◇2006/05/16(140号) ◇◇◇■■

   あなたの一日を豊かにするヒントを竹村さんから

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ちょっと一言~前田剛力です
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

○今、読んでいるのは「スクリーンの中の戦争」(坂本
 多加雄さん)です。
 「パールハーバー」、「トラトラトラ」と「太陽の帝国」
 まで進みましたがなかなか興味深いですね。

○「パールハーバー」は最初から見ようとも思いません
 でしたが、安手のラブストーリィに背景として当時
 流行っていた戦争ものとして真珠湾攻撃をからめた
 だけで歴史考証も甘いステレオタイプであった、との
 ことです。

○問題はその、アメリカでもヒットしなかった作品が
 日本でそこそこのヒットを飛ばし、若者達を中心に
 感動した=その情景を刷り込まれたということだと
 著者はいいます。
 何の歴史知識も持たずに観ればそうなるのでしょうね。
 残念です。

○一方、スピルバーグの「太陽の帝国」はかなりしっかり
 した作品のようです。
 日本であまり宣伝しなかったからなのか、この「帝国」
 が日本のことだとは本を読むまで僕は知りませんでした。
 今度、ビデオで見てみたいと思いました。
 
○今日は昨日の続き、渡部さん、日下さんとの鼎談です。
 三人は日本人全員が英語を同じように学ぶ必要は
 ない、と言います。最低限の会話だけできるようになれば
 いい大部分の人と英語で正確な文章が書け、議論が
 出来る1%のエリート、知識者の教育に分けて考える
 べきとの話は差別と言われるかもしれませんが、現実的
 なものと思いました。
 
○詳細は本文でどうぞ。

○前田剛力の初作品集「一夫多彩」も好評発売中。
 http://www.boon-gate.com/
 ボーダフォンのHPからケータイマガジンyubioの
 土曜の本屋さんで 「一緒に住もう」もお楽しみください。






Last updated  2006.05.15 22:03:13
コメント(0) | コメントを書く
2006.05.14
カテゴリ:カテゴリ未分類
■■◇◇◇◇ 前田剛力メールマガジン ◇◇◇◇■■
       ◇                ◇
       ◇                ◇
■■◇◇◇◇2006/05/15(139号) ◇◇■■■

  あなたの一日を豊かにするヒントを竹村さんから

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ちょっと一言~前田剛力です
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

○このところ天気が悪くて気温も上がらず、我が家では
 まだコタツで暖を取るという状態です。このまま梅雨に
 入ってしまうのでしょうか。

○ひょっとして息子に鯉のぼりを出さなかったので、
 五月晴れも訪れなかったということかもしれません。

○先週紹介した本などをずっと読んでいますが、読み
 終わった中では「江戸人物科学史」(金子務さん)が
 面白かったですね。
 かつての「江戸は農民が苦しめられていた暗黒時代」
 という歴史感はもはや過去のものとは思いますが、
 それにしても鎖国の中でいかに多くの人が武士、町人、
 農民にかかわらず勉強して西洋に近づいていたか、
 その長い歴史があって初めて明治維新後の驚異的な
 発展があるのだとつくづく分かります。

○さて振り返って今は、となるとかなり不安ですが、この
 学問に対する態度の変化は何なのでしょうか?
 何事も自由に与えられるより、制限されるほうがかえって
 意欲をかきたてられる、禁じられた恋のようなものかも
 しれません。
 
○今日は先々週に続いて渡部さん、日下さんとの鼎談
 です。番組の収録としては先々週分と同時にやって、
 間に先週の竹村さんの新しい教育の試み紹介(学校紹介)
 を入れ、それと関連付けて今回の放送になったのでは
 ないでしょうか。

○三人それぞれが英語を自在に操る国際的な知識人
 として、なかなか興味深い話がありました。英語の専門家
 である渡部昇一さんのお話はたまたま先日、本屋で
 立ち読みした月刊誌「WILL」に掲載されていた内容と同じ
 でしたので(当然のことですが)よくわかりました。

http://web-will.jp/ 「亡国の始まり 英語教育」渡部昇一

○我が家でも息子に英会話をやらせていますが、さてこの
 先生達の考えに合致しているでしょうか、というところで
 始まります。

○前田剛力の初作品集「一夫多彩」も好評発売中。
 HPで紹介されています。
 http://www.boon-gate.com/
 ボーダフォンのHPからケータイマガジンyubioの土曜の
 本屋さんで「一緒に住もう」もお楽しみください。






Last updated  2006.05.14 22:40:34
コメント(0) | コメントを書く
2006.05.07
カテゴリ:カテゴリ未分類
■■◇◇◇◇ 前田剛力メールマガジン ◇◇◇◇■■
       ◇                ◇
       ◇                ◇
■■◇◇◇◇2006/05/08(138号) ◇◇◇■■

 あなたの一日を豊かにするヒントを竹村さんから

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ちょっと一言~前田剛力です
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

○今日は連休最後の日です。いかがお過ごしでしょうか。
 あいにくの天気で僕は一日、家で大人しくしていました。

○昨日、図書館に行って当分読むのに困らないほど本
を借りてきたので、しばらくは読書で楽しめます。
 (著者敬称略)

江戸人物科学史      金子務
国家の自縛        佐藤優
スクリーンの中の戦争   坂本多加雄
円が動く 日本が目覚める 日下公人・町田・竹内
地中海歴史回廊      牟田口義郎
盛衰の岐路        長谷川慶太郎・渡部昇一
史実を歩く        吉村昭
凛の国          前野徹

 等々。自分でも乱読だと思います。

○今日は竹村さんのお話で、国際人、地球人(地球
 規模で考え行動できる人間、ということでしょう)の
 育成を目指す学校についてでした。

○最近、子供を世界で通用する子に育てたいと考える
 親が増えてきました。
 そのために東大など日本の一流大学を目指すのでは
 なくて、世界の一流大学を目指すという流れができて
 います。

○そうした中で竹村さんは「AIC(オークランド・インター
 ナショナル・カレッジ)」について紹介しました。

○前田剛力の初作品集「一夫多彩」も好評発売中。
 http://www.boon-gate.com/
 ボーダフォンのHPからケータイマガジンyubioの
 土曜の本屋さんで「一緒に住もう」もお楽しみください。






Last updated  2006.05.07 15:15:30
コメント(0) | コメントを書く
2006.05.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
◆◆ 継続は剛力なり~
   あなたの一日を豊かにするアイデアとSS◆◆

                (2006/05/06配信)116号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ちょっと一言
──────────────────────

○おはようございます。連休もそろそろ終わりですが、
 いかがお過ごしでしょうか。突然ですが、116号を
 お届けします。

○連休は前半帰省して同窓会参加、後半は家族
 サービスで東京にミュージカル「アニー」を観に
 いきました。
 とても楽しくて家族は大喜びでしたが、ルーズベルト
 大統領登場シーンでは太平洋戦争に向けた日米
 交渉のことなど考えてしまい(舞台では当然ですが、
 ドイツのことしかいいません)複雑な気持ちでした。 

○アイデアは直近の6584~6585です。このところ
 ペースは落ちていますが、コツコツ続いています。

○作品は最近、力を集中しているケータイマガジン用
 に書いたものの一つです。完成度には自信あります
 が、携帯電話で配信する作品として適切かどうか、
 難しいところですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今日のアイデア
──────────────────────

6584.冬眠(H18.5.5-
・これも「最果ての銀河船団」から。全く同じアイデアが
 書かれてあるが、SSとして地球の問題として書けそう。
・銀河旅行をしてきた船団が太陽系周辺で事故を起こ
 して帰還不能となる。帰るための機材を作るためにも
 原住民の文明発展が不可欠。
 そのために月の裏側でじっと人類の進化を待つ。
・そして、僕たちが本当に宇宙に乗り出すことが出来る
 ようになったとき初めて冬眠から覚めて地上にやって
 くる、というもの。もっとも時々は人類を助けて進化
 させていた、としてもいい。

6585.黄土列島(H18.5.5-
・こどもの日、8時に起床して英語を聴きながら歩く。
 暖かいが風が強くて砂塵が舞っている。今年は特に
 中国からの黄砂がひどいから九州は大変だろうな、
 と思いながら発展する。
・日本に飛来する黄砂がドンドンひどくなり北九州に
 積もってしまう。新たなる黄土平原の出現、というほど。
 その中には有毒物質も含まれ居住不可能となり、
 九州の人々は東日本に避難する。
・そこに中国から移住者が訪れ、中国の領土であると
 宣言、ドンドン占有面積を広げていく。日本は黄土
 平原によって分断される。
 東シナ海も流れ出た黄土、降下した黄土で黄色の海
 に変わる。
・さてどのように展開させるか。






Last updated  2006.05.06 00:37:59
コメント(0) | コメントを書く
2006.05.02
カテゴリ:カテゴリ未分類
■■◇◇◇◇ 前田剛力メールマガジン ◇◇◇◇■■
       ◇                ◇
       ◇                ◇
■■◇◇◇◇2006/05/03(137号) ◇◇◇■■

 あなたの一日を豊かにするヒントを竹村さんから

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ちょっと一言~前田剛力です
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

○今日は連休の谷間の平日ですが、皆さん、いかが
 お過ごしだったでしょうか。
 僕は出勤して溜まった書類の整理、連休後のテスト
 の打ち合わせなど、ボチボチでした。

○連休後半は家族サービスで東京までお登りさん
 してミュージカル「アニー」を見る予定です。
 先日、前宣伝なのか、今年の出演者オーディションの
 様子が放送されましたが、本当にみんな真剣、
 一生懸命ですね。
 無気力な子が多くいる一方でこんな風に頑張って
 いる子もいる、夢がつながります。

○さて、今回は昨日の続きです。今流行の言葉
 「コンプライアンス」を日下さんがどんな風に料理
 するのか、お楽しみください。

○前田剛力の初作品集「一夫多彩」も好評発売中。
 http://www.boon-gate.com/
 ボーダフォンのHPからケータイマガジンyubioの
 土曜の本屋さんで「一緒に住もう」もお楽しみください。






Last updated  2006.05.02 21:39:15
コメント(0) | コメントを書く
2006.04.23
カテゴリ:カテゴリ未分類
■■◇◇◇◇ 前田剛力メールマガジン ◇◇◇◇■■
       ◇                ◇
       ◇                ◇
■■◇◇◇◇2006/04/24(135号) ◇◇◇■■

  あなたの一日を豊かにするヒントを竹村さんから

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ちょっと一言~前田剛力です
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

○今日はあいにくの曇りでしたが息子の参観日、昼から
 夫婦で出かけました。
 最終学年ということで、ヤレヤレとホッとする反面、
 これで終わりか、と寂しく思う気持ちも湧いてきます。
 
○今回は国語の授業で「詩」を読みましたが、その一つ
 は全てひらがなで「いちめんのなのはな」が24回も
 繰り返される「風景 純銀もざいく」という明治の詩人 
 山村暮鳥の作品だったのには驚きました。
 確かに詩の鑑賞も情操教育として大切でしょうが、
 6年生になって、全てひらがなの詩はないだろう、と
 思いました。
 「風景 純銀もざいく」
http://www.ss.iij4u.or.jp/~nihnbuna/poem/p-fuukei.htm

○帰ってネットで調べてみると1998年に小学3年生の
 授業でこの詩をやっているのを見つけました。
 8年間で3学年、レベルダウンが起こっているということ
 でしょうか。
 もっとも、教え方によってはかなり奥深いところまで
 考えることは出来そうですが、それより何より、まずは
 漢字の含まれる文章をしっかり読んで意味をとらえ
 られるように教育して欲しい、と思いました。

○今朝はアンチエージング治療を行う銀座オクト
 クリニックの伊藤壱裕さんでした。
 「アンチエージング」という言葉は僕など女性のしわ取り
 で聞く用語ですが、本来は幅広く高齢者向けに人生を
 最後まで快適に過ごすための新しい治療の一分野、
 ということで紹介されました。

○しかし番組ではそれほど本質に立ち入らず、日本が
 この分野でいかにアメリカから遅れているか、アメリカ
 並みにアンチエージングをやるべきだ、そのためには
 サプリメントをドンドン取るほうがいい、などであまり
 素直には頷けませんでした。

○何となく番組全体が伊藤さんのクリニックの宣伝だった
 ような気もします。
 このメルマガでは極力単一企業の宣伝に陥らぬよう、
 今日の話の中から一般的な知識部分を抜き出した
 つもりです。

○アンチエージングの実際についてもっと情報が欲し
 ければ、サイト(実にたくさんありました)で調べて
 ください。伊藤さんについて
 サイトで確認しましたが、これは単にクリニックの紹介
 になるので掲載はやめました。
 「銀座オクトクリニック」で検索すればすぐ出てきます。

○先日紹介しました、ボーダフォンのケータイマガジン
 「yubio」の土曜の本屋で僕の第2作「今どきの女子
 高生は」が採用されました。
 (4月15日配信)
 この調子で多くの人に作品を読んでもらえるよう、
 頑張っていきたいと思いますので、応援よろしく。

○前田剛力の初作品集「一夫多彩」も好評発売中。
 http://www.boon-gate.com/






Last updated  2006.04.23 17:17:57
コメント(0) | コメントを書く

全666件 (666件中 611-620件目)

< 1 ... 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.