000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

継続は剛力なり~前田剛力のあなたの一日を豊かにするヒント

PR

全666件 (666件中 631-640件目)

< 1 ... 59 60 61 62 63 64 65 66 67 >

カテゴリ未分類

2006.03.05
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
■■◇◇◇◇ 前田剛力メールマガジン ◇◇◇◇■■
       ◇                ◇
       ◇                ◇
■■◇◇◇◇2006/03/06(124号) ◇◇◇■■

  あなたの一日を豊かにするヒントを竹村さんから

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ちょっと一言~前田剛力です
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

○先週もトリノオリンピックのことを書きましたが、ネット
 では荒川静香選手の金メダル授賞式のあとの日の丸
 を掲げたウィニングランがNHKでカットされた、という
 様な話題が賑やかでした。
 いろいろ事情はあるようですが、平均的日本人には
 感動的なシーンではないでしょうか。改めてでも流して
 欲しいものです。

○全然違う話ですが、今日の新聞にソフトバンクが
 ボーダフォン(日本)を買収するとのニュースがあり
 ました。ブロードバンド、固定電話そして携帯電話を
 手中に収め、いよいよ本物になりつつあります。
 僕もずっとソフトバンクのホルダーとして応援して
 きましたが、これで株が上昇するのでは、と期待して
 います。

○今朝のゲストは数多くのヒットデザインを手がる
 コンセプターで 「デザインのたくらみ」という本を
 書かれた坂井直樹さん、と紹介されました。
 コンセプターという職業?も初めて聞きましたが、
 とにかくエネルギッシュで軽快な坂井さんのトークに
 魅了されました。

○前田剛力の初作品集「一夫多彩」も好評発売中。
 http://www.boon-gate.com/
 からスペシャルバックナンバー117をクリックしてください。
 インタビューーも含めてお楽しみください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃本日のゲスト  坂井 直樹(さかい なおき)さん
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

坂井直樹(さかい なおき)
1947年、京都市生まれ。コンセプター。ウォーター
グループ代表。京都市立芸術大学デザイン科入学後、
渡米。サンフランシスコでTattoo Companyを設立。
TattooT-shirt(刺青プリントTシャツ)を売り、大当たり
する。73年、帰国後に株式会社ウォータースタジオを
設立。
その後日産「Be-1」オリンパス「O-Product」などを
世に送りだし、一躍時代の寵児となる。
最新プロジェクトとしては、au design projectにおいて
携帯電話のコンセプトモデル「MACHINA」「HEXAGON」
を発表。

http://www.creatorslounge.com/interview/017.html

デザインのたくらみ http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31637583






Last updated  2006.03.05 20:58:23
コメント(0) | コメントを書く


2006.02.26
カテゴリ:カテゴリ未分類
■■◇◇◇◇ 前田剛力メールマガジン ◇◇◇◇■■
       ◇                ◇
       ◇                ◇
■■◇◇◇◇2006/02/27(123号) ◇◇◇■■

  あなたの一日を豊かにするヒントを竹村さんから

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ちょっと一言~前田剛力です
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

○トリノオリンピック、カーリングは惜しいところで4強
 入りを逃しましたが最後の最後で荒川静香選手が
 やってくれました。
 これまでの日本人は最後で一発逆転を狙い自滅、
 というパターンが多い中、さりげなく上位につけて、
 ミスなしに勝ちきるという冷静な判断。また、回転など
 派手なわざで見せるのではなく、美しさを再認識
 させてくれたのにも感心しました。
 とにかくおめでとう。ありがとう。

○先週から遂に花粉症発症、今年はなかなか出な
 かったので回復したかなとも淡い期待を持って
 いましたが、残念。鼻水、涙おまけに頭がボーっと
 して週の後半は絶不調。
 しかも今朝(26日)からこれに頭痛が加わって最悪
 でした。おかげで朝は歩けませんでした。
 何とか8時に起き出して、録音していた竹村さんを
 聴いたのは昼過ぎでした。
 そんなわけで今週は少し簡単に書かせてもらいました。

○今週のゲストは「団塊諸君 山もいいぞ」の著者で、
 治(はる)コンサルタント代表の大野剛義さんです。
 お話は団塊の世代に対して送るエール、やがて来る
 リタイア後もただ家に座ってチビチビお酒を飲んで
 いるのではなくて、外へ出て何かをやろう、そこには
 喜びも生きがいも幸せも全部ある、そしてそれには
 たいそうな準備も要らない、一歩踏み出す勇気が
 あればいい、というものでした。 

「団塊諸君 山もいいぞ」夢と勇気とサムマネー
http://www.nikkei-bookdirect.com/bookdirect/item.php?did=16548

○前田剛力の初作品集「一夫多彩」も好評発売中。
 http://www.boon-gate.com/
 からスペシャルバックナンバー117をクリックして
 ください。
 インタビューーも含めてお楽しみください。






Last updated  2006.02.26 19:19:27
コメント(0) | コメントを書く
2006.02.25
カテゴリ:カテゴリ未分類
◆◆ 継続は剛力なり~
あなたの一日を豊かにするアイデアとSS◆◆

               (2006/02/26配信)111号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ちょっと一言
─────────────────────

○おはようございます。一ヶ月ぶりの111号を
お届けします。

○今日(25日)は女房の誕生日です。元気にウン歳
 を迎えましたが、これからも変わらず、仲良く、
 楽しく歩んで生きたいと思います。
 今回は誕生プレゼントのつもりで豪華な?自信作
 をお送りしました。皆さんも堪能ください。
 
○ホリエモンについてはほとんどお仕舞いですね。
 残念ですが。
 でも何度も繰り返しますが、これで日本にいいこと
 があるのでしょうか。
 跳ね上がり者達へのお仕置き、警告にはなった
 でしょうが、一人の国際金融戦争の戦士を葬った
 ことになるのでは。
 環太平洋にリゾート帝国を築きつつあった高橋さん
 がバブル崩壊で悪者にされて転落したのと同じ
 かもしれません。
○今は立派な大会社となっている多くのベンチャー
 ビジネスにおいてもより早く成長するためには、
 このようなギリギリの場はあったのではない
 でしょうか。

○今日のアイデアは昨日まで読んでいた
 「敗戦の教訓 太平洋戦争から何を学ぶか」から
 浮かんだものです。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/43xxx-xxx-xxxxx
 正直言って、今の日本の指導者は何も学んで
 いないと思います。
 このままでは第二、第三の敗戦があるのでは、
 それが怖いです。
○アイデアは6353~6355まで。






Last updated  2006.02.26 00:37:29
コメント(0) | コメントを書く
2006.02.20
カテゴリ:カテゴリ未分類
■■◇◇◇◇ 前田剛力メールマガジン ◇◇◇◇■■
       ◇                ◇
       ◇                ◇
■■◇◇◇◇2006/02/20(121号) ◇◇◇■■

  あなたの一日を豊かにするヒントを竹村さんから

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ちょっと一言~前田剛力です
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

○今日(20日)までが期限だった用事も、金曜日まで
に無事に終わって週末はゆっくり出来ました。

○このところ暖かくなったり、また寒くなったり天候の
 変わり方が激しいですが、どうやら春もすぐそこまで
 やってきているようです。
 今年の冬は、特に雪が多かったのが特徴ですが、
 おかげで今年は花粉が少ないとか。うれしいですね。
 僕もまだ発症していません。

○前田剛力の初作品集「一夫多彩」、好評発売中。
 http://www.boon-gate.com/
 からスペシャルのバックナンバー117をクリック
 してください。
 インタビューーも含めてお楽しみください。

○今朝のゲストは新潮新書から「小皇帝世代の中国」
 を出版したノンフィクション作家の青樹明子さんです。
・http://book.shinchosha.co.jp/cgi-bin/webfind3.cfm?ISBN=610147-5
 
○ノンフィクション作家というのは沢山いるが、この人は
  中国のラジオ番組に毎週1回出演しているところが
  珍しい。
  今日のテーマは「小皇帝」ということで、中国の
  最近の子供は一人子だから偉そうにしている。
  この「小皇帝」とはどういう連中か、どんな行動を
  しているのか、それが将来の中国にどんな影響を
  与えるか、などについて話してくれます。

・「小皇帝」~中国の少子化政策
http://www.qtec.or.jp/qtechp/qtecinformation/info82/zuiso82.htm






Last updated  2006.02.20 21:27:40
コメント(0) | コメントを書く
2006.02.13
カテゴリ:カテゴリ未分類
■■◇◇◇◇ 前田剛力メールマガジン ◇◇◇◇■■
       ◇                ◇
       ◇                ◇
■■◇◇◇◇2006/02/14(120号) ◇◇◇■■

  あなたの一日を豊かにするヒントを竹村さんから

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ちょっと一言~前田剛力です
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

○昨日はとうとうライブドアとホリエモンたちが起訴され
ました。確かに法律を犯していたのかもしれませんが、
 このような情報が次々リークされてくるのはどうして
 なのでしょうか。

○それにしても拘置所内で一人、耐えているホリエモン
 は可哀想になります。
 よく分かりませんが、アメリカでは弁護士がしっかり
 サポートするのではないでしょうか?

○最近読んだ本で面白かったのは日下公人さんの
 「闘え、日本人」と松原久子さんの「驕れる白人と
 闘うための日本近代史」です。
 どちらも日本人として目指す方向を示すと共に、
 読むだけでちょっぴり元気になります。
「闘え、日本人」
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=998007633X
「驕れる白人と闘うための日本近代史」
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%E9%81%82%EA%82%E9%94%92%90%6C%82%C6

○前田剛力の初作品集「一夫多彩」も好評発売中。
 http://www.boon-gate.com/
 から01文学で無料版を体験してみてください。

○昨日に引き続き、ゲストは自民党参議院議員で
 「過激な性教育・ジェンダーフリー教育実態調査
 プロジェクトチーム事務局長」の山谷えり子さんです。
 
○今週と来週は非常に大事な用事があって時間
 が余り取れません。
 いささか簡単な内容になりますが、ご了承ください。






Last updated  2006.02.13 22:54:45
コメント(0) | コメントを書く
2006.02.06
カテゴリ:カテゴリ未分類
■■◇◇◇◇ 前田剛力メールマガジン ◇◇◇◇■■■■
       ◇                ◇
       ◇                ◇
■■◇◇◇◇2006/02/07(118号) ◇◇◇■■■■

   あなたの一日を豊かにするヒントを竹村さんから

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ちょっと一言~前田剛力です
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

○昨日、今日と寒かったですね。朝の部屋の中が6度、
 7度でブルブル、歩いていてもなかなか身体が温まらず、
 体感温度ではこの冬一番の寒さ。

○このところ、訃報が次々と届きます。弟の義祖母、知人
 の親、そして知人。寒い季節ということもありますが、
 少しずつ自分にも近づいてきているようで心もちょっと
 震えます。
 とにかく毎日毎日を大事に、その日が来るまで前に
 進み続けたい、と思っています。
 継続は力、継続は剛力なり、です。

○今日は昨日の続き、韓国哲学が専門の小倉紀蔵
 (おぐらきぞう)さんです。
「歴史認識を乗り越える-日中韓の対話を阻むもの
 は何か」の著者です。
 
○前田剛力の初作品集「一夫多彩」も好評発売中。
 文芸社では引き続き、2月も広告を載せてくれる
 そうです。
 http://www.boon-gate.com/

○そういえば先月、たまたま新北九州空港のことを
 調べていて、
 「Kanmon Tusin」というサイトに行き当たってビックリ。
 ここに僕の「一夫多彩」の広告が出ていたのです。
 正確に言うと、文芸社の広告でしたが、その一部に
 「一夫多彩」もあったのです。
 本当に驚くと共にこの偶然に驚きました。
 たまたま故郷のサイトを覗いたら、その瞬間に自分
 の広告が出ていたなんて。
 これも「偶然の一致」に加えておきましょう。

○午前中に掲載されることが多いようです。ぜひ、
 運試しを。
 運のいい方??は僕の広告に会えるかも
 しれませんよ。
 http://kanmontuusin.morrie.biz/item/477






Last updated  2006.02.06 23:07:48
コメント(0) | コメントを書く
2006.02.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
■■◇◇◇◇ 前田剛力メールマガジン ◇◇◇◇■■
       ◇                ◇
       ◇                ◇
■■◇◇◇◇2006/02/06(117号) ◇◇◇■■

  あなたの一日を豊かにするヒントを竹村さんから

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ちょっと一言~前田剛力です
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

○今週のゲストは「歴史認識を乗り越える-日中韓の
 対話を阻むものは何か」の著者で韓国哲学が専門
 の小倉紀蔵(おぐらきぞう)さんです。
 
○前田剛力の初作品集「一夫多彩」も好評発売中。
 
 http://www.boon-gate.com/
  






Last updated  2006.02.05 21:30:36
コメント(0) | コメントを書く
2006.01.30
カテゴリ:カテゴリ未分類
■■◇◇◇◇ 前田剛力メールマガジン ◇◇◇◇■■
       ◇                ◇
       ◇                ◇
■■◇◇◇◇2006/01/30(115号)◇◇◇◇■■

   あなたの一日を豊かにするヒントを竹村さんから

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ちょっと一言~前田剛力です
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

○このところ朝が早くなりました。毎朝5時に起床して
歩いていますが、一回りして戻るころには明るくなる
 ので空の星もあらかた消えて、ちょっぴり寂しいですね。
 でも先週は東の空に木星、月、金星が直列に並んで
 輝いて本当に素晴らしい光景でした。
 
○昨日は久々に「アイデアとSS」のメルマガも配信しま
 した。新作を載せましたのでぜひ覗いてみてください。

○前田剛力の初作品集「一夫多妻」ではなくて「一夫多彩」
 も好評発売中。
 先日はなにやら怪しい男の一夫多妻事件がニュース
 になりましたが、僕の作品は暴力なし、ハッピーエンド?
 です。
 http://www.boon-gate.com/

○今日のゲストは江上剛さん、幻冬舎から「円満退社」
 という本を出版されたということで、最近多い新刊の
 宣伝的な対談でしたが、江上さんは作家として「金融
 腐食列島」などベストセラーもある方。アイデアも豊富、
 今日はもっぱら江上さんの独り舞台というような喋りに
 なって竹村さんが聞き役に廻るという珍しい30分でした。
  






Last updated  2006.01.30 22:10:14
コメント(0) | コメントを書く
2006.01.28
カテゴリ:カテゴリ未分類
◆◆ 継続は剛力なり
~あなたの一日を豊かにするアイデアとSS◆◆

                 (2006/01/28配信)110号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ちょっと一言
──────────────────────

○おはようございます。しばらく空きましたが110号を
お届けします。

○一ヶ月というのは考えてみると結構長い時間ですね。
 この一ヶ月で年も改まりましたが、世の中も大きく
 変わりました。
 株価は一ヶ月前から見れば大きく上がってまだまだ
 行け行けドンドン。
 一気にデフレ脱却といきますかどうか。

○一方で我が家の春を謳歌していたホリエモンは
 堀の中?
 でももっと悪質で重大な悲劇をもたらした耐震疑惑
 の面々は国会でパフォーマンスの真っ最中。何か
 バランスが悪い気がします。

○ホリエモンは犯罪を犯したのかもしれませんが、
 あの時点では殆どの人は損をしておらず、ハッピー
 でした。捜査が入ったおかげで1兆円の株価価値
 が大きく減少して、誰もが損害をこうむる。
 まさにバブルを強引に潰したときと同じではないか、
 という気もします。

○それはさておき、僕の周りの大きな変化は作品集
 の発行でした。
 夢の一つが叶いました。今はあちこちでPRの
 真っ最中?
 女房も友人などに宣伝してくれて少しずつ反響が
 増えているところです。
 よろしかったら、皆さんも覗いて見てください。
 文芸社サイトでスペシャルのバックナンバーから
 117のインタビューをお楽しみください。
 http://www.boon-gate.com/

○今日のアイデアは先週のもの、少しピッチが落ちて
 きたけど、何とか頑張って前へ進み続けます。
 6193~6195まで。

○今日のSSは久々の新作。この一年、作品集発行に
 向けて校正などが主体となり、創作は停滞して
 いました。
 一段落ついたところでこれからまたコツコツ書いて
 いきます。
 とりあえず、軽めのところから始めます。






Last updated  2006.01.28 13:55:05
コメント(0) | コメントを書く
2006.01.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
■■◇◇◇◇ 前田剛力メールマガジン ◇◇◇◇■■
       ◇                ◇
       ◇                ◇
■■◇◇◇◇2006/01/16(113号)◇◇◇■■

  あなたの一日を豊かにするヒントを竹村さんから

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ちょっと一言~前田剛力です
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

○この週末は急に暖かくなりました。大雪に苦しんだ
地方は今度は雪崩の心配ということで大変です。
 その点、ここ千葉は本当に暖かくてありがたいことです。

○前田剛力の初作品集「一夫多彩」も好評?発売中です。
 応援をよろしくお願い申し上げます。
 http://www.boon-gate.com/

○今朝のゲストは井村祥恵(イムラ ヒロエ)さん、全く
 新しい企業研修を提案するパークビレッジ代表取締役
 と紹介されました。あとで出ますが、海外語学研修を
 提供する会社のようです。

○竹村さんの人脈で登場した人のようで、今一語る内容
 に乏しい印象でしたが、その分、竹村さんが話を
 つないで、「ブリンク」「セレンディピティ」などの言葉も
 でて、いろいろ面白くもありました。
 (ちょうど、先週と逆ですね)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃不思議な偶然     田中正明さんのこと 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

○今週は不思議な偶然の一致を経験しました。
 僕は11日の新聞で田中正明さんの死亡記事に気づき
 ました。そしてすぐに「ああ、あの方が」と思いました。
 実はまさにこの時、田中さんの著作を読んでいたからです。
 もし田中さんが亡くなられたのが一週間前だったら
 気づかなかったと思います。
 また一週間後であったら、同時代を生きたんだ、と実感
 出来なかったでしょう。
 そのあたりを、何も知らずに書いていた日々のアイデア
 帳から紹介しました。

6144.控訴審(H18.1.9-
・今日から「パール博士の日本無罪論」(田中正明さん)
 を読み始めた。東京裁判が国際法上も全く正当性を
 持たないものであり、パール博士の判決のほうが正当性
 を持つ、というのが世界の常識らしい。
・日本でも戦後直ぐの時点では、いろいろな人が東京裁判
 の不当性を訴え、何とか見直そうとしていたのだ。
 それなのに、日本が繁栄し、世界に対して発言できるよう
 になった現代、何も世界に発信していないふがいなさ。
・竹村さん、渡部さんなどが訴えているのはある意味で
 当たり前のこと、もっともっと日本全土に盛り上げないと
 いけないのである。
・その東京裁判について思う。異常な裁判であり、しかも
 控訴も受け付けられなかったのである。これでは近代的
 な裁判とはいえない。
・いつか、日本が国際法廷に対して東京裁判の控訴審を
 申請するというのはどうか。

6148. 田中正明氏(H18.1.11-
・今朝の新聞の死亡欄で田中正明さんの死去を知る。
 94歳、大往生。
 それにしても偶然の不思議を知る。ちょうど今、僕は
 田中さんの著書「パール博士の日本無罪論」を読んで
 いたところ、感動していたところ。
・もしそうでなければ田中さんの死を気付かなかった
 だろう。ある意味で、生きている間の田中さんを知ること
 はなかった(同一時間帯に同時に生きていたという意味)
 だろう。
・何故このタイミングでこの本を選び、読んでいたのか。
 運命の不思議を感じる。

田中正明氏 http://tendensha.co.jp/event/news6.html






Last updated  2006.01.15 23:55:51
コメント(0) | コメントを書く

全666件 (666件中 631-640件目)

< 1 ... 59 60 61 62 63 64 65 66 67 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.