000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

子供と一緒に成長しよう! 三歳から日記が書ける子をめざして

母性本能なんかない!

 
まだまだ 子供が虐待の末 死んでしまったという報道は 後を絶たないですね。

なんで 大変な思いをして 自分の体から出てきた いとしいはずの存在を。

「虐待」するんでしょうか。

死なせてしまうまで 虐待してしまう親は みんな 子供なんか生まなきゃよかったと 思ってるんでしょうか・・・。


「虐待」 と 「世代連鎖」。

これは イコールでつないでもいいと思うくらい 密接な言葉ですね。


私は 親が子供を育てる、というのは 本能のお仕事だと思っています。

一人で生きていけない年齢の間、親が子供の世話をする。

親に自分がされたことを 潜在意識の中にすべて記憶してあり。

子供を持ったときに その記録が 潜在の中で引き出され 自分が育ったのと同じように子供を育てる。


動物にはこの本能があるから、育児書がなくても ご意見番の老人がいなくても。

子孫が途絶えることなく 次々に世代が 生まれて育って いくことができる。 


人間も この本能があるから もしも無人島にとりのこされても(何の情報のないところにいても)。

子供を育てることは できるのだと思います。

(この話は とっても長くなるので、フリーページの方 を 読んでみてください。)
 
 
ここで、問題なのが。

この本能の指示が、潜在意識下で されているということ。

そして この本能の指示が とても 強烈だ ということ。


自分の親と同じ 子供に対する 感情システムを持ち。

同じような場面になると。

本能から 指示が出る。

「叩け!!!」


虐待をしてしまって いる人も なぜやってしまうのか 理由がわからず。

衝動に 突き動かされる、という状態なのではないでしょうか。

だから 指示が終わり。 指示に従ってしまったあとは。

後悔する。とめられなかった。なぜなんだ・・・と。


では・・

虐待してる人は 母性愛が ないのか?

母性本能を 持っていないのか?

母性のない 冷酷な人間なのか・・・?


母性本能なんてものが そもそも、世の中に存在しない。

母性愛、なんてもの ないんだと思うんです。

あるのは 動物としての本能だけ。

親と同じことをして子供を育てるという・・・。


妊娠出産さえすれば 産んだ相手に 愛を持つわけじゃない。

赤ちゃんが 外に生まれ出たとき。

このとき赤ちゃんは ただの 初対面の 知らない人です。


出会いがあり。毎日一緒にいる間に なんとなく いいなと思い。

惚れた!と 気がつき。相手にも 好きになってもらいたいと思い。

喜んでもらえそうなことをしたり。笑顔を作ってみたり。

相手のためなら なんでもしてあげたいと 思うようになる・・・。


男性にもつ 愛情と 同じなんじゃないでしょうか。

どちらも、自分と 自分以外の人間との 愛、なんですから。


それが、母性本能なんて言葉が あるばっかりに。

子供に 愛情を感じないことを 罪悪に思ったり。

本当の意味の愛情は 持ってないのに 親なんだから愛はあって当たり前なんだと 思い込んだり。

だから 子供に対して してることすべて

親だから、親として愛情があるから、という理由に してしまったり・・・。


すごいイヤだな~と思っていた オトコでも 毎日言い寄ってこられりゃ。

そのうち いいところが見えてきて。惚れてしまったり・・・しません?

(うちのダンナ・・・か?。)

それは 二人の間に 愛情が育った、ということでは ないでしょうか。

なかったところに 「毎日言い寄る」という 片方の努力で。両方が 愛するようになった。

毎日言い寄っていたほうも、最初は そんなに真剣では なかったかもしれない。

ためしに言ってみるか、程度だったのかも。

それでも 毎日言い寄っているうちに 本当に 愛するようになる・・・。


子供も、自分以外の 一人の 「人間」。

子供に 自然と 愛をもてる人もいるけど。

そうでない人も いる。

そうでない人も 愛を 育てることは できる。

いいところを見つけて ほめて。

体で ぬくもりを感じて・・・。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆


ふ~ん、と思ったら・・・→人気blogランキング いつもありがとう!


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


予感はしたけど、やっぱり うまくまとまらなかったな・・・。

わかりずらくて ごめんなさい。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



罵倒したい! 怒鳴りたい!! 叩きたい!!!って 思っても。

本能だから コツさえつかめば 抑えられるようになる。

ムラムラしたからって、どこででもエッチするわけじゃない。

それと一緒さ♪。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


私がいつも そうそう!と ひざを打ちながら読んでる 金盛浦子さんの本です。


「母親は首に巻きつく蛇」
 

 
「もうひとりの私をゆるしてあげよう 幸せなアダルトチルドレンになるために」



「ありのままの自分を愛してあげよう」




「ぜったい離婚!から素敵な夫婦三昧」



「人に自慢できる夫」の作り方



対 子供。対 夫。どちらも 根は 同じ。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


© Rakuten Group, Inc.