000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

子供と一緒に成長しよう! 三歳から日記が書ける子をめざして

(子供)爆笑のためのネタ

積んだ 積み木を 破壊する。(破壊は 楽しいらしい)

両手を前に出し、片手はグー、片手はパー。「みてて~」といいつつ グーとパーを 反対にする。(集中力もつくぞ)

紙で 作った 変なお面を かぶる。(ものによっては 泣く場合もある)
親子で 同じものを かぶるのも 効果倍増。

手に おとなの 靴下を かぶせて(はいて?) 即席パペット! かかとに 親指が くるように つける。
ほっぺを (パペットで)かみつく。洗濯物を 片付けているときに 最適。

スプーンを 両手に持ち 目に当て、「メガネ!」。ウルトラマンを知っているうちなら 「ウルトラマン!」でもいけるかも。

小さなものを 片方の手に にぎり 両手を 前に出して どっちだ?。
なぜか はずれると 笑うことも。(「どっち」の意味も すばやく 何度も 繰り返して いると 自然と わかってくる。)(ちょっと根気)

テープ状の紙の端に ペットボトルの ふたなどを テープで貼る。それを 巻いておいて 端を持ち、
目の前で「びよよ~ん」といいながら 落とす。でかい広告でよい。あきたら 即処分できる。ヨーヨーがあれば 代用可。 

新聞紙に 小さな穴を 適当にあけて テレビに貼り 音を消す。意外ときれい。
(見てない つけっぱなしのテレビを 消す きっかけにもなる。)

いろんなものを 転がしてみる。ボール、ペットボトル ガムテープなど。

いろんなものを ななめにした おぼんなどの 上から 転がしてみる。最後は どすっと 落ちると 特に おもしろいらしい。

糸電話。まだうまく 扱えないようなら、新聞紙を 丸めた筒で。

子供を さかさまにする。(虐待では ない。)体育座りした ひざ下に 背中を つけるようにすると 腰にこないで できる。

ただ 廊下を 一緒に 走る! まって~まって~と。

ペットボトルで ボーリング。3本くらいから。

空いた ケチャップや マヨネーズ容器を 洗って渡す。 押すと 風が 顔にかかり おもしろいらしい。

セロテープを ちょっと ちぎって渡す。いろんなところへ くっつけて しばらく 遊んでいる。

スプーンを持たせて ボールをのせる。いろんな 大きさで やってみる。なぜか 落ちると 笑う。なぜだ。

立って開脚し、前屈。そのまま さかさまの顔を 子供に見せる。(ちょっと怖いかも)


© Rakuten Group, Inc.