689545 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

子供と一緒に成長しよう! 三歳から日記が書ける子をめざして

なぜだ・・・?その2

 
楽天の三木谷社長が友達と二人でいる私たちの近くにいて。

とにかく私のオフィスに来てくれ、といい。

社長についていったはずが、途中ではぐれてしまった。

友達ともなぜかはぐれてしまい。

私は友達にかばんを預けていたので

携帯もないので電話もできない。

そこに小学校のときの同級生の柳沢なんとか君(実在の同級生)

がいたので、電話を貸してくれるように頼むが、もっていない。

散々いろんなところ(川べりの道など)を歩き回って

ようやくおみやげやさんのようなお店の店頭においてある

電話を貸してもらうことができた。

先に社長からもらった名刺を見ながら掛けたが

どうも通じない。

さっきはぐれるまで一緒だったビルまで戻ると

若者たちがたくさんいた。

この人たちも社長と会うのを待っているのかも、と思い

その若者たちの集まりに参加して

ある部屋に入ると、なんだかよくわからないゲームが

はじまり。私が先頭でやるようになってしまったが

何度説明してもらってもよくわからず、二回やっても

わからなかったので私はもういいですと退室した。

その後、そのビルの途中階から渡り廊下でつながっている

広場に行ってみると、広場の中で変わった野菜や

質のよい調味料などを売っているところがあったり。

なんかイベントをやっているようだった。

そこに、なぜか子供服の山が置いてあり、捨ててあると

思った私は中をすべて吟味して再販できようなブランド服を

数点選び出していただいた。その間、子供をつれた

若いママがとなりにきて、私がとっていくのに手を出そうとしつつ

出せずに「ああやられた~!」ととても悔しがっていた。

それを聞いても「絶対分けてやらないもんね」と思う私。

こんなことしてる場合じゃなかった、とわれに返り。

また渡り廊下を戻ってビルに入ると、なぜか

ギター侍みたいに着流し姿の三木谷社長にまたであった。

なぜあれからすぐに社長のオフィスに行かれなかったのか

事情を話して謝った。

私の友達とはもう話をしたといっていた。

私の能力をかってくれ、ここら辺にうろうろしている

スタッフらしき若者たちとは別待遇のような話をしてくれた。

そしてなぜか「車にも詳しいんだって?」と聞かれ。

私はそれはもう8年位前のことで今のことはわかりませんと

答えた。

やっとあって話ができたのでうれしかったけれど

車の事を聞かれたときに、整備士の資格があることなども

話せばよかったかななどと後悔した。

おわり。

楽天の社長など、あまり興味もないし、最近はメディアでも

見かけたことはない。

なぜ楽天の社長だったのか???

同級生の柳沢なんとか君も小学校卒業以来一度も

あったことも考えたこともない。別に好きだったわけでもない。









© Rakuten Group, Inc.