000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

coquette/コケット店長斉藤智子-パリっ娘たちは今日もお洒落に輝いている

PR

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

アンティーク

2013.06.03
XML
カテゴリ:アンティーク
先日からご紹介していた缶がCoquetteに入荷しました。

そして、それと同時に花瓶も入荷しました。
522267.jpg
こちらはイギリスの花瓶です。
フランスとイギリスのアンティークの違いは、
フランスのものは甘く品があり、エレガントな雰囲気が漂うのに対し、
イギリスはかわいく、キュートでカジュアルなものも多いです。
この木に寄り添うかわいい顔のリスに一目ぼれしました。
重々しい雰囲気もあまりないので、日本女子はもしかすると
イギリスのアンティークの方が生活に取り入れやすいのかも?
と思ったりすることもあります。

522276.jpg
そしてこちらはフランスのアンティーク花瓶。
クリームカラーにゴールドラインに品格を感じられます。
コロンと丸いフォルムもフェミニンな印象。






Last updated  2013.06.04 03:01:53
コメント(0) | コメントを書く


2013.05.30
カテゴリ:アンティーク
522218.jpg

昨日に続いて缶のご紹介です。
ちょっと他にはない面白いデザインのもの。
車の形をしています。車輪も回ります。
ペプシコーラの模様。
英語表記なので、きっとアメリカからやって来たのでしょうけど、クール
これを売っていたパリの古物商の人に聞いても
何も知らないようでした。
中に何が入っていたのか、何年代のものなのか、
全てが不明。しょんぼり
でもデザインからして70年代?か、もうちょっと前の60年代?
と予測しています。
だけど、やっぱり何が入っていたものかはわからない。
アメリカのことなので、ペプシコーラ味のキャンディとか?ぺろり
デザインが面白いから、それで良しとして気にしない方に
里子として迎えて頂きたいでーす!ウィンク

もうすぐCoquetteに入荷。






Last updated  2013.05.30 08:04:34
コメント(0) | コメントを書く
2013.05.29
カテゴリ:アンティーク
323.JPG

Coquetteのアンティークコレクションの中では
お皿&コーヒーカップの食器類がダントツで人気なのですが、
たまには別のアイテムも。。と思って、
もうすぐ缶がたくさん入荷します。
缶もアンティークファンの中では人気アイテム。
ほんとうはナポレオン時代の、手描きの花模様などの
繊細で美しいものにも憧れますが、
それらは手が届かないほどの高価格で取引されている上、
缶だからサビなども多く、クオリティーに満足できるものには
なかなかお目にかかれません。
コレクターにとってはサビぐらいは気にしないのだろうけど、
まずは初心者として、、、と考え、
Coquetteでは50~60年代のものを中心に揃えました。

写真の缶はフランスで最もポピュラーなお菓子ブランドの
LU(リュ)のもの。

1846年、フランス地方のナントにJean-Romain氏が創設した
お菓子屋さんで、イギリス風ビスケットを売り始めたことが
LUの誕生となりました。
自分の名字と奥様の名字の頭文字を合わせてLUと命名した
というロマンティックな逸話も残っています。

もちろん、今のパッケージは紙なので、
この缶は1960年代に使われていたものです。
とっても人気銘柄お菓子のレアな缶です。

もう少しで商品入荷しま~す。ウィンク






Last updated  2013.05.29 08:28:03
コメント(0) | コメントを書く
2013.05.14
カテゴリ:アンティーク
GIENのポンパドールシリーズ。
617.JPG

606.JPG

いろんな種類のお皿と、サラダボウルが揃っています。
ポンパドールというのは、もちろんルイ15世の公妾として
有名なポンパドール侯爵夫人のことです。
その美貌がルイ15世の目に留まり、夫と別居して
妾になったのは有名な話。
美貌だけではなく、学術的な才能やファッションセンスも
注目されていました。

「ベッドで政治を動かす」という話も有名で、
30歳を過ぎたころからは、自分のお気に入りを
ルイ15世の妾として与えていたとも言われています。
ある意味、恐ろしい女性ですねー。

まさにバラのトゲのような、
美しく、そして手に取ろうとするとトゲが刺さる。

このシリーズは、そんなポンパドール夫人を
イメージして作られました。

入荷はもう少し先になります~。






Last updated  2013.05.14 12:17:41
コメント(0) | コメントを書く
2013.05.12
カテゴリ:アンティーク
003.JPG
気候が良いこの季節は、蚤の市日和でもあります。
春休みということもあり、パリ市内や郊外では
毎日のようにどこかで蚤の市が開催されています。
私も週に3日は足を運んでいるかも~。

004.JPG
蚤の市で出会ったワンちゃんです。
パリの犬はノーリードが多いですが、
一応、法律では禁止されています。
お行儀がいいとはいえ、やはり危険なので
良い子の皆さんは真似しないように!






Last updated  2013.05.13 04:53:24
コメント(0) | コメントを書く
2013.04.23
カテゴリ:アンティーク
024.JPG
私の著書「コレクショヌール」でもご紹介させて頂いている
マイヤさんは、古いル・クルーゼのお鍋のコレクターです。
窓辺に並べて、そのフォルムの美しさを楽しんでいます。

横長デザインのものは「コケル」というシリーズで
1958年にアメリカ人のレイモンド・ローウィによって製造されたもの。
丸いコロンとした形のものは1972年の「ママ」というシリーズです。

ずっと憧れていたのですが、パリの蚤の市でたまに見かけるものの、
けっこうな高額で手を出すことができませんでした。

755.JPG
そして先日、ようやく見つけることができたのがこちら。
イエローカラーは希望していたグリーンとは異なりましたが、
かなりかわいいです。
しばらくはパリの家に飾っていますが、
秋口には商品としてCoquetteで販売する予定です。
暖かいスープをベースとしたお料理にいかが?
と言いたいところですが、こういうレア商品は
マイヤさんのようにインテリアとして楽しむのが正解かも?






Last updated  2013.04.23 21:58:47
コメント(0) | コメントを書く
2013.04.21
カテゴリ:アンティーク
022.JPG
キッチンにこだわるマダムがいる家には必ずある
アンティークのホーローキャニスターセット。
本来は8個でワンセットですが、
そこまできれいに残っているものはとても少ない。
6個揃っていればゲット!が基本です。
これはパリの古物商で買ったものですが、
4個のみで一個は蓋が付いていませんでした。
多分、一個ずつ販売して、お値打ち価格にしたいと思います。
アンティークのいいところは、ちょっとしたものを
置くだけでも、その空間に深みが増すというところ。
きっと歴史の重みが、見えない空気を運んでくるのでしょうね。

ホーローは金属の表面を磨き、ガラス質のまくを高温で
焼き付けた製品。耐熱性や耐久性に優れています。

歴史の長いホーローキャニスターですが、
いったいいつごろ産まれたのでしょうか?
調べてみたけどよくわかりません。
どなたかご存じの方がいらっしゃれば、、、

教えてー!

もうすぐCoquetteに入荷です。






Last updated  2013.04.21 09:49:19
コメント(0) | コメントを書く
2013.04.19
カテゴリ:アンティーク
150.JPG

今日のご紹介は
南仏プロヴァンス地方のムスティエ・サン・マリの陶器。
ルイ16世が武器を増やすために金属食器を国民から徴収し、
代わりに陶器の食器を使うように勧めたことで
ムスティエの陶器文化が盛んになったようです。

パリの古物商から仕入れたものですが、
パリで見つけるのはなかなか珍しいことです。

時代は50年~60年のもの。
グリーンラインにイエローのフラワー&裏側はチョウチョ模様であることと、
ぼってりとした焼き具合が南仏らしいデザインです。

ポットは鳥の模様なのですが、
どことなく東洋の影響を受けているようにも感じられます。

もうすぐ入荷~!






Last updated  2013.04.21 00:21:45
コメント(0) | コメントを書く
2012.11.12
カテゴリ:アンティーク
002.JPG

週末は恒例の蚤の市へ。

004.JPG

アルコパルのカラフルなカップをたくさん仕入れました。
1958年創業のアルコパルは、アンティークの中でも生誕が
比較的新しいこともあって、状態がいいものが見つけやすいです。
また強化ガラスで丈夫で割れにくく、
電子レンジや食器洗浄機も使えるので、
アンティークの中でも比較的、使用するにあたって
実用的なところもうれしい。

カップだけではなく、お皿やピッチャーなど、
種類豊富なアルコパルがもうすぐcoquetteに入荷します。ウィンク






Last updated  2012.11.12 06:06:32
コメント(0) | コメントを書く
2012.04.27
カテゴリ:アンティーク
フランス人は基本的にアンティークが大好きで、
だれのお宅に伺っても必ずあるものですが、
中でも十八世紀のものを中心に集めている
エリザベスのコレクションは圧巻ものです。
一部をご紹介させて頂きたいと思います。

002.JPG
クロスのコレクション。
カトリック教徒の多いフランスでは、クロスをはじめ、
教会のステンドグラスなど、大きなグッズを集めている人もいます。

004.JPG
古いマッチ入れと香水瓶。
昔はお風呂に入る習慣がなかったので、
香りで体臭を消していました。
香水瓶は貴族の必需品だったのです。

006.JPG
色がとてもきれいなアールヌーボーの水差し。

007.JPG
ご先祖様の写真もアンティークのフレームに飾って。

023.JPG
食器コレクションの、ごくほんの一部。

coquetteではエリザベスのコレクションほど古いものではありませんが、
1900年~1960年代を中心にヨーロッパのアンティークコレクションを展開しています。

a166.jpg
入荷したばかりのドイツのコーヒー&ティーカップ。

a-122.jpg
赤いお花がかわいいお皿。

ともにアンティークのカテゴリーからどうぞ。スマイル






Last updated  2012.04.27 08:20:18
コメント(0) | コメントを書く

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.