457835 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

coquette/コケット店長斉藤智子-パリっ娘たちは今日もお洒落に輝いている

PR

全74件 (74件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

2017.02.05
XML
カテゴリ:
ミラノに行ってきました。
先日のロンドンへは約3年ぶりでしたが、
こちらは約30年ぶり?
ミラノには、あまり興味がなく、パリに住み始めてからも
足を向けることがない街でした。
ショッピング意外は、ほんとうにすることがないのよね。
訪れる場所もドゥオモぐらいなもの。
ただ、食に関しては天下一品。
パスタ、ピザ、リゾット、スイートと、一通りは頂きました。ぺろり



ドゥオモを前にすると、約30年前の記憶がかすかに蘇りました。
友人達と一緒に、この前で記念撮影した写真が、
今も実家のどこかに残っているはず。



近くにはダ・ヴィンチの像が。



今回の旅の目的は、以前から行ってみたかった、ミラノで年二回開催される見本市。
思ったほど大きくはなかったけど、見やすい感じはしました。
ほんとうは、アポを取っていたブランドさんが
パリの見本市に来る予定で、そこで会いましょうという話だったのですが、
パリには来られないことになって、私がイタリアに行って
ミーティングすることになったのでした。


見本市会場には、早くもクリスマスの飾り付けが。
クリスマスが大好きな私ではありますが、
終わったばかりなのに、年末のクリスマスのことを
考えるのは、さすがにちょっと気が早いような。。。。






Last updated  2017.02.05 00:02:49
コメント(0) | コメントを書く


2017.01.19
カテゴリ:
約3年ぶりにロンドンに行ってきました。
二泊三日のうち、二日間は雨。
ロンドンにはプライベートでも仕事でも何度か行っているけど、
ほんとうに雨の多い町です。
空はいつもどんよりと曇っている印象。
しかし、それもロンドンの風物詩のひとつなのかも。

雨は比較的すぐにやむし、日本の雨とは質が違うのか、
とても軽い感じの水と言えばいいのか、、、、
そのために雨が降っても傘を差さない人が多いです。
それでも道端には、雨が降るや否や、どこからともなく傘売りの人が立ち、
バケツに差し込んだ傘の横にたち、
「傘、一本3ポンド」と、繰り返し叫んでいます。
しかし、小雨になるにつれて、
「傘、一本2ポンド」と、値引きしつつ、小声になるのが面白かった。大笑い
ロンドンは、ほんとうに雨がよく似合う町です。






Last updated  2017.01.19 06:23:10
コメント(0) | コメントを書く
2016.08.20
カテゴリ:
8月も後半になり、そろそろと秋が近づいているように感じます。
夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか?
楽しい想い出はできましたか?
旅行などにも行かれた方もいらっしゃることでしょう。
私自身は、お休みは自由にアレンジできる職業なので、
8月や1月、5月の連休など、どこに行っても人が多いときは、
逆に仕事にしたり、家でまったりするようにしています。
そこで、夏の少し前にイタリアのフィレンチェに行ってきた(仕事も兼ねてですが)
のです。。。


街は、裏道さえも絵になるほどに素敵でした。
でも、、、、、。


けっこう人がいっぱいでした。
主要な道などは人だらけで前に進むのも大変なぐらい。しょんぼりしょんぼり
せっかく、のんびりできると思ったのに、
フィレンチェは、どうやら観光客が多すぎー。
という、私も観光客なんですけどね。大笑い






Last updated  2016.08.20 23:54:49
コメント(0) | コメントを書く
2016.08.06
カテゴリ:


数十年ぶりに訪れたフィレンチェ。
以前訪れたときは、ヨーロッパ各地をいろいろ回って、
ほんの素通りだったので、行ったことすら記憶になかったぐらい。
しかし、ドゥオーモに着いた瞬間に、霧が晴れ渡るように
記憶が鮮明に蘇ってきました。この前で友人達と一緒に
記念写真を撮ったなあ。と・・・・。
まだ夢と希望溢れる年頃でした。(笑)






Last updated  2016.08.07 11:49:22
コメント(0) | コメントを書く
2015.09.29
カテゴリ:
002.JPG

デパートでの催事が増えて、
以前以上にフランスと日本を往復することが多くなりました。
飛行機が超苦手なのですが、まさか船や鉄道を利用するわけにはいきません。
以前はANAにお世話になっていたのですが、預けられる荷物が一個になってから
(現在はまた二個OKのようですが)JALに変更。
しかし、スケジュールによって日程がコロコロ変わってしまう私にとって、
一回変更のたびに150ユーロ(約21000円)支払うのは、けっこう痛手になり、
今はルフトハンザにお世話になっています。
実はけっこう前からルフトハンザは好きだったのです。
とにかく座席がゆったりしているので長時間座り心地も
数あるエア会社の中でも悪くないと思っています。
セキュリティーもしっかりしているから、テロなどの心配も少ない。
そして今までのデータでは、一番安全なエアなのだとか。
(真相はさだかではないけど、飛行機が苦手な私にとっては、
それだけでも安心していられます)
チェックインは搭乗前に自分で行わなければいけないのことが、
初回は不安があったけど、一回やってみて慣れてしまえば
その方が便利にも思えてきました。
そんなわけで、当面はルフトハンザのお世話になりそうです。
長旅は移動手段はとっても重要な要素です。








Last updated  2015.09.29 23:43:45
コメント(0) | コメントを書く
2014.06.15
カテゴリ:
054.JPG

051.JPG

052.JPG

最後にイタリアに行ったのは十数年前。
今回のシシリー島行きをとっても楽しみにしていました。
実は仕事を兼ねて行ったのですが、一日はオフを作る予定でした。
海を見て、自然の中を歩き、美味しいパスタとピザを食べたい。
それが望みでした。
シシリー島に到着してすぐは天気が今一でしたが、
タオルミーナに行った日は晴天。ウィンク
太陽に恵まれ、自然を満喫できました。
片隅に咲く花も愛おしい。
みんな、みーんな輝いているよね。
どんなに小さなものでも、大切にして、一歩ずつ自分の道を歩んでいきたい。
自然は、そんなことも教えてくれます。






Last updated  2014.06.16 00:35:55
コメント(0) | コメントを書く
2014.06.09
カテゴリ:
050.JPG

049.JPG

045.JPG

シシリー島のカターニアからインターナショナルバスで
一時間少しのところにタオルミーナという世界中の人たち
が憧れるイタリアを代表する保養地があります。
そこには紀元前3世紀に建造されたギリシア劇場があり、
今でも演劇やバレエ、コンサートなどの催しが開催されて
います。
残念ながら私は訪れただけですが、青い海と空が広がる風景を
バッグに開催されるイベントは、きっと夢のように
ステキなんだろうなあ。次、訪れるときは、きっと、、、。







Last updated  2014.06.10 04:13:07
コメント(0) | コメントを書く
2014.06.08
カテゴリ:
033.JPG

シシリー島のカターニアには、ヨーロッパ最大の活火山
エトナ山があります。観光名所のひとつでもありますが、
1696年には最大の噴火があり、街を埋め尽くして
しまったそうです。
そして、街のシンボルの像の噴水が作られました。
この像は、火山と立ち向かう街の人々の強い心を
表しています。

PSシシリー島も暑かったけど、パリも暑~い!
いよいよ夏ですね。






Last updated  2014.06.09 04:28:05
コメント(0) | コメントを書く
2014.06.05
カテゴリ:
048.JPG

久しぶりの更新はシシリー島から~♪
お天気が良く、海はきれいで最高でした。

私が行ってきたのはシシリー島のカターニアという街。
パレルモに続いて第ニ都市となり、東部の中心地。
シシリー島といえば、マフィアの発祥地でもあるので
行く前は治安に関して少々不安でしたが、
自然が豊富な田舎町でした。
そしてやはり、パスタとピザが美味しかった。
というか、それしか食べてませんが。(笑)

それでは、また~。
今度は、すぐに更新するので、また見に来てね。

Chao!






Last updated  2014.06.05 16:46:09
コメント(0) | コメントを書く
2013.08.09
カテゴリ:
003.JPG
約2年ぶりにロンドンに行ってきました。

002.JPG
ロンドンにしては珍しく空が青い。。。。

010.JPG
、、、と、思いきや、突然のスコール。
しかし、それでこそロンドンなのだ。ウィンク

014.JPG
目的の仕事が早めに終わったので街をブラブラ。
大好きなスピタルフィールドにも。

015.JPG
かわいいカゴを発見して、ウィンドーショッピングなども。

011.JPG
ロンドンに行ってもめったに足を踏み入れないハロッズにも行きました。
ハロッズといえば老舗の高級デパートなわけですが、
リュックスタイルの方が入口でガードマンに注意されていました。
あまりにもカジュアルスタイルでの入場は控えて欲しいということらしい。
ひとつのマナーですが、こういう光景は日本では見かけませんよね。
そういえば、パリにも老舗有名デパートは数件あるけれど、
ロンドンのような高級感はないなあ。

008.JPG
コベントガーデンの大道芸人さん。
足が宙に浮いています。
左手の杖一本で全身を支えています。

017.JPG
全身シルバーの、こちらの方も同じくです。
どうして浮いているんだろう?
とっても不思議で、たくさんの人たちが集まっていました。

こんな感じで、久しぶりのロンドンの旅を楽しんできましたが、
ひとつだけ疑問が残っています。

それは、ロイヤルベイビーでさぞや盛り上がっていることだろうと思いきや、
実際、現地ではそうでもないようです。
ロイヤルベビーグッズもひとつも見かけなかったし。
日本の方が盛り上がっているのかも?
キャサリンファンとしては、ちょっと残念。







Last updated  2013.08.10 05:04:31
コメント(0) | コメントを書く

全74件 (74件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.