324324 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

coral report

PR

Profile


yoko.mizu

Free Space

   認定マーク

Calendar

Freepage List

Favorite Blog

マドレボニータ(美し… マドレボニータさん
日刊シマン shimangさん
Lots of flowers and… yummy-mommyさん
野田カオリの今日こ… noda caoriさん
あいま通信 ふとふとamigoさん

Category

2015年06月10日
XML
カテゴリ:産後ケア教室
マドレボニータの『産後のボディケア&フィットネス教室』赤羽5-6月コース最終回でした☆

11703284_880470745367014_7827463819740042450_n.jpg

まずはまずは、1ヶ月間無事に通えて本当に良かったです!
(残念ながらお休みされたみなさま、ぜひ振替受講で全回を修了してくださいね^^)

出産直後は体調もまだ不安定で、加えて赤ちゃんも少しずつ、お母さんからもらった免疫がなくなっていくので。
「次回に連絡先を聞こう」と思ったら、それ以降会えなくなってしまった。。とか、意外とあったりします。

今月のメンバーは、初回にほとんど連絡先の交換が出来たそうです。しかも、早々にLINEグループもつくったと!クラス以外の日もコミュニケーションがおこなわれていました^^


さてさて、最終回のコミュニケーションワークでは、『5年後の私』というお題が加わります。

ワーク自体は、このテーマを選ぶことも、選ばず他のテーマについて話すこともできます。

なのでこの日に選ばないこともありますが、実は言葉を見たり聞いたりすることで、「5年後の自分がどうなっているか、じっくり考えよう!」みたいにきっちり考えようとしなくても、自分の中にテーマとして残るんです。


なぜ最終回に5年後のこと?


赤ちゃんとの生活は・・
「ちょっと落ち着いてるから、今のうちに洗濯物を取り込んでたたんじゃおう」
「と思ったら、ウンチした~!漏れた~(涙)」
「寝ている間に、お風呂掃除して、夕飯も作っちゃいたい!」
「寝かしつけたら、お皿洗い・・(赤ちゃんが起きて)まだ寝てなかった・・」


・・もう、目の前の人と暮らしに取り組むことでいっぱいいっぱいなんです(TT)

すると、自分の身体をケアすることなんて、すっかり後回しになります。
けれど、身体が受けるダメージは後回しにできない。それは、痛めてしまいますよね。
そんな時に「5年後」と言われても、、具体的なことが思い浮かなそうですよね。

思い浮かばないので、考えないでいると、「気づいたら子どもは小学生か~。働きに出る?何する?どうしよう。。」というくらい、自分の「やりたい・ありたい」が日常によって流されていきやすいのです。


だから、クラスでエクササイズとセルフケアを学んで、
・まずは自分自身に目を向ける時間を取り戻していく。
・自分のからだを動かして、感じて、整える機会を増やしていくく。


そうやって自分の身体や心に目を向ける習慣が出来てきてから、今より少し先の、自分や家族のありたい姿を考えてみることで、今の自分と地続きの、「私が本当に大切にしたいこと」が見つけやすくなります。


5年後って長いようで、結構あっという間です。
今日描いたメモを残しておいて、ぜひ5年後に答え合わせしてみてくださいね☆


ゴロクメンバーのみなさま、ご参加くださりありがとうございました。
次回は「美しい母文化仲間」として、ご一緒出来るのを楽しみにしています^^






Last updated  2015年07月07日 09時27分56秒
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.