000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

coral report

PR

Profile


yoko.mizu

Free Space

   認定マーク

Calendar

Freepage List

Favorite Blog

マドレボニータ(美し… マドレボニータさん
日刊シマン shimangさん
Lots of flowers and… yummy-mommyさん
野田カオリの今日こ… noda caoriさん
あいま通信 ふとふとamigoさん

Category

2016年01月15日
XML
カテゴリ:産後ケア教室
本日は、マドレボニータの産後のボディケア&フィットネス教室赤羽1月コースの初回でした。



blogger-image-1492339828.jpg

今月は産後ケアバトン制度を利用してのご参加がおふたり。
おひとりは、双子ちゃん連れです。


家族が増えて嬉しい(ハート)なんて、のんびり過ごす暇なく、子宮や骨盤が出産によって傷ついたままに、他にも身体中のあちこちが痛む中で、赤ちゃんとの生活が始まる産後。


妊娠を経験していない人から見ると、「こわいから、そんなに脅かさないで~」と思われるかも。でも、知っておいてほしいんです!だって、身体の中で新しいいのちを育み、そして産み出すのですもの。命懸けなくらい体はダメージを負います。

blogger-image-998783454.jpg

だから、産褥期はしっかり養生する!そして、しっかり休んだ後は、少しずつリハビリ。この講座では、バランスボールを使った有酸素運動をおこないます。


blogger-image--1546280243.jpg

有酸素運動の次は、「私を主語に考えたり、話をする」時間。今日は「良かったこと」をテーマに、自分の日常を振りかえっていきました。


blogger-image-665283430.jpg
熱弁する和香ちゃん^^
双子ちゃんはグッスリ☆


実は、和香ちゃんもまだ産後7ヶ月という時期に、パートナーと二人三脚で調整してサポートに来てくれています。平井君(パートナー)、しんごさん(息子くん)も、ありがとうございます!


重ねて書いちゃいますが、産後が、「家族が増えて幸せ(ハート)」くらい、シンプルだったら良いんですけれどねぇ~と、いつも思ってしまいます。だって実際は、無事に生まれてきたとしても子宮は傷ついているので。。なぜなら、胎盤という赤ちゃんに栄養を送る臓器のようなものが、毛細血管で繋がっている子宮の内壁からはがれていくので。普通、内臓から内臓がはがれたら、、手術ですよね。


それ程までに身体に影響がある、と言うことを、産後女性本人だけではなく、家族・友人・職場の上司や同僚などなど、周囲が知っていて、必要な情報やサポートを手渡せることが大切。


身体がフラフラして抱っこもままならない時や、気持ちがウツウツしてわが子がかわいく思えない時があっても、決しておかしなことではありません。し、母性や母親として自覚が足りないから。。ということでもありません。ということを・・・


blogger-image-109557674.jpg
ちなみに、足りていないのは母性じゃなくて、しっかり眠ること・ゆっくりご飯を食べること・ゆったりお風呂に入ること・じっくり身体を動かしてケアすること・大人同士の会話を楽しむこと。。です!

これみんな、産後に足りなくなりがちなんです!

自分の体と心の快適さに必要なものを、ひとつでも多く取り入れていきましょう☆

妊娠中や産後の人、が身の回りにいる方たち、代わりに抱っこするという休息の時間や、たわいなくおしゃべりする時間の差し入れもぜひ!






Last updated  2016年01月15日 17時49分13秒
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.