だって、しゃーないやん

Profile


こりりん

Calendar

Category

Free Space













コリドラス飼育メインで始めたブログ・・・が、いつの間にやら意味不明なブログに。
今は主に「アクアリウム」「星空」「旅」「スイフト」について、たま~に書いています。
しょーもないブログですが、どうぞ ごゆるりと~♪
2019.02.14
XML
カテゴリ:ひとりごと
それは突然の電話から始まりました。
2月11日、三連休の最終日の午後のことでした。
仕事をしていたら1Fから大声で私を呼ぶオカンの声が・・・
「今、大阪のおばちゃんから私のスマホに電話かかってるんだけど、ちょっと変なのよ!!」
大阪のおばちゃんとは、大阪の寝屋川市に住む私の伯父の奥さん。つまり亡父の義姉にあたります。伯父は以前にも少し書いたのですが大病を患っていました。

電話を代わると、おばちゃんのすすり泣く声が・・・嫌な胸騒ぎで私の声も自然と大きくなってしまった

「どうしたの!!おばちゃん!!何があったの!!」

「あんな、こりりんちゃん・・・おとーさんな・・・おとーさんな・・・今、亡くなったんや・・・」

一瞬、私の時間が止まってしまいました。私の頭の中には伯父の顔がいっぱいに広がってました。

「え・・・うそやろ!!・・・おばちゃん。昨日電話したら何ともないって・・・」

「・・・うん・・・今日2時頃に急に病院から電話があってな・・・病院に行ったらな・・・」

気が付いたら私は床に座りこみ泣いてました。電話の向こうにはおばちゃんと大阪の従姉の泣き声だけが聞こえてました。
伯父の病気は決して回復する病では無かったのですが、命に直接関わるものではありませんでした。実は本当なら翌日の2月12日に次のステップとして伯父の家の近くの病院へ転院する予定だったのです。
それが・・・まさか・・・こんな事態になるなんて・・・

すぐにこちらに住む伯父の姉妹と関東に住む伯父の弟に連絡。
皆、絶句と悲しみにくれました。
とはいえ全員が高齢や体調が悪いため、すぐに寝屋川市へ行くことが難しかったので、私がとりあえず代表として急ぎ向かうことにしました。もう鞄に何を詰め込んださえ把握できず。
時間は既に午後3時半。とにかく電車に乗って・・・それからどうしよう・・・伯父の自宅か伯父が安置された葬儀会館か・・・でもどうやって・・・とにかく近江今津駅まで・・・
かなりパニックになっていたとき、近くに住む従姉のご主人がちょうど娘さんの用事で大阪まで行く予定だから私を乗せてすぐに向かう!!と言ってくれました。
本当に助かりました。
午後4時に出発。渋滞に巻き込まれながらも午後6時40分に無事に伯父が安置された葬儀会館へ到着。
そこにはおだやかな顔で横たわる伯父の優しい顔が・・・

「おっちゃん・・・来たよ・・・なんで・・・なんで・・・」

応えてくれません・・・涙がとまりませんでした。
でも、とても穏やかな顔でした。
説明では全く苦しまず眠るように伯父は御浄土へ旅立ったそうで、それが本当に唯一の救いでした。
そして通夜と葬儀(家族葬)の段取りを確認。従姉のご主人も娘さんの用事が済んでも「大阪に数日いる予定だったから通夜当日の朝から手伝う」と言って下さり、娘さんの自宅へと向かいました。

その日は伯父の家で一泊。
子どもの頃や卒業後によく泊めてもらいました。ただ伯父のことを思いだすものが多くて・・・つらくて寝付けませんでした。
翌朝、昨日乗せてくださった従姉のご主人と合流して通夜と葬儀の段取り。

通夜には伯父の親しかったご近所の方たちや親戚の方が弔問に訪れてくださり、思い出話に花が咲き賑やかな通夜でした。きっと伯父も楽しかったでしょうね・・・
皆さんがお帰りになった後、少し夜風にあたりました。







この時間になるとさすがに交通量も少なくなってきました。
とはいえ、私の住む田舎と違い、距離感がわからない賑やかな音や街の明かり。飲食店からの調理油の匂いや排気ガスなどいろんな物が混じった独特な空気の匂い。
小さい頃に、田舎では感じることの無いこれら独特のものに「すごい。これが大阪なんだ」と感動したっけ。そのときの私の横には伯父がいてくれて・・・無口なのですがたまにニッコリ笑って・・・
・・・夜風にあたるつもりが心が辛くなってきたので、すぐに屋内に。
その夜も全く寝付けませんでした。

翌日は葬儀。
従弟がミニバンで高齢の伯叔母たちと新幹線で京都までやって来た関東に住む叔父夫婦を乗せて葬儀場まで来てくれました。また他の従姉たちがうちの足の悪いオカンに付き添って電車でやってきました。
私が段取りしなければならないところなのに、皆には本当に感謝です。
また親切丁寧だったスタッフの方々にも本当に感謝です。
おばちゃんのご親族も多く訪れてこられました。そして近所の方たちも・・・
皆、静かに眠る伯父の姿に涙を堪えることは出来ませんでした。

お別れのとき・・・
最後に伯父の好きだったお酒を口にぬらしてあげたとき、自分の泣き声を抑えるのが精一杯でした。
でも、大丈夫!!あっちには、伯父の父母にあたる私のおじいちゃんやおばあちゃん、そして親父が待ってくれてます。
きっときっと今は懐かしい再会に笑顔の筈です。

全ての行程が終わり従弟のミニバンに乗せてもらい帰路に着きました。

帰宅後は軽く夕食をとって、仕事の再開です。
(理由を知って、打ち合わせなどを延期して下さったお客様に感謝です)

今日も何事も無かったように普通にPC作業をしています。
一つ違うのは私のスマホの画像フォルダに伯父の笑顔の写真が入ったこと。






Last updated  2019.02.16 10:34:29
コメント(0) | コメントを書く

PR

Archives

Comments

こりりん@ Re[1]:亡父の撮った夜空の写真(12/21) ホシミスト_3013さんへ 子どもの頃、本当…
ホシミスト_3013@ Re:亡父の撮った夜空の写真(12/21) 山際まで暗い空ですね。 その当時は玄関か…
こりりん@ Re[1]:今年も石観世音へ(11/18) くまいしんさんへ 確かに(笑) あっ、ちな…
くまいしん@ Re:今年も石観世音へ(11/18) 弘法大師、もう少しだからがんばって!と…
こりりん@ Re:スイフトに異常事態発生!!(焦りまくり 汗)(11/16) いや~確かにそうですね。 渋滞中にこの症…

Favorite Blog

朋有り遠方より来た… New! ふろう閑人さん

初対面の岩ちゃん ホシミスト_3013さん

ひまだし作ろう HiYaさん
出目金魚ぶろぐ でめっさん
おさかな家族のブログ ふぁんたGさん
OptimisticAqua hay911さん
わたしのブログ 一点集中力さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.