154459 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

コスメあら!?カルト??

2011/11/24
XML


昨日からの続きです。

* * *

25年以上も前に課題とされたこの問題
美白有効成分としては
バツグンの効果を発揮するこのビタミンC

世の女性の果てしなき夢と期待を乗せ
化粧品の有効成分としての研究が
始まります。

しかしながら
この後想像を超える大きな壁に
ぶつかることになります。

実はこの大きな壁
国内最大手化粧品メーカーS社でさえも
乗り越えることがままならず
つい数年前まで大きく立ちはだかり続けた
巨大な牙城だったのです。

そしてS社は苦汁の決断を強いられ
意外な結末を迎えることになります。

* * *

強い酸性であるビタミンCを
安全に、なおかつ安定に
化粧品に配合するための研究が
スタートします。

まず、酸の状態のビタミンCを
他の物質と反応しにくくしなければなりません。

酸のところに何かをくっつけて
中和してやればいいと考えるのが
化学の常道です。

実は当時から
化学の実験に使う薬品としては
既にそういうビタミンCは存在していたのです。

代表的な薬品としては
酸のところにナトリウムをくっつけた
「アスコルビン酸ナトリウム」

化学反応を利用して
こういう状態にした成分を
化学の世界では
「塩(えん)」と呼びます。

「じゃ、それでいいんじゃないの?」

いえいえ、ところがこの問題は
そんな平坦な道のりではないと
前回に書かせて頂きました。

他の目的で薬品として使用するには
これで良いのですが
化粧品の有効成分として使用するには
大きな問題が残されています。

名だたる大手メーカーでさえも悩ませてしまった
この大きな問題というのは

『お肌に浸透して、メラノサイトで有効性を発揮させること』

この、美白有効成分としてもっとも大切な機能が障害となったのです。

前回を思い返して頂ければ分かるのですが
この一大目的である
「メラニン色素を漂白する」
という効果をビタミンCに求めるためには
酸のままの「アスコルビン酸」
でなければならなかったはずですね。

もっと分かりやすく言うと、こういう事です。

---------------
アスコルビン酸を
お肌に対して刺激がなく安全に
なおかつ化粧品中に安定に配合するためには
酸のうしろに何かをくっつけて
「塩(えん)」にしなければならないが
お肌の中に浸透した時点で
再びアルコルビン酸の状態
なっていなければならない。
---------------


つまり、お肌の中で再びアスコルビン酸に
分解させてあげなければならないわけです。

でも、化粧品に配合されている状態の時は
分解してはならない・・・。

こんな事が果たしてできるのでしょうか?

様々なメーカーによるその解決策は
次回で



★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★
ブログランキングに参加中!
皆様の応援が記事の更新を後押ししていますので、ぜひクリックをお願いします!
「Ctrl+クリック」で全部ポチッと。。。
人気ブログランキングへにほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へblogram投票ボタンTREview

☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆






Last updated  2011/12/01 01:12:12 PM
コメント(0) | コメントを書く
[コスメあら!?カルト??] カテゴリの最新記事

PR

Profile


美里康人(cosmetic-web)

Free Space

【美育Laboの公式サイト】
ビークラボ公式サイト

【アシスタントblog】
コスメの研究・開発現場で悪戦苦闘するアシスタント、ゆっき~のあたふた日記。
アシスタントゆっき~の美育Labo日誌

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

化粧品の基礎知識 皮膚生理からブランド戦略まで [ 藤田雅夫 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2019/4/5時点)




【送料無料】コスメの真実・裏側

【送料無料】コスメの真実・裏側
価格:1,800円(税込、送料別)

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

 ひらぎ@ Re:またまた美容被害・・・まつげ美容液トラブル(08/14) まつエク施術者を目指しているものとして…
 あやめと申します。@ Re:またまた美容被害・・・まつげ美容液トラブル(08/14) はじめまして まつげ美容液は怖いんです…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.