000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

コスメあら!?カルト??

2011/11/30
XML
一昨日の続きになります。

美白成分として
皆さんの耳になじみのビタミンCは
いよいよ、皮膚の内部に浸透してから
効果がきちんと発揮されるのか?

そして化粧品メーカー各社がPRしている
ビタミンCのどれが効果があるのか?

はたまた
もしかして効果のない製品がある?

こういった核心に迫ってきました。

さて
皮膚内に導入された塩になったビタミンCを
効果のある生の状態に戻すため
活用される体内の分解酵素の研究

こうして
美白の有効性を追求する研究が始まったのが
実に35年も前のお話です。

そして生物が体内に有する
分解酵素として最初の候補に着目されたのが
リン酸の化合物を分解する酵素
『フォスファターゼ』です。

ようは
生のビタミンC(アスコルビン酸)に
リン酸という物質をくっつけて化合物にしてあげれば
その部分から分解されるというわけです。

こうして開発されたのが
「アスコルビン酸+リン酸+塩」というカタチになった
こういった成分です。

・リン酸アスコルビルマグネシウム
・リン酸アスコルビルナトリウム
・リン酸アスコルビルカルシウム


ただしこの中でも
リン酸アルコルビルカルシウムに関しては
水に溶けにくいという性質を持つため
早々に研究対象からは外され
リン酸アスコルビルナトリウムと
リン酸アスコルビルマグネシウムという
(以降、VCPMgとVCPNaと表記)
二つの成分が
美白化粧品原料としてここに誕生しました。

これで美白有効成分としてビタミンCの地位は確立!!!

と、そううまくいくのならば・・・
それから30年以上もたった今も
大手化粧品メーカーを含め
美白市場はこれで占拠されていたはず。

という事は・・・

そう
この二つの原料には大きな問題が残され
化粧品市場に商品として大々的に投入されるには
不具合が山積みだったのです。

次回に続く


★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★
ブログランキングに参加中!
皆様の応援が記事の更新を後押ししていますので、ぜひクリックをお願いします!
「Ctrl+クリック」で全部ポチッと。。。
人気ブログランキングへにほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へblogram投票ボタンTREview

☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆






Last updated  2011/12/01 01:14:27 PM
コメント(0) | コメントを書く
[コスメあら!?カルト??] カテゴリの最新記事

PR

Profile


美里康人(cosmetic-web)

Free Space

【美育Laboの公式サイト】
ビークラボ公式サイト

【アシスタントblog】
コスメの研究・開発現場で悪戦苦闘するアシスタント、ゆっき~のあたふた日記。
アシスタントゆっき~の美育Labo日誌

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

化粧品の基礎知識 皮膚生理からブランド戦略まで [ 藤田雅夫 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2019/4/5時点)




【送料無料】コスメの真実・裏側

【送料無料】コスメの真実・裏側
価格:1,800円(税込、送料別)

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

 ひらぎ@ Re:またまた美容被害・・・まつげ美容液トラブル(08/14) まつエク施術者を目指しているものとして…
 あやめと申します。@ Re:またまた美容被害・・・まつげ美容液トラブル(08/14) はじめまして まつげ美容液は怖いんです…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.