000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

コスメあら!?カルト??

2012/01/15
XML
第二話 ナノコスメを知る 秘話2」の続きです。

まずは一つ目。
紫外線遮蔽剤のナノ化技術についてです。

前回、書きましたように
これは紫外線遮蔽剤として活用されている
酸化チタンと酸化亜鉛を
ナノサイズ化した原料の事を指しています。

いわゆる、微粒子酸化チタン・微粒子酸化亜鉛と
呼ばれるものが、これに該当します。


ちなみにこの酸化チタン・酸化亜鉛ですが
実は絵の具の白色が、これです。

油絵に使用する油性絵の具が酸化チタン。
そして、水彩絵の具に酸化亜鉛が使われている事が多いですね。

これら着色剤として使われているものは
「顔料級」といい
粒が大きなサイズのものが使われています。


では、なぜこれらの原料を
こんなに小さな大きさにしなければならないのでしょうか?

それにはこれらの理由があります。

・ できる限り少量の配合で高い遮蔽効果を得るには
表面積を大きくする必要があるため。

・ 塗布した時に歌舞伎役者のメイクのように
お肌が白くならないようにするため。

・ 粉を塗りつけたような
カサカサな感触にならないようにするため。



シミ・シワの大きな原因となる紫外線から
しっかりとお肌を守りたいし
かといって、絵の具を顔に塗ったようには
なりたくないですよね。

もちろん、カサカサ粉っぽい使用感も絶対にイヤ・・・。

これが消費者のわがままなニーズというものです。


これらに応えるために
粒の大きさをナノサイズにまで小さくしたという訳ですね。

そして最近の技術では
そのひとつひとつの大きさを
できるだけ同じ大きさに
そして形もきちんと真円より近く揃えるという
優れた技術まで確立されています。

これが、その顕微鏡写真です。
tio2.jpg

大きさが小さく
普通の顕微鏡では粒がきちんと見えないため
これは電子顕微鏡で撮影したものです。

下のスケールを見れば分かるのですが
こちらはまだ数百ナノレベルの大きさの微粒子酸化チタンですが
今は数十ナノレベルのものも使われています。


さて、ではこうした目にも見えないほど小さな粉の粒が
お肌の内部にまで入ってしまったりしないのでしょうか?

例えば、毛穴から・・・。

次回は、その辺りのお話をしていきましょう。

続く。



★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★
ブログランキングに参加中!
皆様の応援が記事の更新を後押ししていますので、ぜひクリックをお願いします!
「Ctrl+クリック」で全部ポチッと。。。
人気ブログランキングへにほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へblogram投票ボタンTREview

☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆






Last updated  2012/01/15 07:17:10 PM
コメント(0) | コメントを書く
[コスメあら!?カルト??] カテゴリの最新記事

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Free Space

【美育Laboの公式サイト】
ビークラボ公式サイト

【アシスタントblog】
コスメの研究・開発現場で悪戦苦闘するアシスタント、ゆっき~のあたふた日記。
アシスタントゆっき~の美育Labo日誌

【送料無料】コスメの真実・裏側

【送料無料】コスメの真実・裏側
価格:1,800円(税込、送料別)

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

 科学者A@ Re:第二話 ナノコスメを知る 秘話7(02/14) これはひどいですね。 何がひどいって、…
 美里康人@ Re:待ってました(10/07) >通りすがりさん いつも(?)ありがとう…
 通りすがり@ 待ってました レビュー考察その2、一気に読んでしまいま…
 美里康人@ Re[1]:「コスメの真実・裏側」のレビューについて(07/30) >ミスターTさん コメント、ありがとうご…
 ミスターT@ Re:「コスメの真実・裏側」のレビューについて(07/30) 通りすがりな者ですが、理論的にも生化学…

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.