000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

コスメあら!?カルト??

2012/03/27
XML
カテゴリ:日記
昨日の続きで、化粧品作りの誤解のお話です。

■Aさんのケース
石鹸や石鹸シャンプーに植物油を混ぜて使用感を調整しています。

石鹸や石鹸で作ったシャンプーは脱脂力が強いため
お肌に油分を残したいとの思いから
ホホバ油やオリーブ油をこれらに混ぜ
使用されるケースがあります。

残念ながら、これは意味がありません。
油を加える事で界面活性剤である石鹸の機能が薄れ
洗浄力が弱くなるだけの事になってしまいます。

つまり、洗浄剤としての石鹸の役目と
油は別々に存在するわけではないからです。
なので、加えた油の量によって以下のどちらかの状態になります。

少量の場合)
石鹸の洗浄力が弱まり、アブラ汚れがあまり落ちない。泡立ちも悪い。
かといって、加えた油分は洗浄剤で流されてしまうので、髪やお肌に残るわけではない。

過剰な場合)
全く泡が立たず洗浄力がなくなり、加えた油分が残る。
油分は髪やお肌に残っているが、汚れは全く落ちていない状態。

こうした状態は
女性の方々は食器を洗っているシーンなどで
よく体験されているはずですね。

アブラがギトギトのフライパンを少量の洗剤で洗ったら
まだフライパンの表面がヌルヌルして落ちていなかった・・・。

これは、油の量に対して洗浄剤の量が足りず
結果としてアブラ汚れが残ってしまった状態ですね。
つまり、アブラ汚れが落ちていなかったという事。
もちろん、まさかこの状態で
「まぁ、いいや」なんて思う方はおられませんね。

という事で、結論。
洗浄剤に油を混ぜるのは洗浄性能が落ちてしまうので
やってはいけません


ちなみにこの問題
資生堂のシャンプー「TSUBAKI」が
テレビの宣伝でも椿油を配合している事を謳っています。
もちろん、実際に配合もされています。
これを手作りで真似た方も多いそうです。

しかしながらこれは
単にシャンプーに椿油を混ぜただけではないのですね。
洗浄成分と椿油が別々の状態で存在できるように
製剤上のノウハウの上に成り立っています

これは石鹸に混ぜただけでは再現不可能ですね。


次回も引き続き、化粧品作りの誤解のお話をお届けします。

お楽しみに~。



★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★
ブログランキングに参加中!
皆様の応援が記事の更新を後押ししていますので、ぜひクリックをお願いします!
「Ctrl+クリック」で全部ポチッと。。。
人気ブログランキングへにほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へblogram投票ボタンTREview

☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆






Last updated  2012/03/27 05:34:52 PM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Profile


美里康人(cosmetic-web)

Free Space

【美育Laboの公式サイト】
ビークラボ公式サイト

【アシスタントblog】
コスメの研究・開発現場で悪戦苦闘するアシスタント、ゆっき~のあたふた日記。
アシスタントゆっき~の美育Labo日誌

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

化粧品の基礎知識 皮膚生理からブランド戦略まで [ 藤田雅夫 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2019/4/5時点)




【送料無料】コスメの真実・裏側

【送料無料】コスメの真実・裏側
価格:1,800円(税込、送料別)

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

 ひらぎ@ Re:またまた美容被害・・・まつげ美容液トラブル(08/14) まつエク施術者を目指しているものとして…
 あやめと申します。@ Re:またまた美容被害・・・まつげ美容液トラブル(08/14) はじめまして まつげ美容液は怖いんです…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.