210351 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

コスメあら!?カルト??

2020年01月27日
XML
★・・・☆・・・★・・・☆・・・★
ブログランキングに参加しています。
皆様の応援が、老体をあと押し(笑)
クリックをよろしくお願いします!
 にほんブログ村 美容ブログへ
☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆
<< 公式サイト >>

仕事のご依頼、お問合せはこちらまで
☆・・★・・☆・・★・・☆・・★・・☆
 過去の記事やコスメBBSの過去ログはこちら 
ブログ記事やBBS過去ログ
成分関連記事など
 @cosme(chieco)Q&Aはこちら 
HN【やっつん☆】で回答してます
☆・・★・・☆・・★・・☆・・★・・☆


今年は暖冬で
豪雪地方でも雪が少ないそうです。

私は夏男で冬は苦手ですので
これ幸いと思ってはいますが
それでも寒いです。。。;

前置きはこれくらいにして
前回のスペシャル企画の続きです。

前回の記事はコチラ
【新春スペシャル第二弾】化粧品鑑定家を名乗るお方のプロデュースコスメを斬ってみた~その1

いよいよ、詳細の分析ですね。
ポイントは3点です。

①セタノールと界面活性剤で乳化

いやはや、これは驚きました。
まさに、昔のリンスかよ!という感じですね。

セタノールはその昔
クリーム状のリンスの界面活性剤として
ほとんどのお安い製品に使われていました。
なぜなら
クリームがう~んと安いコストで
なおかつ簡単に設計できるからです。

ほらね。
某社のヘアトリートメントです。


セタノール
ジメチコン
ベヘントリモニウムクロリド
グリセリン
加水分解ケラチン
アルギニン
アジピン酸
グルタミン酸
トリカプリリン
アモジメチコン
ステアルトリモニウムクロリド
(C12-14)パレス-7
(C12-14)パレス-5
セトリモニウムクロリド
トリデセス-12
リン酸

~以下、割愛

しかしながら
旧表示指定成分の制度が施行され
セタノールは一部にアレルギー性の接触皮膚炎が報告されたため
これに表示義務として指定されたんですね。

以降、業界ではセタノールは
頭髪用の洗い流し製品以外には
ほとんど使われなくなった成分の代表です。
特に大手さんはヘアケアのトイレタリーでも
ほとんど使わなくなりました。

なのに、スキンケアに使うんですか???
しかも表示順はオイルの次ですから
結構な量の可能性※あくまで可能性もあります。

②カルボマー

まー、市場のクリームのほとんどがコレ
つまり「ビニル系・アクリル系ポリマー処方」ですから
(私は全く使用しませんが)
「やはり、あなたもですか・・・。」
ということなのでしょうが
他社非難するくらいなら
合成ポリマー系クリームを避けられないのか?
と思ってしまいますし
アピールするほどのことではないですね。

③セラミド配合量

ブランドコンセプトの柱となっているのがコレ。
ここ、特に重要なポイントのはずですね。

なのに、この配合量ですか?
というのが正直なところ。

ここで声が聞こえてきそうです・・・。

「配合量は分からないでしょ?」
「もともとセラミドはたくさん配合できないので、1%以下は普通でしょ。」


いえいえ、私が書くこちらの記事は
一切、根拠のないことや勝手な想像
そして担保のとれないことは書かないのが
ポリシーです。
(誰かさんと違い・笑)

きちんと示しましょう。

この製品のセラミド配合に使われているのは
原料名は明かしませんが、こちらのプレミックス素材。
 ※プレミックス:原料メーカーであらかじめ幾種類かの素材が混合された原料


セテアレス-25
グリセリン
セタノール
ベヘン酸
コレステロール
セラミドEOP
セラミドEOS
セラミドNP
セラミドNS
セラミドAP
カプロオイルフィトスフィンゴシン
カプロオイルスフィンゴシン


もちろん、これは非常に良い原料ですし
何も批判することはありません。

ただ、これをどれだけ配合しているかが問題。
まして、「セラミドがウリ」です。

これを使うと、製品の成分表示順で
その程度が分かってしまうんです、実は。

この原料の成分比率でもっとも多いのが「水」
つまり水ベース原料です。
そして次に、セラミドを分散させる界面活性剤。
残りわずかな部分が7種類のセラミド成分です。
 ※スフィンゴ脂質含む

ということは、セラミドをたくさん配合する目的で
この原料を多く配合すると
これに含まれている多くの合成界面活性剤
つまり「セテアレス-25」
1%以上のところに表示されることになってしまうわけです。

でもこの全成分では
この界面活性剤すらも1%以下・・・。

ということは
「セラミドはめっちゃ微量」
と判明するわけですね。

とはいえ、以前にもこちらで記事にしましたが
ヒト型を含む正式なセラミドは非常に溶解が難しいため
何もそこに拘って高濃度配合する必要はありません。

だって、どうせ目的はスフィンゴ脂質がもつ
特異かつ優秀な保湿性能が目的ですから。
皮膚の生体と同化するわけじゃないですからね(笑)

いわゆる花王さんのように
コストのあまり高くない「セラミド類似成分」を採用し
むしろ配合量を多くすることによって
その同等以上の効果は期待できるので
曲がりなりにもそれでも実行されていれば
素晴らしい!となるのですが

残念ながら
「ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)」
こちらのセラミド類似成分も1%以下・・・。
(3~5%配合すれば、目に見えて効果が出るんですけどねぇ・・・)

ということで、評価は以上で
特に悪いとは思いませんが
コレが大手さんの高級ブランド並みのあの価格???
と、驚いた顛末でありました。

え? なになに?

「上の考え方を、あのセラミド美容液にもあてハメて全成分見てみたら・・・;」

さぁ~ね~
私は何も言いません。

「しかも、その他はグリセリンとBGだけで・・・5,000円;」

こちらをずっとご覧頂いているユーザーさんは
とっくに気付いています(苦笑)

残念ですが
イケメンと巧妙な口上にダマされた
アナタが悪いのです。

しかし、ユーザーの皆さんが
いくら良いコスメを見極めるための記事をしたためるとしても
やはり人様を批判したり
悪口を書くような行為は後味が悪いですねぇ・・・。

次回はニュートラルに戻し
気分を変えましょうね。
ではでは。

by.美里 康人


私とは異なる目線での、業界裏話の日々ブログも訪れてあげて下さい。
 アシスタント ゆっき~
 新米研究者 いろはねクン
私(美里こと、谷本)の著書もよろしくお願い致します。


こちらから、弊社パイロット化粧品の購入が可能になりました。







Last updated  2020年01月27日 08時30分06秒
コメント(9) | コメントを書く
[コスメあら!?カルト??] カテゴリの最新記事


PR

Profile


美里康人(cosmetic-web)

Free Space

【美育Laboの公式サイト】
ビークラボ公式サイト

【アシスタントblog】
コスメの研究・開発現場で悪戦苦闘するアシスタント、ゆっき~のあたふた日記。
アシスタントゆっき~の美育Labo日誌

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

化粧品の基礎知識 皮膚生理からブランド戦略まで [ 藤田雅夫 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2019/4/5時点)




【送料無料】コスメの真実・裏側

【送料無料】コスメの真実・裏側
価格:1,800円(税込、送料別)

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

美里康人@ Re[1]:化粧品浸透性技術への妄想(03/16) マルリンさんへ ご訪問とありがたいコメ…
マルリン@ Re:化粧品浸透性技術への妄想(03/16) こんにちは、ランキングから来ました。 化…
美里康人(cosmetic-web)@ Re[13]:間違いはきちんと謝罪します!(01/29) にむやさんへ ご訪問とコメント、ありが…
にむや@ Re:間違いはきちんと謝罪します!(01/29) 側から見ると、業界の肩をもつと思われて…
美里康人(cosmetic-web)@ Re[11]:間違いはきちんと謝罪します!(01/29) やまださんへ ご訪問に加え、コメントあ…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.