帰国子女のコスメ事情

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2020.11
2020.10
・2020.09
・2020.08
2020.07

カレンダー

2020.10.17
XML
テーマ:香水(695)
カテゴリ:-Beauty-
こんにちは、香水はつけなさすぎるよりはつけすぎたいぱんだぬきです。

タイトルはシャネルの名言ですが、個人的に香水をつけてないとやる気が出ないので
香水をやる気スイッチにしている人も多いのではないでしょうか。

ということで今日は私のやる気スイッチの紹介です。



Burberry Her London Dream

わざわざシャネルの言葉を引用しましたが、シャネルとは縁もゆかりもない英国ブランドバーバリーです。

9月末ぐらいに購入しました。
求めていたのは同じシリーズの前の香りだったのですが、廃盤になったばっかりだったようで
これはこれでよかったので購入しました。

香調はフローラルとフルーティですが、個人的にはちょっと重ためな感じがします。

トップノート:ジンジャー、レモン
ミドルノート:ローズ、ピオニー
ラストノート:ムスク、アンバー

ミドルでもう既にローズが香るので、
爽やかなのはつけたてのみですこしすると重ための、良くも悪くも大人っぽい香りになります。

公式によると
「モダンでロマンチック、夢のようなひと時が始まりそうなロンドンで過ごす美しい日々と自由」
を表現しているようです。

もともと購入を考えていたのはこちらのピンク色の方でした。

香調はフルーティーフローラルで爽やかですが結構しっかり甘めです。
公式によると、「大胆で冒険心あふれるロンドンの女性をイメージ」したもの。
トップノート:イチゴ、ラズベリー、チェリー、ブルーベリー、ブラックベリー
ミドルノート:ジャスミン、スミレ
ラストノート:ドライアンバー、ムスク
なので、最初はさわやかに香り、少し経つと甘くなっていくイメージです。

店員さんの言葉を借りるならピンクの方はロンドンガール、私が買ったブラウンぽい方はロンドンレディという感じです。
甘すぎても見た目とのギャップが出来てしまう気がしたのでちょうど良かったです。

百貨店の香水売り場でピンクの方を試した際は一度につけすぎたのか、
ラストノートが少しチョコレートのように感じられました。
チョコレートのように香るものは入っていなかったので
手首につけた分を少し落としたらムスクやアンバーを感じたので、ただそこのテスターが古かった可能性もあります。

香水はブティックやコスメカウンターでの扱いがあれば、
色々なブランドを売っているところよりもそのブランドのブティックで購入する派ですが
バーバリーのブティックは香水1つ買うだけの私でしたがめちゃくちゃ接客が丁寧でした。
全然買うつもりはなかったマフラーも見せてもらって危うく買いそうになりました(:3_ヽ)_

Twitter => @___chiha_
Instagram => @chiha__gram
質問箱 => Questions







最終更新日  2020.10.17 19:08:06
コメント(0) | コメントを書く
[-Beauty-] カテゴリの最新記事


PR

プロフィール


-ぱんだぬき-

サイド自由欄

1995.09.21/日本生まれ/中高大カナダ/東京在住
イエベ春/骨格ウェーブ/顔タイプクールカジュアル

Twitter => ​@___chiha_
Instagram => @chiha__gram

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.