000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

オヤジの能書き

PR

X

Calendar

Freepage List

2007.11.01
XML
カテゴリ:健康生活
食のスタイルとライフスタイル
 
ナチュラル・ハイジーン=NATURAL HYGIENE
自然健康法とも呼ばれ”自然治癒力を正常にすること” 食べ物こそが、遺伝や環境以上に人の命の長さと質に 影響を及ぼすという考え方。薬など抗生物質や化学物質を身体に入れることは避け、生の果物・野菜を中心に するナチュラルフードを取り、牛乳・乳製品は避ける。
 
ローフード=「生の(=RAW)」「食べ物(FOOD)」
できるだけ加熱調理せずに、生のまま食べることで、素材本来の持つビタミンやミネラル、そして何よりカラダに とって大切な食物酵素をまるごと摂取できる食のスタイル
 
リビングフード=LIVING FOOD
毎日の食事の基本とするフード・ライフスタイル。
生きているとするのは「酵素」。食物に含まれる酵素を壊さないでそのまま取り入れる、という考え方です。
欧米では最近、栄養素よりも酵素(エンザイム)の体内での働きに注目、酵素不足が健康や体重増加と因果関係があるらしい。酵素は生の果物や野菜だけでなく、チーズやヨーグルトなど発酵食品にも含まれているので醤油や味噌、キムチなどもアクセントとして楽しめる。

ロハス=LOHAS(Lifestyles Of Health And Sustainability
(健康と環境保護に高い関心を持ち、その持続を求めるライフスタイル)のこと。
1998年アメリカで生まれた新しいライフスタイル、一大ムーブメントとなり、ここ数年日本でも大きな関心と注目を集めている。「自分の健康や幸せと同時に、地球や周りの人たちの幸せも考えて行動すると言う環の発想」誰もが持つ「思いやり」人は自然と共感し楽しく自分らしく始められるそんな美しい考え方が「ロハス」または「ローハス」。
 
意 味:健康で持続可能な暮らし方
自分自身の心とカラダが「健康」であること、そのうえで人間社会や自然環境の状況が「持続可能」であること、そのうえで人間社会や自然環境の状況が「持続可能」であること。そんな「暮らし方」の総称が「LOHAS」です。
 
「エコ」と「ロハス」の違い
エコロジーは「つらくて大変」「長続きしない」というイメージがありました。
「エコ」の概念を払拭し、もっと楽しくスタイリッシュにエコを長続きさせるためにはどのようにすれば良いのか、それが「ロハス」の出発点となっています。
                                       
□2007年前期ホテルスクール教材用として作成

画像はにんじんとりんごのミックスジュース
URL:http://www.cosmicjapan.co.jp/tunankougen.htm






Last updated  2007.11.02 10:28:08
コメント(0) | コメントを書く
[健康生活] カテゴリの最新記事


Profile


コズミックジャパン2007


© Rakuten Group, Inc.