008190 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

オヤジの能書き

PR

X

Calendar

Freepage List

2008.02.01
XML
カテゴリ:健康生活
中国餃子が大問題になっています、業界では異物混入で大騒ぎをしています。
今回、一番の問題は公開されるまでに無駄に費やされた時間です。
まず、病院や被害者から1.(所轄保健所)⇒(都道府県)⇒(厚生労働省)へ通報されます。
1.の段階で販売店、卸売業者からメーカーへ速やかに確認通報します。

今回、メーカーの対応(JT)の取締役の記者会見で全てが理解できます。
危機管理体制が整備されずに生産がスタートしてしまったことなどです、さらに中国工場(中国政府)の閉鎖的な対応にあるのではないでしょうか。

テレビや新聞などで報道されている「食の安全」については余りにも調査不足です、便乗患者を増やすだけと思われます。
あるある大辞典の「納豆」と同様です、全国の売場から商品が不足するだけでなく、商品の割引も無くなり消費者は定価で商品を購入します。結局高い買物をするのは消費者です。
そして自給率40%の国内産商品に消費者が集中して物価が上がってしまいます、年金受給者、お年寄りの財布を直撃して大きなダメージを与えます。
普段から、我々が最も口にする物(米、ダイズ、肉類、魚介類など)から取材すれば驚く結果が出るはずです。
商品は所轄保健所などでサイズ、規格、原材料、添加物、賞味期限など指定事項を記入して申請しますが一度許可が下りればメーカー任せとなってしまっています、紙切れ一枚です。
「食の安全」は生産者、流通業者、店舗が商品に強い責任持つ事が第一ですが現状では機能しておりません。

今回の食中毒は事件です学習しましょう、餃子の材料を揃えて自分で作ると幾ら掛かるか、そして冷凍餃子は幾らなのか、その差額を考えてください。

さらに問題は、スーパーやコンビニなどセルフショップの悩みは万引きだけではありません。
消費期限、賞味期限切れ商品も大きな比重をしめています、客は商品全てをひっくり返し1日でも日付の新しい物を買って行きます、期限の迫った商品は売れ残ります、これにより莫大な量の廃棄商品が出てしまいます。
消費者のエゴによりさらなる物価高騰に拍車がかかります。
危機に対して「日本人の大和魂」を大切に対応しましょう、あなたのエチケットに期待します。
若い世代の人たちに手本となる大人の責任と行動に期待します。






Last updated  2008.02.01 20:07:38
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Profile


コズミックジャパン2007


© Rakuten Group, Inc.