000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

目指せ!ゆるゆるLife♪

全8件 (8件中 1-8件目)

1

妊娠糖尿病 入院記録

2012年10月28日
XML
退院して4週間。
3食前のインスリン注射と1日6〜7回の血糖測定をしながら、何とか自宅で過ごしています。


退院後、自宅へ戻る車の中でインスリン注射をして、着く頃にお昼ゴハン…
と思っていたら、マーチンが「公園行く〜!」と言い出して。
注射してからゴハン食べるまで時間がかかってしまい、早速低血糖の症状が!

だるさ、手の震え、冷や汗…
ダンナがダッシュでお弁当買ってきてくれて、ダッシュで食べました。

上の子がいると、時間を守れなくて苦労します。
低血糖は何度も発症しているし、食後2時間の血糖測定も遅れてしまい、正確にはどうなんだか…?寝かし付けで一緒に寝てしまうので、就寝前の血糖値は測れないし(これはもう諦めてますけど)。

食事制限のストレスもどんどん溜まり、イヤイヤ期の2歳児を相手する育児ストレスと重なって、キレそうになることも多々(ー ー;)
いい歳して、たまに泣いてます(T_T)
出産までの限られた期間の話なのに… 弱いなぁ。。

あー、甘いもの「バカ食い」したいっ!


退院後の内科の診察は、妊婦検診と同じ日にしてもらい、2週間おきに2回受診しました。
血糖値を記録したノートを提出してチェックしてもらいますが、このまま何とかやって下さい、っていう感じでした。
手探り状態ですが、炭水化物の摂り過ぎ、間食の摂り過ぎに注意すればコントロールできそうです。厳密にカロリー計算とか、全然してないし、たまにアイスとか食べちゃってます…


糖尿病の患者さんの苦労は相当なものだと思います。注射と血糖測定だけでもホントめんどくさい!その上、野菜中心にしっかり料理もしなきゃだし、外食にも気を使う。私のような妊婦じゃなければ、運動も必要。

今後なるべく発症したくない病気です。
出産後、気を付けないと〜。






Last updated  2012年10月29日 04時24分30秒
コメント(0) | コメントを書く


2012年09月30日
9/30(日)

7:30 97 インスリン16単位
10:00 172


味気ない食事も朝で終了。
どんぶりゴハン、少ないおかずで食べ切るのがキツかったです。
Qさんのブログに「ふりかけ許可」をもらった!と書いてあったので、入院3日目ぐらいに私も看護師さんに相談してみると…
次の食事の時に早速、小分けの焼き海苔&ふりかけ&梅ペーストが10日分まとめて届いた!1食につきどれか1個ですよ〜と。
言ってみるもんですね。ありがたかったです(^o^)


♪♪♪♪♪

朝から荷物をまとめてルンルンで退院準備。
ダンナからも出発したよとメールあり。

そ、それなのに!10時の血糖値が172!?

看護師さん「高いので相談してきます。」そして、「内科の先生が病室に来るそうです。」

退院ギリギリに内科の先生がやってきて、帰宅後のインスリン量を増やされました(ー ー;)
帰ってからの生活、大丈夫なのかな〜。。特に「低血糖」についての注意は、先生、看護師さん、薬剤師さん、みんなから念を押されました。低血糖の症状は、妊娠前に何度も体験したことがあるのでわかってはいますが、インスリン注射してると起こりやすいので気を付けなきゃです。


♪♪♪♪♪

無事退院です。
パパがマーチンを連れて迎えに来てくれました。
感動の再会!
赤ちゃんも元気で一緒に帰れて良かった(*^_^*)

お見舞い、メールなどで、励まして下さった方々、ありがとうございました!

7日間の入院で、お会計は81,150円也。(限度額認定証 使用)


♪♪♪♪♪

血縁者に糖尿病はいないので、まさか自分が妊娠糖尿病になるなんて思ってもいなかった。
最初の血糖検査で引っかかるまでは、つわりもほとんどなかったので、好きなものを好きなだけ食べていたし、育児のストレスを食で解消していた部分もあります。
マーチンを産んだ後、母乳育児が軌道に乗るとみるみる痩せていったので、また産んでから痩せればいいや〜、なんて思って体重も気にせず。

代謝の良かった若いころとは違うんだな〜(~_~;)
年齢の高さを実感させられた妊娠糖尿病。
赤ちゃんのため、出産までしっかり努力して、産んでからも本物の糖尿病にならないように気を付けて過ごさなくちゃ。妊娠糖尿病になった人は、10〜20年後の将来糖尿病にかかる確率が高いそうです。






Last updated  2012年10月08日 04時03分46秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年09月29日

7:30 67 インスリン12単位
10:00 130
11:30 103 インスリン8単位
14:00 149
16:30 99 インスリン14単位
19:00 162
21:00 127


朝食前のインスリン、12単位に増えたのに食後2時間値130 (ーー;)

昼食後2時間値は149 (°_°)
しかも、病院の測定器と自分専用の測定器、両方で測ったんですが、誤差があるとはいえ自分のでは179なんて数値が!
大丈夫なのか…?と思っていたら、やっぱりその後のインスリンが14単位に増えました。

そして、自分の測定器ですが、夕食後162!(◎_◎;)

すでに退院も決まり、内科の先生から退院後のインスリン量や調節の仕方、注意点なども聞いたので、もう気にしてもしょうがないです。。おうち帰ってからがんばろう!


午前中に、糖尿病の合併症である糖尿病網膜症の検査で眼科にかかりました。異常はなく、出産後は念のため1年以内に近所の眼科で眼底検査をして下さいとのことでした。

これですべての検査が終了です。
明日、退院です。


♪♪♪♪♪

嬉しいニュースを聞けましたよ♪

M先生チームの若手A先生から、トラケ後の方が出産されたと昨日チラッと聞いたので、朝の回診の時に詳しく聞いてみると…

トラケ後妊婦さんが、昨日おとといと連続で2人、帝王切開にて出産されたそうです!
わーい(≧∇≦)おめでとうございます♪

お2人とも35週での出産だそうです。すごい!
おととい出産の方は6月頃から、昨日の方は8月頃から入院されていたということ。

もしかしたら向かいの病室の方がそうかもしれないのですが、突然声かけるのも、人違いでも失礼だし… おとなしく退院します ^_^;

慶応でのトラケ後の出産は、20例ほどになっているそうです。






Last updated  2012年09月29日 23時42分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年09月28日

7:30 67 インスリン8単位
10:00 136
11:30 106 インスリン6単位
14:00 103
16:30 92 インスリン10単位
19:00 122
21:00 97

朝食後の数値が毎回高いので、インスリン8単位に増えました。
恐怖の注射。
昨日と反対のふとももに、緊張しながらチクッ…
あれっ?痛くない!
おぉ〜、これなら全然大丈夫。
場所によって痛さが微妙に違うようです。


お昼に、2回目の栄養指導に行きました。
「何かわからないことありますか?」という程度のお話。
病院食を毎回写真撮って記録して、何となくイメージできたので、後は血糖値測りながら色々やってみるしかないです。とりあえず、今までの家での食事のおかずの量を減らせば大丈夫なんじゃないかと… 食事の時間と6分食は規則正しく守りながら。

そして午後、血糖測定の指導です。チクッと痛みはあるけど簡単でした。


♪♪♪♪♪

その後、M先生の診察でした。
今日から30週です!頸管長は変わらず1.5cm。
「お腹張ると頸管が短くなるんですか?」と聞くと、糸できつく縛ってあるので、短くなるというより出血するんではないか、ということでした。
トラケ後妊婦で起こり得るトラブルは、やはり破水が多いそうです。

帝王切開は11/14に決定し、何もなければ自宅でギリギリまで過ごしていいそうです。ギリギリって…??と聞くと、な、なんと前日でもいいと!
でも、さすがにそれはコワイ(^^;;
様子を見ながら、数日前には入院させてもらおうと思います。

で…退院ですが、日曜日に決定しました!!
やったー♪ 産科の先生方、ありがとう!

内科の方では、ウテメリン内服が始まったことで、おそらくインスリンの量を決めかねて、もう少し様子を見たかったのではないかと思います。
でもあとは内科の外来でもできるので、注射と血糖測定だけ習得すれば産科的には退院OKと。
内科の通院がどれぐらいの頻度なのかなー。


♪♪♪♪♪

腎盂腎炎で夜中に緊急入院、4日間同室だった24歳ギャルちゃん。
尿検査でたまたま妊娠が発覚したそうです。まさかの妊娠に、とっても喜んでいたし、お金ないーどうしよー、なんて戸惑ってもいて… 何か新鮮でした。ダンナさんもウキウキで♪

おそらく普段アラサー、アラフォー妊婦が大部分の病棟に、ギャルが飛び込んだもんだから… 担当の若いドクターたち、滞在時間が長っ!テンション高っ!わかりやす〜(-。-;






Last updated  2012年09月28日 22時15分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年09月27日

7:30 80 インスリン4単位
10:00 140
11:30 129 インスリン4単位
14:00 106
16:30 114 インスリン6単位
19:00 147
21:00 102


昨日は夕方頃からお腹が張りぎみで、娘に電話しに病棟ロビーまで歩いて帰ってきたらパンパン。
21時消灯で横になってましたが、22時頃から張りが頻繁に…
治まっても5分ぐらいでまたキュ〜ッと張る。痛みはないのですが、5分おきが1時間ほど続いたので、心配になりナースコールしました。

モニター(NST)付けて様子を見てもらいました。
ナースコールしたら安心しちゃったのか…モニター付けてからは張りが弱くなり、間隔も長くなってきました。
落ち着いてきているけど、トラケしているので、当直の先生の判断で、念のためウテメリンを1錠飲むことになりました。

副作用もコワイ。血糖値も上がるかも。。
でも赤ちゃんのためには張りを抑えるのが優先です。

初めてのウテメリンでしたが、副作用は少し脈が速いかな?ぐらいで、眠さが勝って朝までグッスリでした。点滴の副作用に比べたら、内服は全然軽いんでしょうね。

朝になり、結局、食後と寝る前1日4回ウテメリンを飲むことになりました。


♪♪♪♪♪

血糖値は内科の先生がチェックしてインスリンの量も決定しています。今日も、キムタク風味のイケメン先生が来て状況を説明してくれました。

ウテメリンを飲み始めて、やはり血糖値が上がっているので、インスリンの量を増やしてもう少し様子を見なくてはいけない。
コントロールが難しくなっているので、退院が2〜3日延びるかも…と。Σ(゚д゚lll)

そんなぁ〜。
自分じゃどうしようもできないのがもどかしい。。

実際、今日目標を下回ったのは7回のうち2回だけ (ー ー;) 今までで一番高い147という数値もあるし。インスリン量も夕食前から6単位に。量は増えても、コントロールさえできればいいんですけどね。

午後には、車椅子で内科へ連れて行ってもらい、インスリン注射の手技を教わりました。そして夕食前の注射から、自分で打つことに。

ペン型の注射器で、ふとももにチクッ。
い、痛ーーーいっ!
そんなに痛くないって聞いてたのに…。
これを1日3回!? 恐怖心が増してしまいました。


♪♪♪♪♪

持ってきたパソコンが壊れて立ち上がらなくなってしまい、あまりにヒマなので、夜こっそりローソンへ行って雑誌を調達。
きゃ〜、美味しそうなものがいっぱい〜♪
カロリーゼロなら飲んでいいと聞いていたので物色。コカコーラゼロと、カロリーゼロの飴… そしてカロリーゼロのようかんを発見!密かな楽しみとして買っておこう♪

夜中に目が覚めて、お腹が空いてきて…
あっ、ようかんあるじゃん!
頭の中が、ようかん羊羹ようかん、ようかーん。
でもゴソゴソするとお隣さんに悪いし、空腹に耐えて泣く泣くガマンしました雫






Last updated  2012年09月28日 08時50分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年09月26日

7:30 77 インスリン2単位
10:00 146
11:30 105 インスリン2単位
14:00 127
16:30 108 インスリン4単位
19:00 118
21:00 111


入院中は水曜日が妊婦検診だそうです。

体重は少〜し減っていました。さすが糖尿病食。尿検査では糖も蛋白も−(マイナス)。ケトン体も−です。(蓄尿はケトンではなく腎機能の検査でした)

血糖値が目標を下回って安定し、血糖値測定とインスリン注射の指導を受けて、何回か自分でできればそれで退院できるそうです。
看護師さんと話していたら、上の子がいるから早めに退院したいと医師に言えば、考慮して指導などを早く進めてもらえると教えてくれました。
よーし、先生たちに猛アピールしたいと思います!

し、しかしながら…
今日も、インスリン注射しても食後120を下回らない数値が続き、夕食前のインスリンは4単位に増えてしまいました。空腹時も100をわずかに超えてるし…

私の体の中、どうなってるんだろう。どうか赤ちゃんに影響が出ませんように。。


♪♪♪♪♪

実は、帝王切開の予定日が35週ということが気にかかっていて…

早く産まれたら赤ちゃんと一緒に退院できない可能性が高い。
できれば一緒に退院して母乳育児もがんばりたいので、やっぱり少なくともマーチンの時と同じ36週まではお腹にいさせてあげたいな〜と。
でも糖尿病でどんどん赤ちゃんが大きくなってしまうなら、35週で出してあげた方がいいのか??

毎日病室に顔を出してくれる主治医のM先生に相談してみました。

赤ちゃんが大きめなのは糖尿病の影響が少しある、と若い先生は言っていましたが、M先生は「いや、影響の出るような血糖値ではないよ」と。な〜んだ!
36週まで待ちたいなら、1週遅らせても大丈夫だと言ってくれました。
というわけで、11月14日に帝王切開になりそうです。


♪♪♪♪♪

今日は、外来に来られたQさんが病棟まで足を運んでくれました。

Qさんは妊娠糖尿病で慶応に入院されたことがあり、糖尿病の診断が出た後はQさんのブログを何度も読み直していたんです。色々お話を聞かせてもらえたし、食事が〜っ!てグチも聞いてもらっちゃって…
注射の時間になってしまい短時間でしたが、おしゃべりで気分転換できて楽しいひとときでした。Qさん、ありがとうございました!






Last updated  2012年09月27日 07時59分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年09月25日
7:30 74
10:00 136
11:30 98
14:00 106
16:30 103 インスリン2単位
19:00 123
21:00 120


朝7時頃、スピッツ5本の採血。10時にも2本採血。朝9時に尿を全部出し切って、その次の尿から24時間、トイレに用意されたカップで採尿して袋に蓄尿していきます。これはケトン体の検査で、インスリンが不足しているかどうかわかるそうです。

内科のイケメン先生によると、妊娠前から糖尿病だった可能性はないということです。血中のヘモグロビン値でわかるそう。
食後の血糖値がやや高いので、夕飯前からインスリン注射することに決定。ほんのちょっとのオーバーなんだけどな〜。

ひじの上あたりに2単位注射。チクッとします。2単位って量は、インスリン療法を始めるにあたって一番少ない量だそうです。

注射したのに夕食2時間後は123。
うーん。。わずか3オーバー。
あんまり気にしないようにしよう。

血糖値を上げる原因に、ストレスもあるみたいです。ストレスの多い生活をしてる人は、そうでない人に比べ体内でインスリンがたくさん必要になるらしい。

数値に一喜一憂しないことも大切かもしれません。寂しい食事にも「またこれだけ〜!?」とか思わずに、無心でいただくようにしよう…(-_-)


家にいる時は、特に夜には頻回にお腹が張っていましたが、入院して1日ゴロゴロしていたら、ほとんどお腹は張らずラクになりました。食事制限のおかげなのか、むくみも取れて体も軽い気がします。頻尿も少し改善されたような。

退院後、自宅でやっていけるのか!?






Last updated  2012年09月26日 08時42分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年09月24日
妊娠糖尿病のため、今日から1週間の予定で慶応に入院しましたよー病院

前回のブログから1週間後、方針を決めるために受診しました。

そのまま出産まで入院になるようだったら、もう1週遅らせて10月からの入院できないか?とM先生に相談したところ…
「いや〜、そんなにベッタリ入院しなくても大丈夫ですよ。ゆるりーさんの場合、状態が安定しているし2人目で様子もわかってるだろうから、一度退院して自宅で様子を見て、11月入った頃の入院でいいんじゃないですかねぇ。」と、再びお気楽発言!

えーっ!?自宅に帰っていいんですか!?
1週間で済むんだったら早い方がいいので、今日24日から入院することにしました。

1週間とはいえ、娘と離れるのは心配だしツライ。朝別れる時は泣けました涙ぽろり

♪♪♪♪♪

午前中に入院し、昼食前から血糖値測定が始まりました。指先を針でパチン、血を出して血糖値測定器で測ります。慣れるまで緊張するし、チクッと痛いです。

時計1日のスケジュール

7:30 血糖値測定 (食前30分)
8:00 朝食
10:00 血糖値測定 (食後2時間値)、おやつ
11:30 血糖値測定 (食前30分)
12:00 昼食
14:00 血糖値測定 (食後2時間値)
15:00 おやつ
16:30 血糖値測定 (食前30分)
17:00 夕食
19:00 血糖値測定 (食後2時間値)、おやつ
21:00 血糖値測定


食事は1日6回に分けて摂り、血糖値は1日7回測定します。
今日の成績は、空腹時は63と85で問題ありませんが、食後2時間値が122や131でやや高め。

合間に内科の先生が病室に来ました。
先日の75gOGTTで2つの値がオーバーしていると、ほぼインスリン注射決定だそうです。
入院までの2週間、食事に気を付けていたので改善している可能性は?と聞くと、ほぼありません、とのことでした。測定してみると、ホントにあまり改善していませんでした。

それから、外来の方の栄養指導室に行って食事制限について話を聞きました。う〜ん、何単位とか言われてもわかりづらーい。めんどくさそう。病院食を参考にイメージつかまないと。

ここの病院食、通常でもあまり美味しくないのに、
糖尿病食はおかずが少なくてさらに寂しいです。
ゴハンの量だけは多くて、どんぶり軽く1杯はある。
炭水化物、こんなに食べていいの?って感じです。
妊娠後期なので、1日2000kcal必要だそう。

病院食以外は、糖分のない水やお茶はOK。
あと、コカコーラzeroなどのカロリーゼロ飲料もOKだそうです!が、体には悪そう…


そして早速、M先生チームの若い先生たちによる診察があり、腹部エコーもやって、赤ちゃんの様子が見れました。
推定1600g!大きめ。やはり糖尿病の影響で少し大きめみたいです。

さらにNSTもやりましたが、お腹が張りぎみ。自宅でも張りが結構頻回にありました。
しかし、張り止めのウテメリンを使うほどではないそう。ウテメリンには、血糖値を上げる作用がありインスリン注射の量が増えてしまうので、張らないようにするにはなるべく安静に、と言われました。病棟内安静ということになりました。


妊娠29週に入っています。
まだお腹にいてほしいこの時期に、自宅でお腹カチカチになってヒヤヒヤしているよりは、病院で安静に過ごせて良かったのかもしれません。赤ちゃんからの警告だと思って、糖尿病の方もしっかりコントロールできるようにしなきゃです。






Last updated  2012年09月25日 01時15分40秒
コメント(0) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.