000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

目指せ!ゆるゆるLife♪

全4件 (4件中 1-4件目)

1

2人目妊娠 産科入院〜出産

2012年11月15日
XML
11月14日、14時42分。
36週5日で、2825gの男の子が誕生しました!

応援してくれた皆様、本当にありがとうございました!!


奇跡的な自然妊娠からあっという間の2人目妊娠期間。
糖尿病もいい経験でした。
不安ながらも35週いっぱい自宅で過ごせて、無事出産に至ることができ、母子共に元気です。

本当に嬉しくて、感謝の気持ちでいっぱいです。


♪♪♪♪♪

赤ちゃんは、心配していた低血糖もなく、NICUにも入らず新生児室にいます。

帝王切開手術では、局所麻酔の効きが悪く、全身麻酔に切り替わるというハプニングがありましたが、早めに目覚めさせてくれたので、泣いている声が聞こえ、手術台で対面もできました。
お腹切り始めたら…痛い痛い!!
しばらく麻酔が効くのを待ちましたが、それ以上待つと危険だということになり全身麻酔になりました。

全身麻酔だと赤ちゃんも眠ってしまうということと、頭が大きくて出にくかったことで、最初泣かなかったようですが、刺激や吸引で元気に泣き始めたそうです。


1人目の時の手術は、背中の麻酔の注射が痛くてボロボロ泣きましたが、今回は痛みが少なく、尿管を入れる時の方が痛いくらいでした。
麻酔からの回復も、今回の方が早かったと思います。下半身のしびれがなくなるまでの間がツライ。ガタガタ震えが止まらないし、身動きできないし。でも、病室に戻ってきて4時間ほどで足が動くようになり、だんだんラクになりました。


一夜明け、お腹の傷の痛みは軽い生理痛ぐらいです。
背中の管から入れている痛み止めが終わると、座薬の痛み止めになり、それがすぐに効いてくれます。今日は午前中から、立ってトイレまで歩きました。

午後には車イスで新生児室へ連れて行ってもらい、赤ちゃんを抱っこしてきました。ちっちゃくてカワユイ〜(*^o^*) 

慶応では帝王切開後、3〜4日後から授乳が始まります。あさってから3時間おきにおっぱいで、忙しくなります。


今後、なかなかブログ更新できなくなると思いますがお許しを〜 f^_^;)
2人目妊娠記録が、少しでもみなさんの役に立つことを願っています。






Last updated  2012年11月15日 16時13分38秒
コメント(7) | コメントを書く


2012年11月13日
いよいよ明日です!
2回目の帝王切開ってこともあり、わりとリラックスしてのんびりしちゃってます♪

2人部屋のお隣さんは、2人目帝王切開でご出産、明日退院。体外受精経験者で同い年なので、話が合っておしゃべり三昧です(*^o^*)

♪♪♪♪♪
 
お腹の張りはありますが、気になるほどではなく、ウテメリンを1日4回内服するだけで済みました。
検査は全部済んでいるし、術前の診察も特にやらないということで、今日は下の毛を剃ってもらったぐらい…。
血糖値が高いこと以外は心配がないので、ほぼ放置されてます(^_^;)


注射が2本になったのに、ゴハン半分残してるのに、それでも食後2時間の血糖値が180なんて時があり(・・;)
昨日また内科の先生が検討して、別の「超速効型」のインスリンに変更することになりました。
あと1日だというのに、厳しい管理。スゴイな〜。
それだけ血糖値は重要なんでしょうね。

やはり産まれた赤ちゃんの低血糖が気になり、産科主治医M先生に相談してみると、小児科の方で血糖値を測りながら管理してくれるので大丈夫!と、ニコニコ顔で言ってくれました。
M先生に言われると安心する〜。
お任せするしかないですね。


♪♪♪♪♪

春、奇跡的な自然妊娠から、あっという間の妊娠期間。
胎動ももうすぐ終わり…なんか寂しいような。
でも、どんな子に会えるのか楽しみです!

がんばりまーす(*^o^*)







Last updated  2012年11月13日 22時04分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年11月10日
今日は若い先生たちによる診察があり、お待ちかねの腹部エコーがありました。

体重は…推定3100g!デッカイ〜!
40週相当って画面に出てました(^_^;)
もし普通分娩だったら、このままあと1ヶ月お腹で育つと3500gぐらいになるような数字。まぁでも巨大児ってほどではないので、糖尿病の影響はあまりなさそうです。

性別は、やはり素人が見てもわからないですね。どっちなのか楽しみです。


お腹の張りは、昼間はそんなに気にならずに過ごせています。ロビーまで歩いたりしています。


♪♪♪♪♪

心配なのが、血糖値。
やはりどんぶりゴハン完食のせいで常に高め。病室で安静にしているのと家で家事をやってるのとでは運動量も違うし。

内科の先生が全部チェックして病室に来てくれますが、高いので新たに持続型のインスリンをプラスして、全体的に血糖値を下げていくことになりました。注射2本〜。

内科の先生によると…
あと数日間でも、高血糖が続くと産まれた後に赤ちゃんが低血糖になりやすい。特に今まで打っていたインスリン量が多いので、その可能性が高いと。新生児低血糖が高度で持続すると、脳に後遺症が出てしまう可能性がゼロではないということです。

それ聞いて怖くなっちゃって…
次の食事からゴハンを食べる気が失せて、半分残しました。


NICU完備の大病院だし、もともと妊娠糖尿病だとわかっている妊婦の出産だし、万全の体制で管理してもらえるとは思うけど…
小児科の先生に、詳しく新生児低血糖の話を聞いてみたいな〜。主治医に相談してみようと思います。






Last updated  2012年11月11日 08時05分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年11月09日

入院までの2日間。
洗濯!片付け!洗濯!食材食べ切り!また洗濯!買物!…
やることいっぱいで、徹夜状態でバタバタと過ごしました。

入院当日は入院受付の時間が早いので、朝早めにマーチンを保育園へ送って行きました。
「ママ病院行ってくるからね」と言うと、一瞬寂しそうな顔をしましたが、最後は笑ってバイバイできました。

先日急に、「マーチンねぇ、もうすぐお姉ちゃんになるんだよ」と言い出して、自覚が出てきたのか!?とビックリしていたら、「ミカ先生(保育園の担任の先生)が言ってたよ」と付け加えたので笑っちゃいました(^^)

上の子にとっては、2人目出産は試練です。
ママ不在の試練。パパママを独占できなくなる試練。
2歳でもちゃんと話すと理解してくれるので、少し前から、もうすぐ赤ちゃん出てくるよ、ママ病院にお泊まりでマーチンはお留守番だよ…と心の準備のために話していました。

でも糖尿病入院でお留守番は経験して、意外と楽しんでいたので、今回も大丈夫だと思います。産まれてからの赤ちゃん返りはコワイですが(^_^;)
出産日にはマーチンも赤ちゃんを見に来ます。


♪♪♪♪♪

入院後は、夫婦で先生から手術の説明を受けました。

週数が進んでいるので、もし破水など緊急事態になったら、14日を待たずに手術になります。
手術は午後。
3回目の開腹なので、癒着があって時間がかかるかもしれないということでした。

午後は、麻酔の説明を受けに麻酔科へ。
帰りにナチュラルローソンで買物してきちゃお♪と思っていたら、一応安静のため、車イスで送迎してもらうことになりました。残念。。
看護助手さんと雑談しながら行きました。8月に新棟が完成しており、そこには1泊18万円のVIP病室があるそうです。染五郎さんもそこに入院していたらしい!

その後は診察もなく、のんびりしました。
食事は引き続き糖尿病食。どんぶりゴハンで食後の血糖値は高いです(ー ー;)


就寝後、夜中3〜4時ぐらいに、また頻繁にお腹の張りがありました。
寝ちゃいましたけど。

M先生によると、「お産てだいたい夜中に始まるんですよね。不思議ですけどね〜。」
夜中にお腹が張るのは自然の摂理みたいです。


さて〜。
もう心配することは何もないので、寝れる時に寝て、のんびりさせてもらっちゃいます(^^)
なんて贅沢なハイリスク妊婦なんでしょう☆






Last updated  2012年11月10日 10時43分16秒
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.