2008年11月17日

先生、知らないのー?

(2)
おとといから膀胱炎っぽく・・・

しょっちゅうなるので慣れっこですが。
ガブガブ水を飲み、市販の「猪苓湯」という漢方を飲んで、おしっこをいっぱい出すとだいたいは治っちゃいます。一旦は良くなりましたが、昨夜冷えたのか、今朝は血尿が出てしまい下向き矢印近所の婦人科へ行きました病院

変な話ですが、、子作りを開始して、精子ちゃんたちが奥へ行けるようにと、
行為の後しばらく仰向けで安静にしてます(気休めか!?)
でもそのまま寝ちゃうんですよね~。シャワー浴びずに。

これはテキメン。バイ菌が入ってしまったようです。
子作りしているので、念のため妊娠に影響がない抗生物質を処方してもらいました。
(パナセファン錠100mg)

           ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

診てもらったクリニックは、異形成が発覚した最初の病院です。
手術ができないので、公立病院へ紹介状を書いてもらったのが昨年8月。
それ以来の来院で、カルテにはそこまでの記録しかありません。
「円錐切除しましたか?」と聞かれたので、その後の経緯を報告しました。

この先生もまた、トラケのことを全く知りませんでした!
なので、手術の内容も詳しく説明したら、興味深そうに聞いてくれました。

なぜなぜ?どうして知らないの?
トラケが全国の婦人科医に周知されないのには、何か理由があるのかな~?
標準治療ではないから? リスクがあるから?
まだ実施例が少なすぎて予後が不明だから?
それとも医師が情報収集を怠っているだけ?

こんな手術あるよーっていう情報が広まるだけでいいのにな。
大々的に推奨される治療法になることを祈るばかりですが、
まだ時間がかかりそう。それだったら、私はネットで情報公開をして、
ひとりでも多くの人の目に留まるようがんばらなきゃ!と思います。

意気込みのわりに、情報も更新も少ないブログですけどね雫





TWITTER

Last updated  2008年11月17日 18時33分24秒
コメント(2) | コメントを書く
[トラケ&がん あれこれ] カテゴリの最新記事