2254421 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

八ヶ岳南麓より

全549件 (549件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 55 >

野菜・畑・果樹

December 19, 2015
XML
カテゴリ:野菜・畑・果樹

IMGP3121.JPG

スノーマン、色が変わるのだけれど撮影できていません。

IMGP3120.JPG

同じに写っています。

夜はここでベリー君といっしょに過ごしてもらいます。

そこの部屋には似合うのでは?ということで、届きました。

IMGP3122.JPG

残念ながら一夜にしてその場所を引渡しました。

クリスマスホーリー、こんなに綺麗に実がつくんですね。

うちにも3年ほどまえにたくさん実をつけたのに、場所を移動したらご機嫌悪くなってしまってその後実をつけることはありません。

綺麗なクリスマスホーリーを頂いて、スノーマンはほかの場所へ

こっちのほうが似合うと思うから

IMGP3123.JPG

ツリーはこんな小さなものにしました。

。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

今日も冷たい風の中、4時半まで作業

昼までなおみちゃんが手伝ってくれたので、かなりはかどって、午後は夫にチエーンソで一番大変なすもも園のでっかい木を伐採してもらいました。

1本なくなったおかげで、貴陽の誘引をやり直すことになります。

ひとつ仕事が終わったらひとつ仕事が増えたけれど、落葉もしたので、すもも園はあとは天候次第でいつでも散布できそうです。

柿の伐採を諦めれば、山の下の桃園も終えられる?12月中の予定は12月中に!!

・・・と思ったら、ひとつ忘れていたことがありました。

小さな私の果樹園の剪定誘引・・まだだったのですよ!!

(*´∀`*)

あと10日・・・お天気次第です!








Last updated  December 19, 2015 09:07:23 PM
コメント(4) | コメントを書く


September 7, 2015
カテゴリ:野菜・畑・果樹

今日の地元のニュースで、有名な干し柿の産地で奇跡の柿があると

無農薬では無理とされていた柿にお酢だけ散布して奇跡の柿を作った人がいるという話でした。

園主の柿はもう10年以上無農薬です。

奇跡??ってほどのことはありません。

確かに落ちる数は半端ではなく、見た目もオレンジ1色にはなかなかできません。

下の田のおじさんに春言われました、1回でいいから農薬を散布すればもっといいものがたくさんできるのに、もったいない・・と

それで1回を勉強したところ8月末でした

一番忙しく大変なときに、散布は難しくさらに今年その時期雨が多くて・・・

結局今年も無農薬です。

昨年、ネットで販売したものはよく売れたけれど、無農薬で綺麗ではないということで

かなり安値で売りました。

今日の放送をみて、そういう判断は間違っているのだと知りました。

そんなに奇跡?なものを園主は残しているのに、私がそれを認めているようで認めていないから安値で処分しようとして、結局維持管理できないのだと

自信をもって販売することも大切なのかもしれません。

奇跡の柿ですって!!

園主が生きていたらなんて言ったでしょう?

今日はその園主がまだ若く教員をいているころのことを知っている方がその教師っぷりを話してくださいました。

私にはそんな園主が目に浮かぶようです。

本当に頭のよい、素晴らしい教育者だったのでしょう。

そんな人が目指した果樹園は、時代を超えすぎていたのでしょう。

だから受け入れられることなく終わってしまったのです。

パープルアイもすべて収穫を終え、東京の安値のスーパーのプルーンとは別のものとして販売を終えました。

来年も堂々とその価格で販売しようと思っています。

最後に買いにきてくださった方の一言が私を元気にしてくださったのです。

スーパーで一山いくらの安値のプルーンではないものを食べてみたかったと

大きく立派なパープルアイをみながら、たくさんは買ってあげられないけれど、また来年もくるからねと

減農薬に耐えられず落ちるだけ落ちたプルーンのあと残ったもの

選ばれし果樹なのかもしれません。

それを激安スーパーと同じ値で売ったら、私の果樹園は減農薬のお金すら出ません。

今年の私の労力は時給0円になりそうです。

私の労力はどうでも、続けることができるだけはお金にしないと無理です。

奇跡の柿はおろか、花粉もつけない果樹は横にひっぱり、荒れ放題からの再生

それこそ奇跡の果樹園だと密かに思いました。

密かにですよ・・・(*´∀`*)

園主と違うことがあるとしたら、ブログを通して味方になってくださる方とつながっていること

知っていても助けてあげると言わない人もいるし、果樹園に来たことがあってもそれっきりの人もいる、それはその人の生き方ですからどうすることもできません。

読んでいるだけで、なにかできることは?と連絡くださる、見ずしらすの方もいる

騙すつもりはないけれど、それでも勘違いしていると申し訳ないと思いながらも、繋がりを続けて行かれたら、そんなに幸せなことはないでしょう。

今日お会いして、いろいろ相談してきた方も、おどろきのモモのご縁から始まっています。

奇跡の果樹園の意味は、そんな果樹が繋げてくれた素敵な人たちとの縁なのかもしれません。

私なんかが広い果樹園を維持管理して、死にかけた苗木を救い出し収穫に繋げていることそれ自体が本当に奇跡なのだとも思います。

いろいろな出来事に振り回されて、かなり疲れているけれど、ちょっとだけ元気をもらった奇跡のお話でした。









Last updated  September 7, 2015 08:44:26 PM
コメント(3) | コメントを書く
September 2, 2015
カテゴリ:野菜・畑・果樹

久しぶりに広がった青空

すもも園へいくと、最後の白桃にハクビシンが来ているようでした。

というのも、まだ一度も敵を目撃したことがありません。

ただ、食べ方や昨年の網の中でも入ってしまったことなど、考慮すると九分九厘ハクビシン

こいつがかなりの曲者

今日は完食して種だけ5個、かじりかけ3個、落としただけ4個、おとそうとしたのか?木の上からかじったのか?歯型がついた桃が5個

一体何匹でお食事されているのか?もわかりませんが・・

とりあえず、ある網をぐるぐるかぶせていたら、そんな網じゃあダメ・・入れちゃうって

そうか・・・

もっと細かい網をそのあとまた必死で巻きつけていたら、自分が絡まって話になりません。

木の近くににいるとよい香りが立ち込めていて・・・・

本来9月中ころに熟すはずの白桃

遅くなって出てくる桃は高値で売れるし、白桃の中でもかなりいい桃の苗木を、私の木として植えてくれた園主

多分、川中島白桃の晩生のはずですが、川中島が親の違う桃かもしれません。

いろいろなことがはっきりしないので、栽培も悩むところなのですが

あまり色が来ていなくても十分甘い香りがするものがあるので

思い切って良さそうな桃だけ収穫してしまいました。

ハクビシンに収穫時期を教えてもらった・・・そんな気持ちになって、それじゃあ採りましょう、今でしょ!!

最近勉強した9月以降の収穫の白桃の中に、追熟して食べるタイプというのがあったのを思い出して、ハクビシンさんがすでに召し上がっているのだから、色は来ていなくても美味しいはず

味もそっけもないものをハクビシンさんはみつけてお食処に選んだりはしないでしょう。

選ばれただけのことはきっとある!!

ハクビシンが来ていなかった2年前に味見をしたあの最高級の白桃を、もうこれ以上どうぞお自由にとは言いたくありませんから。

送り先を決めてから収穫する・・・それが習わしだったのですが

この桃に関しては、それが通用しないと判断しました。

IMGP2564.JPG

他にもいろいろ溜まっていた作業をこなして戻ると3時半でした。

持ち帰った白桃を切ってお味見!

こんな果肉って不思議?なめらかなんです。

甘味もあってこれならハクビシンさん、遠くからでもやってくるはずです。

募金箱設置して置こうかしら?

ハクビシンさん、お支払いはこちらへ!ってね







Last updated  September 2, 2015 06:22:55 PM
コメント(2) | コメントを書く
July 27, 2015
カテゴリ:野菜・畑・果樹

本当にいろいろなことがあって、少しずつ爆音と花火は新たな展開を迎えています。
やっている人たちが、その行為についてもう少し深く考えてくれないと、本当にこの市はとんでもない市になります。
すぐ下の国道141号線で夜大きな猪が首なしで横たわっていたとい話
首がどこにあったのか知りませんが、対向車線のトラックが向かってきて慌てたそうです。
みんなが死骸をよけて通過したからなのでしょう。
大きなトラックがぶつかって首が飛んだのでしょうけれど、これが小さな車だったら・・・
山を追われた猪は道路をわたって向かいの山へ行こうとしたのでしょうか?
電車に飛び込み電車をとめてしまう猪や鹿もこのあたりでは珍しくありません
中央道のバス停への入口にも看板があって動物が入らないようにドアが工夫されています。
高速に突然猪が現れたら大惨事です。
どこに出てくればいいということではありません。
どこに出てこられても困るのです。
自分のところにさえ来なければいいという対処法は見直さないと、新たな犠牲者が他ででるだけです。
個人では無理なことになってきている
そこに県が介入して早く手を打たないと、移住者が増えても問題が大きくなるだけ
知事は中国に観光の誘致にでかけるということですが、観光や移住でどうにか維持したいのであれば
根本的なことに向き合って対処してからするほうがいいでしょう。
また大きなソーラができたとか・・
富士見のある集落では財産権と言われる集落がもっている山を20年貸してソーラにすることが決まったとか
ほうっておけばお金にならず手入れが面倒な山がお金になるのですから、飛びつくでしょう。
案外ここの山もソーラ業者がこのブログを読んですでに狙っているかもしれません。
木々を倒し鳥獣を追い出してソーラになる!!
そのほうが農家にとっても私にとっても平和的解決だったりしてね
だったら爆音を我慢すべき?!
何れにしてもこの市に県に魅力を感じることが何もなくなる日が近い・・

IMGP2374.JPG
それでもすもも園のブラムリーは実っています。
夢だった自分で育てたブラムリーでケーキを焼く日は近いです
今日、日焼けしてだめなものをとってきました。
美味しいです!すっぱくてシャキシャキのブラムリーでした。
こんなりんごはきっと、園を見に来ても盗んでいかないかもしれませんね。
だってまだ緑だもの! (*´∀`*)







Last updated  July 27, 2015 09:19:46 PM
コメント(3) | コメントを書く
July 18, 2015
カテゴリ:野菜・畑・果樹

今日は朝から1日小麦仕事に追われました。
8時過ぎに家を出て電話でやっと交渉したかたのところへ小麦を届けました。
初めてのことで、車から自分で小麦を下ろせないといけないからと
3袋にわけて運びましたが、出来上がったものを入れる新しい袋を持っていきませんでした。
着くなり、新しい袋を持ってこないと・・と言われ、近くのお店を教えてもらって買いにいき
小麦をみてもらうと、う~ん・・いいものもあるけど、ダメそうなのもあるねえ
これだと下手をすると10キロくらいしか取れないけどいいの?
いいも悪いもそれは仕方がないことなので、いいですと言い切り出来上がりの時間を聞いて戻りました。
スモモ園へでかけて、雨のあとの片付けをしてあっというまに昼過ぎ
送りたいものができたのでダンボールを集めに隣町まででかけ戻ったら小麦の時間でした
あわてて受け取りに走って、やっと小麦を手にしました。
案外採れてるよ~という声にほっとしました。
小さな夢だった自分で小麦を作ってそれでパンを焼いて食べる暮らしが現実になったのです。
重く感じる粉の袋をお腹に抱いて車まで運び帰路はなんだか嬉しい気分でした
なんだか嬉しい!という気持ちは久しぶりです
成せばなる!!まかぬ種は生えぬ、夢は掴めなくても近づくことはできる!!
来年もお願いしますというと、少しじゃあいいけど、たくさん採れたらほかをあたって!と
機械への負担だけでなく作業する上でも、この固い小麦は面倒なのだそうです
結局小麦になったのは15.5キロ皮の部分のふすまが4.5キロでした。
これを帰ってから袋分け・・袋が足りなくなってまたあわてて買い出し!!
冷蔵庫へ冷凍庫へとわけて保存します。
美味しいかどうかはまだ分からないけれど、この小麦にあった酵母を探すのもまた楽しいかも?
ほとんど自分のパンとしては行き着いていたので、新たな粉を手にしてしばらく楽しめます。
労力はゼロで計算しても実費のみでキロ500円という高価な小麦になっていまいました。
それでも自分が作ったパン用の粉を手に出来る日が来たことは嬉しいことです。
小さな夢だけどやってみたかったことが出来て幸せだな~と爆音響く部屋で粉を眺めています。

IMGP2391.JPG

私の小麦粉・ユメカオリ







Last updated  July 18, 2015 08:19:35 PM
コメント(4) | コメントを書く
July 15, 2015
カテゴリ:野菜・畑・果樹
先週に続き長野の病院へ20号線を北上しました。
山梨県内には20号線沿いにもソーラでびっくり!
ところが長野に入ると昔ながらの八ヶ岳山麓の美しい景色が残っていてほっとします
みどりの山と青い空が美しいコントラストです
農村の風景はそのまま・・その間に驚くようなギンギラの壁はありません。まだ今のところは?かもしれないけれど
高低差がなくぼうーーと走ってもつくので、国道を選びましたが山の中を走る抜け道は昔だったら本当に景色がよく高低差があってもそちらを走ったでしょう
でも今では、いろいろな場所がギラギラしてとても走る気にならなくなっているのです
本当にひどい環境がそこにはあります。
今日の検査の結果、今まで数値的に異常値にならなくても症状は九分九厘同じでいつか出ると言われ続けていた甲状腺の病気がはっきり検査で判明しました
1回目の爆音が引き金で、飛び起きたその瞬間に甲状腺に異常を感じ、その後の症状がすべてあてはまったので検査をしたのです。
治療を早くはじめて治さないと、甲状腺クリーゼになると死亡率が上がるとのこと
それでも今までのこともあるし、さらに2つの検査を来週予約して戻りました。
おとなしくしていられない理由を話たら、狭心症の薬を処方してくれました。
動けなくなったらこれを飲みます。
たかが爆音で騒いでいたのは、こういうことです
前もっていつから何時にという申し出があれば、爆音が引き金で病気になったりしなかったでしょう
そういう人もいるということです。
赤ちゃんや子供が居ないから、県外からきた年寄りは慣れろというのは無理な話です。
この地での暮らしに憧れて移住してくる人たちのために、私の死が役立つ日がくるかどうか?
それはわかりません。
あっさり死ねるならそれでも構わないけれど、中途半端に生き残りたくないのです。
出荷ギリギリ前ということで来週の予約ですべてが済むように組み立ててもらいました
山梨からですか??と、先生も予約のデスクの方も驚いていたけれど
実はこの病院には甲状腺専門外来もあるのですが、すごい予約数で入れないからこのまま治療をということに
新しく立て替えた病棟で初診専門の課ができて、スムーズに検査ができ、とりあえずまだ重症ではないのでよく相談して決める事になるでしょう。
高校生の時に甲状腺専門の表参道にある病院へ行ったとき、99%女性の待合室は異常な雰囲気でした
あんな風な病人にはなりたくないと思いました
当時は手術しかなかった治療が今では投薬でも治る病気になりました。
とはいえ副作用はあるようで・・・そこがネックです
ずっと話を聞いていた看護師さんがおっしゃいました
はっきりしてよかったですね、あとは治療すればいいだけなので・・と
確かに病名がつかない体調の悪さより、はっきり仕組みを説明してもらえたら納得できることもあります
体質的にそれっぽい!では治療も投薬もできない、数値というものに囚われる医療の現実です
アレルギーの結果も面白かったですよ、アレルギー反応が血液に出にくい体だそうで、刺されてアレルギー反応が体に出てはじめてわかるのだそうです
だからといって刺されようなんて思わないでください!!って先に釘を刺されました
とにかくもう年内刺されないように。薬は毎年出しますからまた来てくださいって!
3時には戻って、すもも園の草刈と明日からの雨の前にすることを終えて6時半でした
蜂の薬だけでなく狭心症の薬も持つ羽目になったけれど、夕方だったし持っていくのを忘れました
来週の検査、行かれるのかな?だってどんどん果樹が色づいているから・・・
数値が異常になったというだけのことで、今まで調子が悪い中も動いていたのだから、今までと変わりませんからご心配なく~~
でもこれで死んだら爆音が引き金ですね








Last updated  July 15, 2015 08:46:59 PM
コメント(2) | コメントを書く
July 10, 2015
カテゴリ:野菜・畑・果樹

梅雨の晴れ間となった1日

爆音のあとすぐ起き上がれたので、梅林へスモモ園へと作業をして野菜の収穫も10時前には終えました。

雨の中の草刈のほうが、熱中症になりそうな太陽の中の草刈より楽かも?

次の雨の日に草刈しようかな?

ただし、レインコートを着ると蒸れるから、汗の量は同じかも?

すもも園のご近所さんに励ましてもらいながら、草刈を続けています

最初の爆音で崩しかけた体調はどうにか戻ってきていますが、爆音で追い出された鳥獣からの被害にも対処しなくてはいけません

雀さんカラスさん、みなさんいらしていますから

不平不満を言っている時間もなく、自分の果樹園でもないのに 一生懸命草を刈り続けるなんて、まさしく馬鹿!

友人が天候を気にして電話をくれました、こんな天候で果樹はどうなの?って

桃はひび割れが出ているのを発見、すももは透き通ってきたので色がではじめるはず

水分は十分なのであとは太陽と気温のはずだけれど・・・

台風には勝てないかも?

♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦゚¨゚゚・*:..。♦

お金お金お金が神様だって国になっちゃったのだから

崇拝すればいいのはお金持ち様なわけでしょ

どんな手使ったって金持ちにさえなれば勝ちなんだから

日本の心や未来なんか考えなくてもいいのよね

それはどうなんでしょうか?

頭悪いか無神経なのか両方ともなのか

嗚呼 日本の馬鹿が濃くなっていく

意見には個人差があります 意見には個人差があります 意見には個人差があります 意見には個人差があります

頭悪いか無神経なのか両方ともなのか 嗚呼 日本が馬鹿で薄まってゆく

♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

 問題作~意見には個人差があります~ さだまさし より


新しいCDが届き、やさしいさださんの世界に浸っています

この曲だけは別格

馬鹿で日本が薄まりつつあるって・・・

私みたいな馬鹿ばっかりだったらいいのでは?!と、

夜中に読んでるハガキの番組に投稿してみようかな?

(*´∀`*)









Last updated  July 10, 2015 08:21:36 PM
コメント(2) | コメントを書く
July 5, 2015
カテゴリ:野菜・畑・果樹

朝から相変わらず爆音はそら中から聞こえています

眠っているのを起こされるのでなければ、すぐに慣れます

でも、静かな森の中の暮らしとは言えなくなりました。

お昼は南アルプス市へ向かいました

都会からの移住者というより、県内で移住する人が多い場所

古くからの果樹地帯も街中にある感じで、若い人が増えてお店も新たなコンセプトを持ってちょっといいところが出来始めています。

2箇所候補をあげて向かったのですが1箇所はたどり着いたらタイムオーバーで残念

諦めてもうひとつチエックしてあった完熟農場(http://kanjuku-farm.jp/)

~リンクできません~

というところへ行きました。

小笠原流の相手を大切に想う心をコンセプトにしてできたお店だそうです。

ビュッフェ形式でしたが、安っぽいお皿ではないし、ぎゅうぎゅうの席でうるさいだけのこともなく、地元の新鮮な野菜をつかってシンプルで美味しいものが並んでいました。

コーヒーだけでも5種類ほどあって、小さなカップに少しなのですが美味しかったです

接客もきちんとしていて、2つ向こうの席では、80代の老夫婦が自分たちで運ぶのは大変だからということで、すべておまかせで運んでもらっていたけれど

嫌な顔をせず、気持ちよく接客しているように見えました。

80代とは思えない食欲に見えたけれど、もう食べられない!というまで、しっかり召し上がっていたのできっと満足だったでしょう。

レストランを作るにあたって提言を得た人が世界中を回っている有名なシェフだとか

隣接されたマルシェがすごい!

決して捨て値のような値段で野菜や果物を並べず、加工品の数も多くとてもセンスの良いマルシェでした。

南アルプスインターの目の前ということもあって、立地もいい!

周囲に果樹園があって、今日のイベントは桃とすもも食べ放題30分500円~!!!

楽しそうでしょ?

園主が言っていたのを思い出します

小屋を壊して洒落たお店をたてて、お茶でもだして果樹園を散策してもらえたらいいのに・・と

元気なうちに現実化してもらえばよかったでしょうか?

考えはあっても資金と周囲の応援がなかったから出来なかったのでしょうけれど、インターの目の前の山ですから、可能だったかもしれません。

いろいろな案を持って、教育の現職を捨てて農家のおっさんに成った園主、すべて時代の波の前だったことと、新しく変わることのできない場所だったから気の毒でした。

だとしても、これだけ周囲で爆音がしていては、お客様もびっくり!

連れてきた犬などは暴走するかもしれませんね。

爆音については長崎では民家の近くでは控えるという言葉があったり、苦情がでてやめた場所もあるようす・・・あんまり意味はないと書いてあるものもあるし

全国的に爆音の街は増えているようです。

そして爆音機を発見、よくみてきて調べたら通販のページにこう記載されていました

商品は大きな爆発音を発生しますので、近隣に住居がある場合はご使用をお控え頂くか、作動時間を配慮して下さるようお願いします

明日からしばらく曇り空

伸びきった草と戦わないといけません。








Last updated  July 5, 2015 07:44:19 PM
コメント(2) | コメントを書く
June 27, 2015
カテゴリ:野菜・畑・果樹

予想外に太陽まで出て、雨で休みの日になりませんでした。

アレチウリがどんどん発芽して根を切れなかったものは再生して伸びています

あっちにもこっちにもアレチウリです

今日は長野まで持って行って直した管理機に除草用のドラムをつけて使ってみました

アレチウリにはいいかもしれないけれど、上手に曲がってくれないので操作が難しい

それでも刈り払い機を振り回すより首や腰に負担がなければ、しばらくこれにしようと思っていたら、途中で機械がギブアップしました

多分畑の除草ならいいけれど、果樹園には向かないのかも?

また壊れちゃったかな?また他の方法で退治します

小麦もどうにか拾い終えて順調に乾いています

来週中にはそのあとどうするのか?どこかで教えてもらってきます。

粉になるまで先は長いけれど、おいしい粉になってパンがやける日が楽しみです。

じゃがいもの収穫も毎日少しずつ、行き場が決まっている分から始めています

今年は例年のキタアカリ、メイクイーンに加えてサヤアカネ、ノーザンルビー、シャドークインと

綺麗なピンク、赤、紫の3色が加わって色でも楽しめます

蜂刺されは、みごとに赤く腫れています

やわらかい太ももでほとんど毒が出せませんでした

2週間で3回はかなり危険なようだけれど、平気です

蜂アレルギーの検査をしてくれて、結果が出る前でもエピペンを処方してくれる病院を探しています。

ネット上で探すと県内にはないらしい

こんなに蜂がたくさんいて養蜂だって盛んな場所なのに

とりあえずネットで問い合わせられるところへメールしてみました

庭では相変わらずブンブンブン♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦と楽しそうにいろいろな蜂が飛んでいます

近くを通ったくらいで攻撃はしないと信じているしかありません

さらにきっと10回くらい刺されても私は平気と思うこと

でないと、外には出られませんから

午後になって梅を収穫しにでかけて、またスモモ園へ

清里へ覗きにいきたいイベントがあったのに、気がついたら4時でした

雨でなくてお客様たくさん来ているといいけれど

IMGP2243.JPG

真っ赤に微妙に黄色が入りそうな気配です

IMGP2244.JPG

こちらはレモンイエロー1色かしら?

毎日ダリアの開花を楽しみにスモモ園へ向かっています

今日は近所の果樹園や畑から草刈の音がずっと響いていて、誰かいるって思えたから少し安心でした









Last updated  June 27, 2015 09:14:29 PM
コメント(4) | コメントを書く
June 25, 2015
カテゴリ:野菜・畑・果樹

今日はフランボワーズの収穫からスタート

ご近所さんの畑にたくさんあって、今日は収穫のピンチヒッターです

さわやかな香りがなんともいいラズベリー

持ち主はフランボワーズが大好きで決してラズベリーとは言いません。

毎年10キロ以上収穫して冷凍し冬にジャムにされるようです。

雨があたるとだめになるので、ゆっくり楽しんで収穫しました。

完熟のものだけを指でつまむようにして採るのですが、なんともゆったりと至福の時間です

実りのそばにいることの幸せを感じられる人にとってはこの上ない時間でしょう

売る必要がないから、安心して採れるし、失敗してつぶしたのは口の中へ

毎日がこんな風に責任のない収穫三昧だったら最高~~

IMGP2239.JPG

昨日焼いたいつもつくるタルトの生地なし 使ったのはサワーチエリーのノーススター

簡単手間なし、カロリーも低くフランボワーズも合いそうです!

午後は草刈り・・明日からの雨に備えて伸びる前に刈りたい場所だけ

その後タラの芽を分けてくれるというのでスコップで掘って小さな果樹園へ

久しぶりの小さな果樹園で、忘れていたグズベリーを収穫して、梅や桃を確認

すもも園ばかりで行くことがないけれど、黄金桃もおどろきも順調でした。

明日昼まで降らないようなら小麦畑で落ちた麦を拾えば、雨休みできます

そこまでは寝込むわけにはいきませんから

シャキッと気持ちよく起き上がれない朝は、何か不足しているのかも?

お金じゃあなさそう・・・笑







Last updated  June 25, 2015 08:58:31 PM
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全549件 (549件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 55 >

PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.