2254548 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

八ヶ岳南麓より

全274件 (274件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 28 >

スローフード

November 24, 2014
XML
カテゴリ:スローフード

摘んだオリーブを分けて頂いてきました

IMGP1085.JPG

選別法は習ってきました。容器に入っていないものは使えない病気のオリーブです

さっそく仕分けして、いろいろな方法で漬けてみます。

失敗するかも?と思いながらも、3年前から調べてアクをぬいて去年も無事に作っています。

今年はオリーブで検索すると昨年より多くのオリーブ漬けの情報がヒットします。

無理だと思われていたオリーブの加工が少しずつ広がっているうようです。

IMGP1084.JPG

黒く熟度の高いものは、あく抜きしている間に溶けてしまったので、黒いものはそのままメープルシロップとはちみつに種を抜いてから漬けました。


IMGP1082.JPG

お酒に直接つけたやや熟度の高いものは種をいれたまま


塩をまぶして干すとか、塩だけでつけるなどの方法は塩?が嫌なのでやめました。

残りは2回の経験どおり渋抜きして塩漬けオリーブオイル漬けに加工する予定です。

おいしいオリーブは高価で買えないから、手間はかかるけれど作ります。

お金をだして買ったほうが安い?かもしれない、と思わないではないけれど

貧乏人の計算はどこか間違っている気もします

星

明日から横浜の友人が泊まりにきます。

春に帰るときに次回の食事をリクエストして帰りました。

25年ほど前でしょうか?世田谷でご馳走したカレーが忘れられないから、作ってと

息子が出て行ってから滅多に作らないインド人から習ったカレー

ルーなど使わず香辛料だけひたすら煮込んで3日~4日かけて熟成させるカレー

香辛料の割合を忘れているので辛さが違うかもしれないけれど

香り豊かなカレーを数週間前に煮込んで冷凍しました。

懐かしい味に出来上がっているといいのですが

福神漬けも今年は作れるだけ野菜がとれました。

IMGP1083.JPG

最後の紫のブロッコリーも見事!

とりどき遅すぎたでしょうか?

ブラムリーはバターが少ないタルトタタンで焼いておきましょう。

年に2回、訪ねてきてくれる友人に感謝して!









Last updated  November 24, 2014 07:12:29 PM
コメント(4) | コメントを書く


October 21, 2014
カテゴリ:スローフード

朝から雨の日、頼まれたものを求めに2つ南の市にあるショッピングモールへ

晴れ間がみえる中を昼には戻っていそいで一晩お風呂につけた種をもって畑へ向かいました。

1キロまくのに必要な10m×10mの畑

まだ残っている作物や、来年6月前に使う場所を考慮するとどうやっても7割ほどの場所しかキープできませんでした。

すもも園の一角をとも考えたのですが、鹿や猪が走る場所で防御できません。

1キロの種をまくにはやはり狭かった・・・・

それでもまいてしまうしかないので、太いすじまき?とでもいいましょうか??・・・

全部が全部発芽して育つとも思わないのでいいことにしました。

この時点でやっぱり良い子は無理かもしれません・・・

今年上手にできる兆しが見えれば、来年考えることにして、試作なので出来る範囲で行います。

種まきは楽しいです。

一人で静かな果樹園の隣で、黙々と撒きました。

日差しがでると汗ばむほどちょっと蒸していたけれど、麦の穂が揺れる風景を想像したら朝ドラの風景を思い出しました。


♫麦は泣き 麦は咲き 明日へ育ってゆく


あの麦は大麦、私がまいたのは小麦だけれどね!

そして思いました

どんなことも蒔かぬ種は生えぬ!

IMGP0956.JPG

菊以外はこれが最後の庭の花でしょうか・・

雨上がりにみつけました!

綺麗な色です

IMGP0957.JPG

一面に咲く日が来るでしょうか?

いつの日かきっと!









Last updated  October 21, 2014 09:01:57 PM
コメント(3) | コメントを書く
May 9, 2014
カテゴリ:スローフード

昨夜は寝返りするのに頭痛がひどくて、体も部分部分筋肉痛?

明日は絶対に畑仕事も果樹園も庭も・・外仕事はしない!と決意しながら眠りました。

頭痛が治って起きたのが7時半ころ

起き上がると、どうにかなりそうな・・・

でも、着替える時に決意してワンピースにしました。

これなら外仕事はできないから!!

昼間ではどうにか、そのまま買い物に出てゆっくり過ごしていたのですが、稲の苗に水をあげにすもも園の隣の畑へ行かなくはいけないので、仕方が無くそれだけするために着替えて向かいました。

果樹園を素通りして稲の苗にお水をたくさんあげて、帰ろうとしたのですが、やはり果樹の様子が気になって、つい果樹園に足を踏み込んでしまいました。

育っている実をみていると止められなくなり結局全部見回りました。

それがいけませんでした・・・!!

ソルダム系のすももには、でっかい袋実がたくさんなっていて、それを見てそのままにはできなくて、黙々と病気の実をとっては穴をほって埋める作業をしてしまいました。

気がついたら1時間経過・・・

ワンピースで来たとしても、結果は同じだったかもしれません。

ただし、足は虫に食われて大変だったかもしれないけれど・・・

刈ったほうが良さそうな雑草の場所もみつけて、一瞬モップをかけて帰ろうか?と思ったけれど、さすがにそれはやめました。

完全に休養したいなら、家から出ないこと、もしくはどこか遠くへ行くこと

それでもワンピースを着て過ごす日は、気分転換にはなります。

IMGP0518.JPG

綺麗なだけでなくよい香りに出来上がりました。

慌ただしい収穫日で、手の届くところだけだったので少しだけなのが残念!

IMGP0521.JPG

こんなに綺麗な赤のルバーブジャム、真っ赤な場所だけ使ったので、やはりちょっとだけしかできませんでした。

緑の部分を入れないなんて贅沢です!

 







Last updated  May 9, 2014 07:33:44 PM
コメント(3) | コメントを書く
March 8, 2014
カテゴリ:スローフード

まだまだ庭にも畑にも雪がいっぱいのこのあたり

それでも空は青く太陽が頑張っています。

部屋の中では春の香りが

s-P3080023.jpg

越前水仙

庭に球根をたくさん入れたけれど、雪の下です

s-P3080024.jpg

16日に消防団の人が届けてくれた豆苗も復活してまた収穫できそうです。

s-P3080026.jpg

愛媛からのかんきつ類も届きました、今年は当たり外れが多いです。

北陸のお庭で育ったかんきつ類の甘さの勝ちでした。

冷凍してあった笹で、笹ずしを作りました。

s-P3080028.jpg

笹ずしで使った笹を再利用して、笹団子試作品

タコ糸じゃあカッコ悪いし、小豆を煮てなかったので団子だけ

それでも去年のヨモギを解凍してヨモギの香りと笹の香りがするお団子です。

お団子の分量がいろいろあって、軟らかくて美味しい割合をしばらく追求します。

笹ずしの笹は生のまま使うけれど、笹団子の笹は一度火を通すため、笹ずしのあとに残った乾燥ぎみの笹を再利用できます。せっかくなので2度使おうと考えました。

s-P3080029.jpg

団子の種だけが残ったので丸くしてみました。

ヨモギの分量と砂糖の分量と・・・合格!!

ただ団子だけ蒸したものと、笹で包んだものでは香りが違います。

去年のヨモギもあとちょっとだけしかないので、今年もまたたくさん摘んで冷凍しなくっちゃ!

若くて柔らかい葉だけ、黙々と摘む、今年もそんな日がきっときます。

お餅に入れたり団子に入れたり、パンに入れても美味しい!

いつお料理しても春の香り!

手書きハート

大雪のあと飲んだ漢方薬が効きすぎて風邪が治った後、長い間副作用に悩まされました。

やっと今朝あたりから、血圧と熱が平常値になって気力が戻ってきました。

私って薬に弱いってこと、再確認!

思えば10日あたりから風邪っぽかったので1カ月・・・無駄に過ごしたかな?

食欲はなくても食べることを怠らなかったので、体も重いし・・まずはそのあたりから戻さなくてはいけないようです。







Last updated  March 8, 2014 06:32:32 PM
コメント(1) | コメントを書く
December 15, 2013
カテゴリ:スローフード

最高気温4度って、どこで??

体感的には最高0度といったところ

デッキの上の雨水も凍ったままの1日でした。

ずっとやらなくては!と思いながら、そのままにしてあった高菜

救出して塩漬けしました。

高菜も野沢菜もこの寒い季節に手を赤くして洗って作る漬けものです。

寒さで外側は凍ったあとがあって使えません。

早くに展開した大きめの葉が外側で、あとから出てくる葉を守って居る様子がよくわかります。

周囲の葉をどけて内側の葉を漬けこみました。

去年と違う!!って思ったのですが、しばらく理由がわからず

やっと思い出しました。

去年はこぶ高菜、今年は紫高菜にしたんだっけ・・

乳酸発酵するまでかなり時間がかかります。

このあたりでは野沢菜も発酵するまで漬けっぱなし、地菜といって炒めたり煮たりするけれど、臭みは高菜と同じですが辛みがありません。

マスタードと同じ辛みがあるという高菜

2か所まいて1か所は全部どなたか虫さんの食料になってしまったので出来上がりはほんの少しになりそうです。

漬けた時は容器にいっぱいでも、あっという間に5分の1になります。

s-IMG_0023.jpg

美味しい高菜漬けになあ~れ!!







Last updated  December 15, 2013 07:23:23 PM
コメント(3) | コメントを書く
November 9, 2012
カテゴリ:スローフード

紅葉が綺麗な清里を越えて、141号線を北上

1年前に作った林檎ジュースを今年も作りに佐久穂へでかけました。

今年は150キロの林檎

そのうちブラムリーが20キロ、紅玉が40キロ、ジョナゴールドが90キロの配分で作りました。

s-PB090147.jpg

ブラムリー

s-PB090148.jpg

紅玉

s-PB090149.jpg

ジョナゴールド

s-PB090150.jpg

芯を抜く

 

s-PB090151.jpg

洗う

 

s-PB090152.jpg

絞る絞る

s-PB090153.jpg

濾して、このカスは遠心分離機へ

s-PB090154.jpg

遠心分離機から出た汁も使います。

s-PB090155.jpg

これが遠心分離機

s-PB090156.jpg

大鍋いっぱいまで汁を入れて80以下で煮ます

80度以上にしてしまうと、煮林檎の状態で美味しくないそうです。

酸化防止剤等、一切いれない無添加林檎ジュースです。

s-PB090157.jpg

灰汁をとってから瓶詰

 

s-PB090158.jpg

瓶詰の作業は秒刻みで撮影できず

急がないとどんどん酸化してしまうので

 

s-PB090159.jpg

こんな風に箱詰めして終了

今年のジュースは去年とまたちょっと違っていて、美味しいです。







Last updated  November 9, 2012 06:08:48 PM
コメント(5) | コメントを書く
August 21, 2012
カテゴリ:スローフード

今朝はちょっとゆっくり目覚め、9時に桃園へ

猫森さんが入口の1本をほぼ収穫してくれました。

小さな体でちょこちょこっと木に登ってね!

毎年買ってくださる方へ、加工用を収穫し、それとは別に自分で加工する分もとって戻り、昼までにひと鍋

おどろきと違って種を抜くのが大変です。

綺麗に半分に割りたいというところも、難しいところ

ちょっと固めがいいので、どうしても種を抜くのに力が要ります。

簡単にツル~っと種が抜けるものは、煮崩れます。

瓶はアツアツにしておいて、そこへ沸騰したなべから桃を移していくので、タイミングを外すと大変です。

昼過ぎには図書館に予約の本をとりに行って、買い物を済ませて戻り、2つめの鍋へ

一人で黙々と桃の加工を続けていたのですが、リリーがそのすきに外に出たり、作っておいた荷物の箱に不備があると、とりに来てくれた配達員さんが登ってきて・・・

よくみると確かに、これではそこが抜けます。

慌てて違う箱に入れ替えてもいいか?許可を得て大急ぎで入れ替えです。

新しい箱のほうが大きくて隙間が・・桃を追加して・・

戻ると鍋は煮えすぎていて・・・

待機していた瓶は冷え切っていて・・・

慌ててやり直しです。

最後の瓶に入れたものは煮崩れが目立って、一度は蓋をしたものの、諦めて蓋をあけて全部出してしまいました!

ここでどっと疲れが出て・・・・

べりー君の散歩を思い出し、でかけたもののすぐ引き返して、庭に水やり

苗が干上がってダメになる寸前でした。

庭の雑草は大威張りで育っていて、返り咲いているバラをみる気になりません。

ダメだ~~このペースは無理!

あと5日だけこれを続けて終わりにする!予定数の瓶を頭の中にしっかり入れて、それ以上は作りません。

あとは去年まで買ってくれた人に声をかけて終わり!

星

450の瓶にラベルを貼ろうと作りだしたら印刷機が故障!

直すのに1時間かかりました。

ラベル貼って布で飾って・・煮ている間の作業です。

布を切りながら片手にパン!

当分このパンで乗り切ります!

朝、金沢の魔女様が送ってくださった箱の中に入っていました。

他には化粧品・・・つまりは、ちゃんと綺麗にしておかないと老けるよってことなんでしょう。

顔につける時間くらいありそうですが、よく読まないと、顔につけるものだけではないらしいですから・・・

10キロほど入った加工用は富山へ向かっています。

加工が大好きで、この加工のために日程をずらして帰省先から戻ったようです。

黄金桃も喜んで富山へ向かっています、毎年ありがとう!

多くの人との関わりがなかったら・・きっと続きません。

 







Last updated  August 21, 2012 07:01:51 PM
コメント(3) | コメントを書く
April 29, 2012
カテゴリ:スローフード

果樹園を続けて行くのに一番迷っていたことは農薬を散布するかしないか・・でした。

1回目の2月の薬は迷っているところへ、散布してあげるということで、1万も支払うことになるとは思わず迷っていたので頼んでしまったのですが

金額的にはかなり痛手でしたが、決断できずにいた自分の愚かさと諦めました。

次の散布が迫ってきていたのですが、機械の使い方は解ったのであとは決断するだけ・・・

今日しないと1週間先になってしまう・・ということで、今日夕方やってみました。

モーターを回して100リットルも薬を作って、長くて重いホースで散布するのですが、モーターと薬は小屋の中

これを夫にみていてもらって、私はビニールのカッパ上下を着て、マスクがわりにタオルをまいてフードをかぶって!

とりあえず完全防備

でも、園主もおばちゃんたちも誰もそんな恰好はしていませんから、必要ないはずなのですが・・・

まずは水をまいて様子をみてから、薬を作って散布開始

1度だけ方角を間違えて霧を浴びました。

でもそれ以外は特に手元すら濡れないで、上手に遠くへ噴霧できました。

ただ噴霧の勢いが強いのでホースの口を持っている右手が疲れることと、ホースが重くてあの広いソルダム園を一人でホースを引っ張りながら移動するのが大変で、また腕や肩に筋肉がつくことになるでしょう。

もとを見ている必要がなければ、ホースを持ってくれる人がいたほうがいいかもしれません。

それから、ぐるぐる園をまわっているうちに微妙な風の方角が解らなくなるので、それを指示してくれたら、散布はさほど大変ではありません。

もちろん風のない日を選ぶことですが

これを2週間おきにやって、初めて出荷できる品になるということ

出荷できて収入につながるなら、散布する!と決意できそうです。

そういう気持ちになって一生懸命散布している人たちの気持ちが解るような気がしました。

これはやってみないと解らないこと

やってみてよかった!!

で・・・2週間おきに散布し続けるか?といえば、しません。

園主の主義を貫いて、最低限を目指します。

高い薬を今日は思い切って買いましたから

それだけは、最低限を追及してまきます。

たくさんの収穫は望みませんが、食べられるものを作りたい!

齧って虫が出てきて、捨てられてしまうようなものだけは作りません。

今日の100?・・・半分残っているのですが、これってそのままとっておいても平気なのかな?

それとももっとしつこくまかなくてはいけなかったのか?

そういうことがよく解らなくて困ります。

誰も教えてくれる人はいませんからね!

完全防備のせいで汗だく、右手が痛い!で全部まくのはやめました。

散布中に、いつも落ちていて出荷しない果樹を拾わせてくれと言ってくる豪邸のご主人が嫌な顔して道を走るように逃げて行ったのをみました。

農薬まいている時って、私も嫌で走って通り過ぎたことがあります。

きゃあ~と声をあげて逃げる人をみたこともあります。

でも、それを噴霧している人もいて、そうしないと食べられるものができなくて、そうやって薬をかけてもらったものを、多くの人が当然のように食べているのに農薬のほうが放射能より恐いとか・・

お薬を時間を決めて最後まで飲み切らないと治らないと、お医者様に処方される薬と、この農薬は同じはないかもしれないけれど、どこか似ている?んじゃあないかな?・・・と思いながら、逃げるように去っていく人をみていました。

噴霧だからいけないのでしょうね、水に入れて飲ませればいいのかな?

と、馬鹿なこと考えながら噴霧を終えました。

午前中は夫に桃園の草を草刈り機で刈ってもらって午後からソルダム園も・・と思ったのですが、機械が壊れて修理に時間がかかりできませんでした。

午後からマジョラムさんご夫妻が桃の最後の剪定をしてくださったので、あとは実を結んでからの作業になります。

星

 昼まで私は畑へ・・

草を刈ってもらうのに、落ち葉だらけで放ったままだった畑の確認へ

あちこちから花苗が顔をだしていて・・

上手にそれを残して草を刈らないと意味がありません。

果樹と花だけ・・あとは何もせず放っておきます。

果樹園へ行けばすべて用事が済むように、切り花のガイラルディアも果樹園に植えました。

畑の確認後は庭に稲の苗を置く場所を作りました。

もうすぐ苗をとりにいきます。

s-013.jpg

多くの種類があるポレモニウムの中で、これだけが庭で宿根して大株になっています。

周囲の花とくっついてしまったけれど、サワーチェリーの足元を綺麗に飾ってくれています。

s-011.jpg

超ビッグなチューリップが子供を連れてきています。

子供はまだ葉だけですけど!

s-012.jpg

アネモネのなんだったか忘れました。種からの子ですが勢力範囲を確実に広げています。

s-014.jpg

ポンって音がして開花するのも真近です。

 







Last updated  April 29, 2012 07:59:01 PM
コメント(2) | コメントを書く
March 5, 2012
カテゴリ:スローフード

クロネコさんのメール便はとても便利です。

こんな場所で暮らすと郵便局まで行くのが面倒!

でもクロネコさんのメール便は安いだけでなく取りにきてくれます。

0120に電話を入れたらいつものお兄さんが雨でも雪でも来てくれて、気持ちよく持って行ってくださる

それも80円という格安料金で!

もちろん厚みや大きさに制限はあるのだけれど

それを上手に利用すれば、気軽にものが送れます。

気軽にものが送れる理由には受け取る側の気持ちも大切

またお母さんが何か作って送ってきたわ・・・と、不機嫌な顔をする嫁が居ないこと!

挙句のはてに実家の親にメールして、嫌だわまたお母さんが変なもの送ってきたのよ・・!

な~んて言われているのでは?と思ったら、何一つ送ることなんかできない

結婚した娘に何か作ったものを送っても、何の問題も起きないのに、同じ母親がなぜか結婚した息子のところへ作ったものを送るなんてとんでもないことだ!って言われる時代

運がいいことに、その心配が無くなったので・・笑

今日は朝からクロネコさんが来るまでに小さな包みを作りました。

s-004.jpg

オレンジピールの上に乗っている赤い粉末は

s-002.jpg

今年開発した?・・ドライキムチを粉末にしたもの

以前はヤンニョムから自分で作っていたキムチ

最近では韓国食材で安くて美味しいのをみつけてまとめて年末にお取り寄せするようになりました。

10キロ取り寄せると、最後のほうはすっかり発酵してそれだけでは食べられません。

すっかり発酵したキムチを使った料理も韓国料理にはあるけれど、それだけでも食べきれないので、クッキングストーブのウォーミングアップに並べて乾燥させてキムチチップにします。

酸味が残るもののビールのおつまみとしては最高の1品になります。

そのまま送ってもいいのだけれど、ふりかけにしたら、白いご飯にかけるだけでなく利用法が広がるかな?と思ってミルで挽いてみました。

s-003.jpg

唐辛子ではないけれど、うどんやお蕎麦にも使えそうでしょ?

一人になったら、ちゃんと自炊しているようなので、きっと何かに使うでしょう。

たったこれだけしか送らない!

でも、たったこれだけでも送ることができて嬉しい~~!

80円でポストに入れてくれるこの配達

家に居ないと受け取れないものは面倒なだけなので、ちょうどいい

クロネコさんにお願いしたら、あとは2日後にメールするだけ

Confirm the post!

ポストの中でかびるといけないから・・・

雨雨

朝から雨の日はこんなことも楽しめちゃう、さて次は何をしようかな?

 







Last updated  March 5, 2012 12:36:29 PM
コメント(3) | コメントを書く
February 15, 2012
カテゴリ:スローフード

s-001.jpg

固くなってしまった干柿を赤ワインに漬けました。

タイトルそのままでごめんなさい・・!

たくさんのワインを吸って柔らかくなって濃厚なお味に仕上がります。

園主の百目柿は思い切り背を低く剪定予定です。

最低2回と言われる薬をどうするか・・・

今年売った分を資金としてわけてもらえるよう交渉しようと考えています。

薬をかけてくれる人は確保したのであと人件費と薬代です。

上手に循環させれば楽しめるかもしれません。

星

先日紹介したかんきつ類について

中途半端に更新されていないホームページを載せてしまって申し訳ありませんでした。

せとか・・オレンジみたいで美味しいです! 1キロ400円

サザンイエロー  爽やかです!キロ300円

甘夏・紅八朔・いよかん・・・キロ200円

アンセイカンもあります。

お孫さんが更新しているホームページは去年のままなので、送料などの確認のみにして、あとはお電話するかファックス入れて在庫を確認してからご注文ください。

ご夫婦とわんちゃんとでやっている農園で、岩城という島からの配送になります。

0897-75-2498 ショウチャウファーム

甘夏は4月頃まで届けてくれるはずです。

星

リリーは療法食も食べ始めました。

でもその必要があるのかどうか?判りません。

また血液検査しにつれて行って食べなくなっては困るので、様子を見ながら食べてくれるものをあげていこうと思います。

具合が悪い時はシラスも私の手からしか食べなかったのに、今では以前と同じように自分のご飯の場所へ行って置いてあるものを食べるようになりました。

痩せた分をとり戻すのはきっとあっと言う間だと思います。

年齢的に完治は無理でも、元気に残りの人生を過ごしてくれそうです。

ご心配いただいて、ありがとうございました。

 

 







Last updated  February 15, 2012 04:39:08 PM
コメント(3) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全274件 (274件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 28 >

PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.