2254370 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

八ヶ岳南麓より

全31件 (31件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

クッキングストーブ 薪ストーブ

November 2, 2014
XML

予報では雨だったのに、どうにか日中は雨が落ちませんでした
そこで冬支度開始!
まず、なにより大切なクッキングストーブの煙突掃除です。

IMGP1024.JPG
今年はソーラが乗っているので上手に撮影できないけれど
今年は驚く程のススが!!!
ストーブの中も全部開けてススを出しました。

IMGP1023.JPG


IMGP1025.JPG



かなり年季入りになってきましたね。
活用できない人が多いから売らないといわれたのを、拝み倒して手に入れたクッキングストーブ
これだけ活用していればストーブ屋さんもほっとしていらっしゃるはず
それでも右のオーブンを200度にするには、かなりの薪が必要で、部屋がハワイになってしまうので
汗ばむほど暑い必要はないから、滅多に使えません。
150度くらいで十分使える料理が多いです。
左下には灰が落ちて、左上に薪をいれます。
普通のストーブほど大きな薪を入れられない点と、薪が燃えているところがみえない点が難点で
購入することを躊躇するケースも多いと聞いています。
我が家では大活躍!
今年もよろしくねえ~ 

星


ストーブに時間がかかってしまって夕方から2階のベランダに柿干し場を設置
暗くなってしまったけれど、どうにか作りました。
綺麗に塗り替えたログなので、穴をあけたりしないで設置できるものを考えました。
これでうまくいくのか?わかりませんが、今年はこれでやってみます。
5時半というともう真っ暗で何もできない季節
6時には諦めました。


美味しいみかんが届いて、こたつも作ったし楽しい冬生活が始まります。







Last updated  November 2, 2014 07:45:54 PM
コメント(3) | コメントを書く


May 12, 2014

securedownload.jpg

駐車場の後ろを薪置き場に変えました。これで半分、右に倍あります。

雪のあとに運んだ軽トラ5回分の薪の4回分を刻み終えました。

多くがニセアカシア、この木には虫が入りやすいのですぐに刻むこと!

木をよく知る人たちからの教えを守りたかったので、急ぎました。

半分に割らないといけない太さもあるけれど、とりあえず刻んでもらいました。

とても助かりました。

助っ人は20時間の滞在で実働4時間

握力がなくなってギブアップ!実は左利きなんです、だから右手で電気チェーンソを持つのは大変だったと、あとで気がつきました。

残りは私が刻みます。

5回分を刻み終えたら、それより前に運んであった木をまた移動させて刻んでここに2列並ぶ予定です。

ここなら雪でも大丈夫。階段を登って運ぶのは大変だけれど、そのくらいは冬のいい運動です。

なんとも幸せな風景なんです、私にとっては!!

 

星

 

 今日もモップは動きませんでした。

動いてくれて作業するより、動かないほうが疲れます。

何度引っ張ってもエンジンがかからない

息が切れて引っ張るのも大変なんです。

なんでああいう機械ってボタンひとつでエンジンがかかるようになっていないのでしょうか?

不便です

土曜も3人で交代で引っ張ったけどかかりませんでした。

かかりそうな音はするんです。だから壊れてはいないはず

モップなくしては草刈はできませんから、また明日頑張って引っ張ります!

庭ではやっと白のモッコウバラが咲き出しました。

 

 







Last updated  May 12, 2014 07:31:41 PM
コメント(5) | コメントを書く
March 9, 2014

s-P3090030.jpg

お天気がよくてほっとしました。

これなら薪を積めます。

3日から配布だった薪用の木はまだ残っていました。

でも上の画像の薪は、私たち夫婦には荷が重すぎて無理なのです。

s-P3090031.jpg

多分昨日の土曜に、かなりの軽トラが来て山積みだった木をたくさん運びだしたのでしょう。

残り物って感じでしょ?

この中からお好みの太さを探しだします。

うちはそのまま投げ込める太さか、斧で2つに割ってちょうどいいくらいの太さ

手前の太さでは太すぎて、軽トラへの上げ下げもきついので、もう少し細めを狙います。

s-P3090032.jpg

穴が開いているのがみえますね。

この中には虫さんがいます。

だからこのままにしておくと、来年には真ん中がボソボソになります。

コルクみたいな感じに!

今回、雪の影響でこれを置く場所がないこともあって、戻ってすぐに刻みました。

欲を出してもってきた太目は下ろすのも大変だし、電ノコで切るのも大変!

なにより雪をたっぷり吸いこんで、どれも濡れていたから軽トラは重くてヒイヒイ言って山を登ったほどです。

今回の配布、ほとんどがニセアカシアの木ということでした。

ちょっと黄緑色の固い木がニセアカシア

でも中には赤っぽい幹のものと、カエデのような木肌のものがありました。

薪の比重についてはこちらを参考に

そこそこニセアカシアはいい薪になるようです。

この場所での無料配布に参加している人も、いろいろな人がいます。

太いのを輪切りにして、のんびりと運ぶ人

大勢できてどんどん積んで、またすぐ来てどんどん積んで!!

細いのだけの人もいれば、まっすぐのだけが欲しい人もいれば、なんでもいいよ!というタイプも

それぞれの薪暮らしが違うのでしょう。

場所によっては時間予約をして名前を書いてひと家族1回だけというところも

有り難く分けてもらってきました。

s-P3090033.jpg 

午後、一番雪が溶けている時間に庭の苗だけ救出に向かいました。

だいぶ減って来ているけれど、なにせ氷の塊なので、上から右左と切れ目を入れて下から最後のスコップを入れて、固まりを切りだしたら、お腹の上にのせて運びだす!

そんな方法で進みました。

s-P3090034.jpg

たった6ケース分だけれど引っ張り出すことに成功しました。

半分でも生き残って居るといいけれど。

忙しくなる前に種まき少しだけ始めようと思います。







Last updated  March 9, 2014 07:11:39 PM
コメント(1) | コメントを書く
March 3, 2014

週末の雪の予報は大きく外れてほっとしました。

真っ白な世界との闘いに追われた2月はなんだか何もしていないような

その割には疲れが残った1カ月でした。

3月のカレンダーになってしまったというのに、まだ2月の疲れを引きずっています。

それでも今日は河川敷の薪の配布日

無理して起き上って参加してきました。

軽トラで多くの人が薪をもらいに来ていて、太くて立派な木を10本ほど積んで帰る人もいれば、細い木だけど上手に積み上げて30本40本と持ちかえる人・・・

それぞれの薪暮らしに合わせて持ち帰っているのがよくわかります。

中にはその場で輪切りにして積む人もいます。

2か所で同日配布だったため、近い場所で2回、もう1回は遠くへ行ってみました。

遠くの場所にはまだたくさん残っていたけれど、3回で疲れてしまいました。

本当はもう数日動かないでいたかったのに、また悪くなりそうです。

薪用の木はもらってきただけでは使えません。

もらってきて、切って運んで1年寝かせて・・・ここまでやらないと、結局はもらってきても駄目にしてしまうことになります。

その前に、薪置き場を考えなおさなくてはいけません。

いつまで続けられるのでしょう?薪生活!







Last updated  March 3, 2014 08:57:42 PM
コメント(3) | コメントを書く
December 27, 2013

もったいないとは言え、あまりにたくさんあると、その始末に困るものってあります。

このあたりでは、切って捨ててしまう大根の葉っぱ

炒めたり漬けたりしても、そうそう消費できないし、生のうちに処理するのもたくさんあると面倒だからと、結局半分は捨てていたけれど・・・

今年は茹でて冷凍して、使う時に出して炒めようととりあえず冷凍庫の1段をすべて大根葉に

ところが年末になって、冷凍庫に入れたいものが増えてきたので、それすら邪魔に成って来てしまいました。

そこで、思いつきました!

解凍して炒めて味をつけた大根の葉をクッキングストーブのウオーミングアップと言われる場所へ入れておきます。

すると3日後には 

s-IMG_0006.jpg

入れて置くだけで乾燥してふりかけになります。

山盛りあった大根葉がこれだけになりました。

これなら保存も楽ですし、暖かいご飯にかけたりおにぎりにしたり、パスタにも使えるし、なにより腐りません!

ウオーミングアップという名前は我が家では乾燥室と替えたほうがよさそうです。

これなら来年からは大きな樽に細かく切って塩漬けして、そこから出して炒めて味をつけてふりかけにすればいい!ってことが判明。

もったいないなあ~と思いながら、すべて使い切れなかった大根の葉。

無農薬で元気に育った大根の葉の有効利用にやっと辿りつきました。

s-IMG_0009.jpg

ほかにもいろいろ、入れてクッキングストーブのある暮らしを楽しんでいます。

今年の寒さは安っぽい薪ではなかなか部屋が暖まらなくて、高価な薪のパワーの強さを再確認!

どこまで薪ストーブで生きられるのでしょう?

星

1カ月以上前に読んでみて、すべてが理解できるからと、とある点でお仲間の友人に勧められた本

すぐに図書館にリクエストしたのに、かなり待たされてやっと届きました。

子供に読むようにと書いてある本だけれど、とある点でお仲間の大人には理解できる内容です。

とある点でお仲間・・・これは滅多に行きあたらない人です。

1万に一人?10万人に一人?

 と、ここまで書いてしまうと、もう本を紹介することはできません。

読んで頂いて理解してほしいとは思わないし、それは多分無意味なこと

長い間、口に出さないで生きていたけれど、仲間に偶然出会えたことにも驚きです。

さらにこの本が、今まで多くの疑問の中で自分なりに辿りついた理由がそこそこ正しい方向性を持っていたことを教えてくれます。

今まで疑問に思ったり不満だったすべてのことが、理解できます。

すもも園を続けることに成った理由もそんなところにあったのだな~~と・・・

まさにこれは突然でもなく偶然でもなく必然だったのだと!

決して理解されない話なので、書けないことが残念だけれど、この本を紹介して理解してもらっても仕方がないことなのです。

私に課せられたことは、そういうことではないのだと云うことも自覚しました。

では、どうしたらいいのでしょう・・・

少なくとも、すもも園は続けないといけないってこと! 

(お仲間さんへ・・そういうことだね!! )

 







Last updated  December 27, 2013 08:52:39 PM
コメント(2) | コメントを書く
November 11, 2012

 かなり遅くなってしまったけれど、やっと煙突掃除です。

曇り空でちょっと嫌だけど・・

s-PB110164.jpg

 

煙突の中に雀が1羽・・真っ黒になってススの中に埋もれていました。

たくさんうちのお米を食べて煙突掃除してくれたのはいいけれど、ススが多すぎて埋もれちゃったのかな?

気がつかなくてごめんね~

掃除が無事に終わって、雨の前に百目柿の畑へ

手の届く高さだけは盗られないうちに収穫してしまおうと・・

s-PB110165.jpg

今年は廃車にした軽トラを置いてあるので便利です。

夫に軽トラを運転してもらって、私は荷台の上の脚立に登って届く範囲だけまず収穫してきました。

第一弾で雨があがったら干します。

温かい場所では小蠅が湧いたり、かびたり

マイナスになってしまうところでは凍ってしまうので

育つ場所で干すのが一番なのかもしれません。

ここの柿は今年は裏・・そのうえ、思い切った剪定もしたので売るほどなっていないけれど、楽しめる程度はどうにか収穫できそうです。

s-PB110166.jpg

でも、あんなに上のほうのは・・・最後は高枝ばさみのプロにお願いしようかな?!?

 







Last updated  November 11, 2012 05:41:34 PM
コメント(5) | コメントを書く
April 18, 2012

 s-001.jpg

あちこちの桜を見に人が出ている季節ですが、私はいつもこれで終わり

今年は桜と下のソルダムがいっしょに咲いています。

やっと春らしくなって夜温もあがってきたのでもう薪を燃すことはありません。

どうにかギリギリセーフ!!

今年の薪暮らしも終わりました。

また12月からの薪暮らしに備えて、新たな始まりです。

今日は桃園に置いた、薪用の桃を二人で軽トラで3回運びました。

ログの下の駐車場の奥に高く積み上げて、取れなくなってしまうので、3回目の半分はハーブがいたデッキの奥におきました。

あとは、借りている畑の入口に積み上げたままの原木を切っては運んで・・来年に備えます。

1年中、暇さえあれば薪暮らし! 笑

いつまでこれが続けられるのか?解りません・・・

3時ころまで薪運びしてから、庭仕事

大切に鉢で育てていた最後のイングリッシュローズをついに庭に下ろしました。

ダメにはなっていなかったけれど、新たに穴があいたバラを発見!

それでも生きているのが不思議なくらいの穴!

トレジャーもそうですが、強いものは強い!ということなのでしょう。

s-002.jpg

入り口だけが春まっ盛り!のマイガーデン







Last updated  April 18, 2012 06:47:10 PM
コメント(4) | コメントを書く
January 22, 2012

s-001.jpg

リリーがストーブの近くを自分の場所と決めてのびのび~眠っています。

夏の暑さで毛繕いをやめてしまった時に、猫は年をとると毛繕いしなくなる!なんて言ってしまったのですが、秋になってからは毛繕い再会!

あんなにあちこちにあった毛玉は今は一つもありません。

老猫だから!ではなく、暑くてやる気がしなかっただけ!

今は前の毛並みに戻ってホワホワです。

s-004.jpg

べりー君は3時ころから朝7時まではお部屋の中

リリーにからかわれていますが、たまに上手に囲った場所から脱出すると私に抱きつくために飛んできます。

抱きつきに成功すると抱っこされたまま幸せそうにしています。

でも重いのでそうは長くその体勢を維持できません。

ストーブの上では小豆が煮えていたり林檎チャイがグツグツとよい香りを放っています。

星

昨夜はまさに悪夢で、3回も自分が死んだ夢を続けてみました。

朝おきたら頭が割れそう・・・昼過ぎにやっと治って動けるようになりました。

急死は困るかな?と思ったり、本当に眠ったまま息を引き取れるならそれはそれで幸せなのか?と思ったり・・・

息ができなくなって死ぬあの瞬間が変にリアルに記憶に残っているのはなぜでしょう?







Last updated  January 22, 2012 07:09:32 PM
コメント(2) | コメントを書く
November 8, 2011

s-002.jpg

やっと煙突掃除です。

これで寒くても平気!

明日から冷え込むという予報

薪ストーブの日々が始まります。

s-001.jpg

上からバラバラと音を立てて去年の煤が落ちてきます。

今年もまた頑張っておうちを温めてね!

物置になっていたストーブもクッキングの場所として復活します。







Last updated  November 8, 2011 07:55:53 PM
コメント(2) | コメントを書く
January 14, 2011

今日は久しぶりに5時過ぎからキッチンストーブフル活用

針をもつ手を休めて、久しぶりに考えなくあれもこれも一度に作ろうという作戦

パンをこねて発酵させながら、お味噌作りもスタート

大豆が煮える時間とパンの一次発酵と・・あまり計算せずに、どうにかなるさの見切り発進をしました。

計算どおり、お味噌が出来上がり残るパンは2次発酵でクッキングストーブのウオーミングアップをあけて発酵中、そしてストーブの上にはお鍋がいっぱい!

s-001003.jpg

そしてこの下のオーブンも実は満員御礼

チキンを焼きつつ、焼き芋も転がっています。

オーブンのスペースは広くて2階立てですが、上しか熱くなりません。

下も使えるくらい薪を入れると、上が熱くなりすぎます。

それでもフライパンごと入れられる便利なでっかいオーブンです。

チキンが焼けたらパンを入れて・・・

オーブンも大活躍です。

s-001004.jpg

こちらは今朝できあがったばかりの大根寿司↓

s-001001.jpg

ご近所でこれが大好きな人がいて、そこへもおすそ分け

大好評で気をよくして、2時間ほどぶっつづけでお料理したけれど、休む暇なく何種類もの料理を続けるってことをたまにしないと、要領が悪くなりそうで怖いです。

どうにかこなせてほっと・・・

でもね、キッチンの散らかりようといったらすごいものがありますよ~!!

(昨晩アップしたつもりが・・下書きにしまってありました)







Last updated  January 15, 2011 09:33:53 AM
コメント(5) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全31件 (31件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.