1567317 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

マムの素 * 青カバ・ウィリアムはかく語る

さくらももこ・神のちから




■さくらももこサンの漫画本■ 4.23up
神のちから 神のちから*さくらももこ
腹がよじれるほど笑えます。イメージもどんどんひろがり、とどまるところがありません。内容も”大”変だけど、92年造本装丁コンクール入賞に輝くふざけた装丁も必見。ただし楽天ブックスはコミック版で、残念なことに装丁がちがいます!

さくらさんの底力のすごさ! 物語りの面白さ!

さくらさんの作品の中で最高傑作と思います。

さくらさんの作品といえばちびまるこちゃんやCOJICOJIくんが有名です。
それらは確かに面白いです。楽しいし、ふんわか幸せになれますし。
まっ、その程度のいい人と位置付けしていました。
マムはさくらさんを軽くみていました。
ところが、この「神のちから」を見て、度肝をぬきました。
辛らつでブラックユーモアにあふれ、その上、おかしい!(面白いということで)。
まさに神が舞い降りてきて炸裂したような作品なのです。
だって、登場人物の凄いこと。

うなぎに裏切られ多額の借金を抱える馬鹿なうなぎ店主。 すごいヘソを持つさわやかなアメリカ人。 頭がツボになった男。 尻がうりもののセールスマン。 小荷物で送られてきた、いただき物の男。 その他いろいろなお馬鹿設定登場者たち。

ブラックユーモアの極みは
『とりあえずそうしきをしたいいっか』のお話です。

「葬式いかがですかあ」とセールスマンがやってきて、死体とか持ってきて「葬式ごっこ」を善良なる一家がやっちゃうお話で、まっ裸の死んだおじいさんの遺体とか出てくるんですよ。
そこまでやるの? 遺体を遊ぶの? これ漫画よね? と、驚きです。
グロテスクですが、これが、痛快で笑えるのです。

ここまでやるんだ、さくらさん。と、脱帽のまんが本です。
そういえば、もものかんづめには祖父である友蔵さんの死についてあっけらかんと語られて、マム的にはOKでしたが、一部の方からは物議をかもした一件がありましたね。
多分、友蔵さんの死についての考えから「とりあえず葬式したい一家」は通じていくのかなと思っています。

さて、さくらさんと同等にユニークな漫画家といえば、西原理恵子さんだと思います。
西原さんはさくらさんのことを嫌っていらっしゃるようです。…私のほうが凄い…ってことで。私のほうが体はってる……ってことで。
一見そうですが、西原さんの作品はヤンキーあがりが売りのわりに以外とお涙頂戴であったり、落ちがいい人だったりと、中途半端なのです。が、さくらさんはきっぱり、「心の隅に棲むいい人」を否定しています!
その徹しかたに、なんだかとても潔く気持ちよささえ感じます。
あっぱれ さくらももこ ここに あり! 「神のちから」は、そんな本です。

西原さーん、さくらさんは一筋縄ではいかない豪傑豪快な人ですよ。

読んで怒るか、笑うか、とまどうか? どうぞ見てみそ!!!



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.